竹友藻風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竹友藻風(1948年)

竹友 藻風(たけとも そうふう、1891年9月24日 - 1954年10月7日)は、英文学者詩人

人物[1][2][編集]

大阪市生まれ。本名・乕雄(とらお)。父・安治郎は実業家で、のち東海生命保険専務取締役。

関西学院中学校同志社中学校をへて1910年3月桃山学院中学校卒業。同年同志社神学校進学。1911年京都帝国大学英文科選科に移り、上田敏新村出(言語学)、藤井乙男(国文学)、吉沢義徳(国語学史)、鈴木虎雄(中国文学)、藤代禎輔(独文学)らに学び、1914年卒業。

1915年夏、渡米。同年10月イェール大学神学部に入学するが翌1916年に退学し、ニューヨークに出てブルックリン博物館で東洋美術の管理助手として勤務。同年、日米協会の講演会で、コロンビア大学の英文学の教授であったジョン・アースキンに出会う。翌1917年からコロンビア大学で英文学を学び、1919年6月、同大学から文学修士(M.A)の学位を得た[注 1]

1920年1月帰国。同年4月、野口米次郎の紹介で慶應義塾大学教授に就任。1921年から東京高等師範学校に出講し、1922年春、慶應を辞して高等師範の専任講師に就任。1923年同校教授。

1934年春、斎藤勇の推薦で新設の関西学院大学法文学部の教授に就任。1948年秋、新設の大阪大学文学部の英文学科教授に就任。1950年冬、関西学院から文学博士の学位を贈られる。1954年10月、大阪大学を定年退官する半年前に63歳で病没。

京都大学在学中の1913年、処女詩集『祈祷』を上梓[3]、1921年北原白秋らと新詩会を結成。

ルバイヤット』『神曲』などの翻訳がある。

長男は精神医学者でアルベルト・アインシュタイン医科大学精神医学臨床名誉教授の故・竹友安彦[4]。四男は英文学者で元大阪大学文学部教授の故・藤井治彦[注 2]。他に二男一女あり[注 3][1]。 

著書[編集]

  • 『祈祷』昴発行所, 1913
  • 『鬱金草』編 梁江堂書店, 1915
  • 『浮彫』山中嵒松堂, 1915
  • 『時のながれに』天佑社, 1920
  • 『審美論集』金星堂 1921
  • 『文学論』アルス 1926
  • 『エッセイとエッセイスト』北文館, 1927
  • 『詩集』新潮社 1927
  • 『書物と人』斯文書院, 1927
  • 『英文学論攷』万里閣書房, 1930
  • 『馴鹿』梓書房, 1930
  • 『文学総論』梓書房 1930-34
  • 『英国小品文学』北文館, 1933
  • 『冬扇帖』文体社 1934
  • 『叙情詩論』弘文堂書房, 1939
  • 『英詩史』研究社英米文学語学講座 研究社, 1941
  • 『鶺鴒』七丈書院, 1942
  • 『藻風小品』積善館, 1943
  • 『肯定的精神』増進堂, 1948
  • 『法苑林 訳詩集』潮人社, 1951
  • 『竹友藻風選集』藤井治彦編 南雲堂 1982

翻訳[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『竹友藻風選集』藤井治彦南雲堂 1982
  2. ^ https://www.kwansei.ac.jp/r_history/r_history_m_001222/detail/r_history_008864.html
  3. ^ 上田敏が序文を寄せ、平田禿木が『塔』誌上に好意的な批評を書いた。『日本現代詩体系』(矢野峰人編、河出書房新社)第五巻・近代詩<二>に収録。
  4. ^ https://magazine.einsteinmed.edu/backup/winterspring-2016/in-memoriam-3/

注釈[編集]

  1. ^ ウォルター・ベイターの『享楽主義者メアリアス』(『享楽主義者マリウス』)と鴨長明の『方丈記』の思想を比較した論文と、森鴎外、永井荷風、島崎藤村の短編七編を英訳したPauloweniaによって、学位を得た。Pauloweniaはアースキンの援助で、Duffield書房から1918年に出版された。
  2. ^ 藻風の妻の芳の実家である藤井家の養子となった。
  3. ^ 次男は藤井家の養子となるも、学徒出陣として徴兵され大陸にて戦病死。三男は夭折。長女は他家に嫁ぎ2024年の時点で健在。

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大事典
  • 佐藤隆一、 「竹友藻風小見 : 前田純孝の周辺(1)」『大阪城南女子短期大学研究紀要』 46巻 p.1-19, 2011, NAID 110009459550
  • Paulownia; seven stories from contemporary Japanese writers - 森鴎外、永井荷風、島崎藤村の7作品を英訳、1918年刊
  • 藤井治彦、「竹友藻風小伝」『竹友藻風選集』藤井治彦南雲堂 1982