クールノー競争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クールノー競争(Cournot competition)は経済学のモデルであり、特に産業組織論において、企業間の行動原理を表すために用いられる。 具体的には、同一の生産物を生産する複占または寡占の企業が自社の生産量を通じて市場価格を操作し利潤最大化を行う際に、常に「次の期間における生産量については自社以外は変化しない」と仮定するモデルである。

例えば、複占の場合では、A社はB社が来月も今月と同じだけ生産するだろうと仮定して独占と同じように自社の生産量を減らして価格を釣りあげることで利潤最大化しようとするが、実際にはB社も同じことを考えて生産量を減らすため、A社の想定以上に価格が上がり、次の月にはA社は生産量を増やすことになる。しかし、B社も生産量を増やすのでA社の想定以上に価格が下がり、その次の月もA社は再び生産量を減らすことになる。これを均衡点に達するまで繰り返す。寡占の場合も同じことが起き、参加する企業数が増えるに従って均衡点は完全競争市場における均衡点に近づく。

単純なモデルであるが、実際にクールノー競争が見られるとする研究[1]もある。

関連文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ R. Lopez, A. Azzam, C. Liron-espana(2002), 'Market Power and/or Efficiency: A Structural Approach'. "Review of Industrial Organization" 20. pp. 115-126

関連項目[編集]