ケン・ビンモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ケン・ビンモア(Kenneth George "Ken" Binmore、1940年9月27日 - )は、イギリス数学者経済学者ロンドン大学経済学名誉教授[1]ブリストル大学経済学客員名誉教授[2]ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス哲学論理学・科学方法論学部客員教授

人物[編集]

1940年9月27日ロンドン生まれ。ロンドン大学インペリアル・カレッジ(現インペリアル・カレッジ・ロンドン)で数学の学士と数理解析の博士を取得。その後、ロイヤル・ホロウェイ講師1965年)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス数学教授1969年)、同経済学教授(1988年)、ミシガン大学経済学教授(1988年)、ロンドン大学経済学教授(2001年)を歴任。また、エコノメトリック・ソサエティと英国アカデミーのフェローであり、2002年アメリカ芸術科学アカデミーの外国人名誉会員に選出され、2007年にはブリストル大学哲学科名誉研究員、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス哲学センターの名誉フェローとなった。

1995年に、「経済学習と社会進化」研究センターの設立に携わり、2000年に第3世代通信のオークションを設計したチームを統率して、イギリス政府に225億ポンドの利益をもたらした[3]

研究者としては、数学者から経済学者に転身しており、その研究はゲーム理論応用経済学進化生物学哲学に及び[4]進化ゲーム理論、交渉理論、実験経済学政治哲学数学統計学なども取り扱っている[5]。15冊の著書、編著書を執筆し、120以上の論文を執筆している[6]

著作[編集]

  • Mathematical Analysis: A Straightforward Approach(New York: Cambridge University Press, 1977年)
  • Foundations of Analysis: Book 1: Logic, Sets and Numbers(Cambridge University Press, 1980年)
  • Foundations of Analysis: Book 2: Topological Ideas(Cambridge University Press, 1980年)
  • (パーサ・ダスグプタとの共編)Economic Organizations As Games(Basil Blackwell, 1986年)
  • (パーサ・ダスグプタとの共編)The Economics of Bargaining(Basil Blackwell, 1987年)
  • Essays on the Foundations of Game Theory(Basil Blackwell, 1990年)
  • Fun and Games: A Text on Game Theory(D. C. Heath and Company, 1991年)
  • Game Theory and the Social Contract: Volume 1: Playing Fair(Cambridge: MIT Press, 1994年)
  • Game Theory and the Social Contract: Volume 2: Just Playing(Cambridge: MIT Press, 1998年)
  • (ジョアン・デイヴィスとの共著)Calculus: Concepts and Methods(Cambridge University Press, 2002年)
  • Natural Justice(New York: Oxford University Press, 2005年)
  • Playing for Real – A Text on Game Theory(New York: Oxford University Press, 2007年)
  • Does Game Theory Work? The Bargaining Challenge(MIT Press, 2007年)
  • Game Theory: A Very Short Introduction(Oxford University Press, 2008年)
  • Rational Decisions(Princeton University Press, 2009年)
  • (S. オカシャとの共著)Evolution and Rationality(Cambridge University Press, 2012年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.econ.ucl.ac.uk/downloads/binmore/cv.pdf
  2. ^ http://www.bristol.ac.uk/economics/people/person/kenneth-g-binmore/
  3. ^ この功績により、2001年に大英帝国勲章コマンダーを授与された。ケン・ビンモア(栗林寛幸 訳)『正義のゲーム理論的基礎』(NTT出版、2015年)303-304頁。
  4. ^ ケン・ビンモア(栗林寛幸 訳)『正義のゲーム理論的基礎』(NTT出版、2015年)そで 著者紹介
  5. ^ http://www.bristol.ac.uk/economics/people/person/kenneth-g-binmore/
  6. ^ ケン・ビンモア(栗林寛幸 訳)『正義のゲーム理論的基礎』(NTT出版、2015年)304頁。