割り勘のジレンマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

割り勘のジレンマ(わりかんのジレンマ、英語: Unscrupulous diner's dilemma、または英語: diner's dilemma)は、ゲーム理論におけるゲームの1つ。囚人のジレンマを2人以上のマルチプレイヤーに拡張したもの。社会的ジレンマの例とされる。

1994年、ナタリー・グランス(Natalie Glance)とバーナード・ハバーマン(Bernardo Huberman)が『サイエンティフィック・アメリカン』に「The dynamics of social dilemmas」として論文を発表した。

ゲームの基本[編集]

「あなた」は大勢の友人たちといっしょにレストランへ行く。注文はそれぞれが自分の食べる料理を注文するが、支払いは割り勘で行われることで合意が取れている。そのレストランには、値段が安い簡素なパスタもあれば、高価なフィレステーキまで、豊富な種類を提供している。

また、味(客の満足度)は料理の価格に比例するが、値段の上昇分ほどは満足度は上がらない。「あなた」と友人たちは、皆、パスタよりもステーキを好む。(この2点は囚人のジレンマに似せるための制限である。)

もし、全員が高価なステーキを注文したら、全体として支払い金額も高くなる。「あなた」が安価なパスタを注文すれば全体としての支払いはその分、安くなり、みんなのためになる。逆に、「あなた」がステーキを注文し、他のみんながパスタだったら、「あなた」は豪華な食事を半値以下で食べることができるかもしれない。更には、「あなた」がパスタを注文し、他のみんながステーキを注文したのなら、「あなた」はパスタ一皿に法外な金額を払わされることになるだろう。

自分自身の満足と、友人たちの福利のどちらを重視するか?

参考書籍[編集]

関連項目[編集]