北西騎馬警官隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北西騎馬警官隊
North West Mounted Police
監督 セシル・B・デミル
脚本 アラン・ルメイ
ジェシー・ラスキー・Jr
C・ガードナー・サリヴァン
製作 セシル・B・デミル
出演者 ゲイリー・クーパー
マデリーン・キャロル
ポーレット・ゴダード
音楽 ヴィクター・ヤング
撮影 ヴィクター・ミルナー
W・ハワード・グリーン
編集 アン・ボーチェンズ
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1940年10月22日
日本の旗 1952年1月13日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
配給収入 5606万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

北西騎馬警官隊』(ほくせいきばけいかんたい、原題: North West Mounted Police)は、1940年に公開された、セシル・B・デミル監督・製作、ゲイリー・クーパー主演による『平原児』(1936年)に続くパラマウント映画におけるコンビ2本目の西部劇映画であり同時に2人にとっては初の三原色法テクニカラー作品でもある。

騎馬警官隊設立100周年記念に因み当時まだまだ希少価値だったテクニカラーは光の三原色である赤=制服、緑=森林、青=スペリオル湖が充分に活かされるから題材にうってつけ、パラマウント創立者の一員でもあり実業家兼銀行家でもあったデミルらしい観客の心を掴む心憎い商法である。なお、当時のテクニカラーキャメラは3本のネガフィルムを同時に使う贅沢な機材で1台が500kg、前年度の『風と共に去りぬ』のアトランタ炎上場面では全米に7台しかなかったと記憶されている。

ストーリー[編集]

1885年カナダではインディアンフランスからの入植者との間に生まれた混血児=メティスたちがイギリス政府の統治を快しとせず反乱軍を組織し地元インディアン(今で言うネイティブアメリカン)と組んで女王陛下直結の騎馬警官隊に戦いを挑もうとしていた(「リエルの反乱」と呼ばれる史実である)。メティスのリーダー(ジョージ・バンクロフト)は合衆国騎兵隊から兵士を射殺して奪い盗った回転式連発銃=ガトリング砲をカナダまで運び入れた。だがテキサス警備隊員ダスティ・リバース(ゲイリー・クーパー)が強盗及び殺人犯逮捕を目的に国境を越えてカナダ騎馬警官隊の砦に到着、美しい女医(マデリーン・キャロル)をめぐって騎馬警官隊軍曹(プレストン・フォスター)といがみ合いながらも協力しメティス反乱軍を壊滅に追い込む痛快作であり同じメティスでも親友同士(エイキム・タミロフとリン・オバーマン)が敵味方に分かれて戦う皮肉や女医の弟でもある若き騎馬警官隊員(ロバート・プレストン)とメティス側の毛皮商を営む娘(ポーレット・ゴダード)の恋を絡めて描くスペクタクル活劇。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初回放送1968年12月29日『日曜洋画劇場』)

アカデミー賞ノミネーション[編集]

部門 候補 結果
アカデミー賞 撮影賞(カラー) W・ハワード・グリーン
ヴィクター・ミルナー
ノミネート
作曲賞 ヴィクター・ヤング ノミネート
室内装置賞(カラー) ローランド・アンダーソン
ハンス・ドライヤー
ノミネート
編集賞 アン・ボーチェンズ 受賞
録音賞 ローレン・L・ライダー ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)89頁

外部リンク[編集]