キー・オブ・ライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キー・オブ・ライフ
スティーヴィー・ワンダースタジオ・アルバム
リリース 1976年9月28日
録音 1975年 - 1976年
クリスタル・サウンド・スタジオ
カリフォルニア州ハリウッド
ザ・ヒット・ファクトリー
ニューヨーク州ニューヨーク
ジャンル R&B
ファンク
ポップ
ジャズ
アフロビート
ソウル
インストゥルメンタル
オーケストラ
実験音楽
時間 105分04秒
レーベル モータウン
プロデュース スティーヴィー・ワンダー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 米国1位
  • 英国2位
スティーヴィー・ワンダー 年表
ファースト・フィナーレ
(1974年)
キー・オブ・ライフ
(1976年)
シークレット・ライフ
(1979年)
キー・オブ・ライフ収録のシングル
  1. 回想 I wish」
    リリース: 1976, 12月
  2. 愛するデューク Sir Duke」
    リリース: 1977, 3月
  3. アナザー・スター Another Star」
    リリース: 1977, 8月
  4. 永遠の誓い As」
    リリース: 1977, 10月
テンプレートを表示

キー・オブ・ライフ(Songs in the Key of Life)は、1976年に発表されたスティーヴィー・ワンダーのアルバム。18枚目のオリジナル・アルバム。

解説[編集]

オリジナル盤は、LPレコード2枚と「A Something's Extra」と題された4曲入りEPの組み合わせで発表。現行CDでは2枚に全曲を収録。ビルボード誌のアルバム・チャートでは、1976年10月後半から1977年1月前半まで1位を13週連続独走し、一度はイーグルスの『ホテル・カリフォルニア』に首位を明け渡すものの、その後再び首位に返り咲くほどの大ヒットとなった。シングル「回想」「愛するデューク」も全米1位を獲得。グラミー賞アルバム・オブ・ザ・イヤー他4部門を受賞。

「愛するデューク」はデューク・エリントンに捧げられた楽曲で、日本ではauトヨタ・ノア2004年)のコマーシャルソングでも使われた。娘のアイシャに捧げた「可愛いアイシャ」は、シングル・カットはされなかったが人気曲の一つで、ソニー・ロリンズ『イージー・リヴィング』やデイヴィッド・サンボーン『タイムアゲイン』でカバーされ、日本ではホンダ・ロゴ1996年)とキリンビバレッジ午後の紅茶」(2007年)のコマーシャルソングとして使われた。

「ビレッジ・ゲットー・ランド」等、スティーヴィーがすべての楽器を担当した楽曲もあるが、本作では多数のゲスト・ミュージシャンも招かれている。「出会いと別れの間に」では、スティーヴィーと親交の深かったミニー・リパートンが、コーラス隊の一人として参加。他にもハービー・ハンコックが「永遠の誓い」に、ジョージ・ベンソンが「アナザー・スター」に参加。

ニューヨークレコーディングスタジオザ・ヒット・ファクトリーで録音された最初のアルバムである(ただし一部のみ)[1]

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・ベストアルバム500(Wenner Books 2005)』では、56位にランクイン。

1995年、「楽園の彼方へ(Pastime Paradise)」をサンプリングした、クーリオの「ギャングスタズ・パラダイス(Gangsta's Paradise)」が大ヒット。 グラミー賞の発表ライブではスティーヴィーがサプライズ登場し、クーリオと肩を抱き合って歌い、祝福した。


収録曲[編集]

