非推移的ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

非推移的ゲーム(ひすいいてきげーむ、: nontransitive game)は、さまざまな戦略が一つか二つ以上の選好のループを生みだすゲームである。戦略Aが戦略Bよりも好まれ、戦略Bが戦略Cよりも好まれる非推移的ゲームにおいて、戦略Aは必ずしも戦略Cよりも好まれ「ない」。

非推移的ゲームの典型例はじゃんけんであり、じゃんけんは明示的に非推移的ゲームとして作られている。ペニーのゲーム英語版のような確率ゲームにおいて、推移性の違反はより微妙な結果につながり、確率のパラドックスとして提示されることが多い。

具体例[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Gardner, Martin (2001). The Colossal Book of Mathematics. New York: W.W. Norton. ISBN 0-393-02023-1. http://books.wwnorton.com/books/detail.aspx?ID=4897 2013年3月15日閲覧。.