鈴木虎雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鈴木 虎雄(すずき とらお、1878年明治11年〉1月18日 - 1963年昭和38年〉1月20日)は、古典中国文学者新潟県西蒲原郡粟生津村(のち吉田町、現在は燕市に合併)出身。燕市名誉市民。

人物[編集]

父は長善館二代館主鈴木惕軒で、その八男(戸籍上は五男)。一時大橋家の養子となり、大橋姓を称したが、後に鈴木姓に復した。甥には岩手県知事(官選)を務めた鈴木脩蔵がいる。妻は陸羯南次女・鶴代。

幼少時は長善館で父惕軒に師事する。上京後、東京英語学校東京府尋常中学第一高等中学校で学び、1900年(明治33年)、東京帝国大学文科大学漢学科卒業。同大学院中退後、日本新聞社台湾日日新報社東京高等師範学校東京教育大学筑波大学の前身)講師・教授などを経て、1908年(明治41年)に新設間もない京都帝国大学文科大学助教授に就任する。1919年大正8年)には教授、1938年(昭和13年)に名誉教授。1939年(昭和14年)より帝国学士院会員。1958年(昭和33年)に文化功労者1961年(昭和36年)に文化勲章受章。

日本における中国文学・文化研究(中国学)の創始者の一人で、東洋学における京都学派の発足にも寄与した、著名な弟子に吉川幸次郎小川環樹らがいる。多くの古典漢詩を訳解を著述し、自身も漢詩を多く作成した。を漢詩では豹軒、和歌では葯房と称し「豹軒詩紗」、「葯房主人歌草」などがある。
他に、岳父羯南の著作や詩を収めた文集『羯南文録』(大日社、1938年)を編んでいる。晩年には『良寛全集』(東郷豊治編、東京創元社、初版1957年、読売文学賞受賞)の漢詩校閲を行い、最晩年(1962年)に、私家版で父の詩文集『鈴木惕軒先生年譜』を編んでいる。

追悼文集に『名誉町民 豹軒鈴木虎雄先生』(吉田町教育委員会刊、非売品、1964年)。
生涯にわたり収集した、漢籍を軸とする約14,000冊の旧蔵書は、京都大学文学部図書室に収蔵され、蔵書目録が発刊されている(鈴木文庫目録 正・続編, 1956-68年)。

新聞『日本』との関わり[編集]

新聞『日本』には帝大在学中から漢詩・和歌を投稿しており、大学院中退後の1901年に入社した。新聞『日本』の漢詩欄の選者で、長善館の門人だった桂湖村の勧めによる。月給は帝大出身者としては薄給の25円だった。新聞『日本』では「葯房漫艸」を連載し、病に倒れた正岡子規に代わり短歌撰者を務めた。当時は寒川鼠骨と上野に同居しており、子規の「仰臥漫録」によると家賃は2円50銭だったという。子規の没後は根岸短歌会にも出席するようになった。
1903年には退社して台湾日日新報社へ移るが、日本新聞社との縁は切れず、帰国後の1906年に陸羯南の娘と結婚している。

著書[編集]

  • 『支那文學研究』弘文堂書房, 1925/弘文堂(復刻), 1962、1967
  • 『支那詩論史』弘文堂書房, 1925/弘文堂(復刻), 1961
  • 『業間録』弘文堂書房, 1928、第二版1939 
  • 『賦史大要』冨山房, 1936
  • 『豹軒詩鈔』鈴木教授還暦記念会編 弘文堂書房, 1938
  • 『禹域戦乱詩解』弘文堂書房[麗澤叢書], 1945 
    • 『中国戦乱詩』筑摩書房[筑摩叢書], 1968、復刊1985
  • 『葯房主人歌草』アミコ出版社[あけび叢書], 1956
  • 『豹軒退休集』鈴木先生喜寿記念会編、弘文堂, 1956
  • 駢文史序説』(興膳宏校正補) 研文出版, 2007/元版1961(少部数刊)

訳註書[編集]

  • 杜少陵詩集』 全4巻「續國譯漢文大成 文學部 4-7」 国民文庫刊行会, 1922
  • 白楽天詩解』 弘文堂書房, 1927、弘文堂(復刻), 1954、1967
  • 陶淵明詩解』 弘文堂, 1948、復刻1964, 1968/平凡社東洋文庫, 1991、ワイド版2008
  • 陸放翁詩解』 上中下 弘文堂, 1950-54、新装版(上下) , 1967
  • 玉台新詠集』 徐陵 岩波文庫(上中下), 1953-56、復刊1994、2007ほか
  • 『李長吉歌詩集』 李賀 岩波文庫(上下), 1961、復刊1987、2009
  • 『杜詩』 杜甫 岩波文庫(全8巻、黒川洋一補訳注), 1963-66、復刊1989、2006ほか
  • 杜甫全詩集』 全4巻 <続国訳漢文大成 復刻版>日本図書センター, 1978

関連文献[編集]

  • 東洋学の系譜』(大修館書店、1992年) 興膳宏による紹介
  • 『東方学回想Ⅱ 先学を語る〈2〉 「鈴木虎雄博士」』、(刀水書房2000年) 弟子達の座談での回想
  • 小川環樹 『談往閑語』、のち『著作集 第5巻』(各 筑摩書房)
    • 「鈴木虎雄先生のこと」、「豹軒先生の詩学および詩風の一端」ほか
  • 森岡ゆかり 『近代漢詩のアジアとの邂逅 鈴木虎雄と久保天随を軸として』(勉誠出版2008年) 詳細な研究
  • 中野目徹 『明治の青年とナショナリズム 政教社・日本新聞社の群像』(吉川弘文館2014年
  • 興膳宏 『杜甫のユーモア ずっこけ孔子』 (岩波書店、2014年) 虎雄を取り上げたエッセイを含む

関連項目[編集]