  1. ある愛の伝説 - Love's in Need of Love Today (7:04)
  2. 神とお話し - Have a Talk with God (2:40)
  3. ビレッジ・ゲットー・ランド - Village Ghetto Land (3:23)
  4. 負傷 - Contusion (3:44)
  5. 愛するデューク - Sir Duke (3:52)
  6. 回想 - I Wish (4:11)
  7. 孤独という名の恋人 - Knocks Me Off My Feet (3:34)
  8. 楽園の彼方へ - Pastime Paradise (3:26)
  9. 今はひとりぼっち - Summer Soft (4:12)
  10. 出逢いと別れの間に - Ordinary Pain (6:23)
  11. 可愛いアイシャ - Isn't She Lovely (6:32)
  12. 涙のかたすみで - Joy Inside My Tears (6:28)
  13. ブラック・マン - Black Man (8:27)
  14. 歌を唄えば - Ngiculela - Es Una Historia - I Am Singing (3:47)
  15. イフ・イッツ・マジック - If It's Magic (3:10)
  16. 永遠の誓い - As (7:06)
  17. アナザー・スター - Another Star (8:26)

A Something's Extra[編集]

  1. 土星 - Saturn (4:52)
  2. エボニー・アイズ - Ebony Eyes (4:07)
  3. 嘘と偽りの日々 - All Day Sucker (5:04)
  4. イージー・ゴーイン・イヴニング - Easy Goin' Evening (3:57)

プレイヤー[編集]

  • スティーヴィー・ワンダー - ハーモニカ編曲キーボードプログラミングヴォーカルドラムス
  • マイケル・センベロ - ギター
  • Sneaky Pete Kleinow - スティール・ギター
  • ジョージ・ベンソン - Guitar, Vocals
  • ロニー・フォスター - オルガン
  • ハービー・ハンコック - キーボード, Handclapping
  • ディーン・パークス - Guitar
  • グレッグ・フィリンゲインズ - Keyboards
  • W.G. "Snuffy" Walden - Guitar
  • Nathan Watts - Bass, Vocals, Handclapping
  • Greg Brown - Drums
  • Raymond Lee Pounds - Drums
  • Hank Redd - サックス(アルト)、サックス(テノール)
  • George Bohannon - トロンボーン
  • Ben Bridges - ギターシタール
  • ドロシー・アシュビー - ハープ
  • ボビー・ハンフリー - フルート
  • ハワード・バジー・フェイトン - Guitar
  • Steve Madaio - トランペット
  • トレヴァー・ローレンス - Sax (Tenor)
  • グレン・フェリス - Trombone
  • ジム・ホーン - Saxophone
  • デニース・ウィリアムス - Vocals
  • ミニー・リパートン - Vocals
  • Gary Byrd - Vocals
  • マイケル・ワイコフ - Vocals
  • ラリー・スコット - 効果音
  • キャロル・コール - パーカッション
  • Bobbye Hall - Percussion
  • ジェイ・ボーイ・アダムズ - Vocals
  • ネーサン・オールフォードJr - Percussion
  • ヘンリー・アメリカ - Vocals
  • リンダ・アメリカ - Vocals
  • Baradras - Vocals
  • ブレンダ・バーネット - Vocals
  • Khalif Bobatoon - Vocals
  • Starshemah Bobatoon - Vocals
  • Sudana Bobatoon - Vocals
  • チャールズ・ブルーアー - Percussion, Programming, Vocals
  • シャーリー・ブルーアー - Percussion, Vocals, Speaking Part
  • Berry Briges - Vocals
  • セシリア・ブラウン - Vocals
  • エディー・「ボンゴ」・ブラウン - Percussion
  • ジーン・ブラウン - Vocals
  • ロドニー・ブラウン - Vocals
  • コリーン・カールトン - Percussion, Vocals
  • Addie Cox - Vocals
  • Agnideva Dasa - Vocals
  • Duryodhana Guru Dasa - Vocals
  • Jayasacinandana Dasa - Vocals
  • Jitamrtyi Dasa - Vocals
  • Vedavyasa Dasa - Vocals
  • Cinmayi Dasi - Vocals
  • Yogamaya Dasi - Vocals
  • キャロリン・デニス - Vocals
  • Bhakta Eddie - Vocals
  • ドゥーラー・ニエドワーズ - Vocals
  • Jacqueline F. English - Vocals
  • Ethel Enoex - