クックロビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカにおけるクックロビンの唄の絵本の表紙。 (ヘンリー・ルイス・ステファン画、1865年)

クックロビンあるいはコックロビン[1][2]とは、イギリスを中心とした英語圏の童謡であるマザー・グースの1篇である。原題は'Who Killed Cock Robin'といい、日本語訳として「駒鳥のお葬式」や「誰が駒鳥殺したの」などと呼ばれることもある。駒鳥の死から葬送までを語る内容で、マザー・グースとしては比較的長大[3]な14連で構成される作品である。

成立と起源[編集]

Robin、つまりヨーロッパコマドリは、イギリスの国鳥ともされる馴染(なじ)み深い野鳥であり、様々な伝承に登場する。
起源の一説に挙げられるウィリアム2世の死。

絵本への登場[編集]

作詩者・成立年代・起源などについては判然としない部分が多い。現在残る版本のうち、この「クックロビン」が記載された最も古いものは、1744年に刊行された『トミー・サムのかわいい唄の本』(Tommy Thumb's Pretty Song Book) である。ただし、この時点では4連で構成されておりさほど長い詩ではなかった。14連を備えた現在の形の歌詞が掲載された版本は、1770年に初めて刊行された[4]

成立年代[編集]

上記の通り、この詩の記録は18世紀に初めて登場するが、その成立年代はより古い可能性がある。各々の連の第2句と第3句では必ず押韻が使われているが、第5連の「owl」と「shovel」のみ、現代の発音では押韻とならない。だが、14世紀から15世紀頃の発音であれば押韻が成立するというのがその傍証である。また、この詩の内容はイギリスの詩人ジョン・スケルトン (John Skelton) が1508年ころに発表した作品『Phyllyp Sparowe』にも酷似している[4]

起源についての説[編集]

この詩の起源については、いくつかの説が存在する。代表的なものを下記に列挙する。

  • いかなる武器でも傷つけられない力を得た北欧神話の神バルドルが、兄弟のヘズにより唯一の弱点であるヤドリギで貫かれて死んだ神話に由来するとする説[4]
  • イギリスの初代首相であったロバート・ウォルポール1742年に辞任したことのパロディだとする説。「Robin」が男性名「Robert」の短縮形のひとつであることと、現在この詩が残る最古の版本の出版年がウォルポール辞任の直後 (1744年) であることから生まれた説である。ただし、前述のようにこの詩の起源を17世紀以前に求めるならば、この説は正しくないことになる[4]
  • ニューフォレストでの狩猟の最中に何者かにより肺を射られて死亡したイングランド王ウィリアム2世の故事を暗喩するものだとする説。
  • イギリスの伝説上の義賊であるロビン・フッドと関連づける説。「ロビン」の名と、というアイテムの一致から推測されたものである[5]


歌詞[編集]

(英語原詞・日本語訳)[6]

Who killed Cock Robin

Who killed Cock Robin?
I, said the Sparrow,
with my bow and arrow,
I killed Cock Robin.

Who saw him die?
I, said the Fly,
with my little eye,
I saw him die.

Who caught his blood?
I, said the Fish,
with my little dish,
I caught his blood.

Who'll make the shroud?
I, said the Beetle,
with my thread and needle,
I'll make the shroud.

Who'll dig his grave?
I, said the Owl,
with my pick and shovel,
I'll dig his grave.

Who'll be the parson?
I, said the Rook,
with my little book,
I'll be the parson.

Who'll be the clerk?
I, said the Lark,
if it's not in the dark,
I'll be the clerk.

Who'll carry the link?
I, said the Linnet,
I'll fetch it in a minute,
I'll carry the link.

Who'll be chief mourner?
I, said the Dove,
I mourn for my love,
I'll be chief mourner.

Who'll carry the coffin?
I, said the Kite,
if it's not through the night,
I'll carry the coffin.

Who'll bear the pall?
We, said the Wren,
both the cock and the hen,
We'll bear the pall.

Who'll sing a psalm?
I, said the Thrush,
as she sat on a bush,
I'll sing a psalm.

Who'll toll the bell?
I said the bull[7],
because I can pull,
I'll toll the bell.

All the birds of the air
fell a-sighing and a-sobbing,
when they heard the bell toll
for poor Cock Robin.

「駒鳥のお葬式」

誰が殺した 駒鳥の雄を
それは私よ スズメがそう言った
私の弓で 私の矢羽で
私が殺した 駒鳥の雄を

誰が見つけた 死んだのを見つけた
それは私よ ハエがそう言った
私の眼で 小さな眼で
私が見つけた その死骸見つけた

誰が取ったか その血を取ったか
それは私よ がそう言った
私の皿に 小さな皿に
私が取ったよ その血を取ったよ

誰が作るか 死装束を作るか
それは私よ 甲虫がそう言った
私の糸で 私の針で
私が作ろう 死装束を作ろう

誰が掘るか お墓の穴を
それは私よ フクロウがそう言った
私のシャベルで 小さなシャベルで
私が掘ろうよ お墓の穴を

誰がなるか 司祭になるか
それは私よ ミヤマガラスがそう言った
私の聖書で 小さな聖書で
私がなろうぞ 司祭になろうぞ

誰がなるか 付き人になるか
それは私よ ヒバリがそう言った
暗くなって しまわぬならば
私がなろうぞ 付き人になろうぞ

誰が運ぶか 松明(たいまつ)を運ぶか
それは私よ ヒワがそう言った
すぐに戻って 取り出してきて
私が運ぼう 松明を運ぼう

誰が立つか 喪主に立つか
それは私よ ハトがそう言った
愛するひとを 悼んでいる
私が立とうよ 喪主に立とうよ

誰が担ぐか 棺を担ぐか
それは私よ トビがそう言った
夜を徹してで ないならば
私が担ごう 棺を担ごう

誰が運ぶか 棺覆いを運ぶか
それは私よ ミソサザイがそう言った
私と妻の 夫婦二人で
私が運ぼう 棺覆いを運ぼう

誰が歌うか 賛美歌を歌うか
それは私よ ツグミがそう言った
藪の木々の 上にとまって
私が歌おう 賛美歌を歌おう

誰が鳴らすか 鐘を鳴らすか
それは私よ 雄牛[7]がそう言った
私は引ける 力がござる
私が鳴らそう 鐘を鳴らそう

空の上から 全ての小鳥が
ためいきついたり すすり泣いたり
みんなが聞いた 鳴り出す鐘を
かわいそうな駒鳥の お葬式の鐘を


現代文化との関連[編集]

現代文化において「クックロビンの死」というモチーフは文学・音楽・映画などに幅広く取り入れられ、その数は枚挙に暇(いとま)がない。

英語圏での例[編集]

小説[編集]

殺人をテーマとした詩のために、ミステリー小説・探偵小説の題材とされる場合が多い。以下に比較的古い例を挙げる[8]

風刺[編集]

イギリスではよく知られた唄のため、替え唄にして風刺に用いられる場合がある。以下は、25歳で夭逝(ようせい)した詩人ジョン・キーツを死後に酷評した批評誌に対し、G・G・バイロンがキーツを擁護するために詠(うた)ったものである[10]

Who kill'd John Keats?
"I" says the Quarterly,
So savage and Tartarly,
"'Twas one of my feats."

誰がジョン・キーツを殺したか
「それは俺さ」とうそぶくは
野蛮千万『クォータリー』誌
「俺のお手並み 思い知れ」


映像・音楽[編集]

日本への移入[編集]

『まざあ・ぐうす』の訳者北原白秋

日本で初めてこの詩を訳出したのは北原白秋で、1921年、マザー・グースの他の作品と共に『まざあ・ぐうす』として出版されている[11]。以来、竹友藻風[12]平野敬一[13]谷川俊太郎[14]寺山修司[15]・藤野紀男[16]など、数多くの詩人・英文学者により日本語訳がなされている。

文学作品への引用の古い例としては、1910年発表の竹久夢二の童話『少年と春』に一部ではあるが訳詩が挿(はさ)まれている。これは北原白秋による本格的な訳詩よりも古い。近年の引用例では、東野圭吾の『白馬山荘殺人事件』(1986年発表)の中で、この詩の最初の一節が冒頭に掲げられ、ラストでも登場人物にこの一節が読まれている[17]

近年では、漫画作品での引用も見られる。例えば、作中でマザー・グースの歌詞が随所に引用される萩尾望都の『ポーの一族』中の1篇「小鳥の巣」 (1973年発表) は、この詩を下敷きとした作品である。また、魔夜峰央の『パタリロ!』作中にも、「クックロビン音頭」なる踊りが登場する[18][19]。同様に、テニス漫画『フィフティーン・ラブ』(塀内真人著、講談社コミックス全11巻、1984年-1986年発表)の中で、主人公のライバルの1人ロビン・ザンダーが時々「クック・ロビン」と呼ばれている[20]。アニメ『うる星やつら』第98話「そして誰もいなくなったっちゃ!?」(1983年発表)も、アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』を下敷きにしつつ、この詩をモチーフにした作品であり、劇中にて温泉マークのセリフとして詩が引用されている。

脚注[編集]

  1. ^ 「Cock Robin」はその発音記号から「コックロビン」と表記されるべきもので、「クックロビン」と表記するのは本来誤りである。
  2. ^ 「Cock Robin」が「クックロビン」として一般化したのは、萩尾望都が「Cock Robin」を「Cook Robin」と見誤って「クック・ロビン」とカナ表記し(『別冊少女コミック』1973年6月号掲載の「小鳥の巣」第3話で、主人公のエドガーが「だれが殺した? クック・ロビン……」と歌っているページの欄外に「クック・ロビン(Cook Robin)…駒鳥のオス」と記されている)、それがのちに『パタリロ!』(魔夜峰央著)の「クックロビン音頭」に引用されて広まったためであると、『ふしぎの国の『ポーの一族』』(いとうまさひろ著 新風舎文庫 2007年 ISBN 9784289503544)に指摘されている。
  3. ^ 藤野、18頁。
  4. ^ a b c d オーピー、130頁。
  5. ^ "Famous Quotes"
  6. ^ ここでの日本語訳は、北原白秋『まざあ・ぐうす』、藤野紀男『図説 マザーグース』等を参考に、記事作成者が行ったものである。細部の解釈については、諸般の訳本を参照されたい。
  7. ^ a b 平野敬一著『マザー・グースの唄 イギリスの伝承童謡』(中公新書、1972年)には、「雄牛」bullではなく鳥の「ウソ」bullfinchであろうと言われている、と記されている。
  8. ^ 山口、34-35頁。
  9. ^ ハリントン・ヘクストは、『赤毛のレドメイン家』『闇からの声』などの作者イーデン・フィルポッツの別名義。
  10. ^ 井田、77頁。
  11. ^ 『まざあ・ぐうす 英国童謡集』 アルス、1921年。
  12. ^ 『英国童謡集』 研究社、1929年。
  13. ^ 『マザー・グースの唄 イギリスの伝承童謡中央公論社、1972年。
  14. ^ 『マザー・グースのうた』 草思社、1975年。
  15. ^ 『マザー・グース』 新書館、1984年。
  16. ^ 藤野紀男・夏目康子 『マザーグース・コレクション100』 ミネルヴァ書房、2004年。
  17. ^ 『白馬山荘殺人事件』には、この唄の他に9つのマザー・グースが謎解きに用いられている。
  18. ^ 『パタリロ!』原作中(白泉社花とゆめコミックス」第5巻)で「クックロビン音頭」を初披露した際に「小鳥の巣」のキャラクターの名前が出ており、また第6巻に収録されたエピソードで披露の際にも「すばらしい。小鳥の巣以来の感激だ。」という台詞があり、より直接的には前述の「小鳥の巣」のパロディと取れる。
  19. ^ このクックロビン音頭は、当該作品が『ぼくパタリロ!』の題名で1982年にアニメ化された際にエンディングテーマとして採用された。歌をスラップスティックが担当し、「誰が殺したクック・ロビン」の歌い出しで、放送当時の流行歌となった。
  20. ^ このクック・ロビンも、主人公の姉の1人がロビン・ザンダーのことを「萩尾望都のマンガに出てくるようなタイプ」と評していることから、「小鳥の巣」からの引用であると『ふしぎの国の『ポーの一族』』(いとうまさひろ著 新風舎文庫 2007年)に指摘されている。

参考文献[編集]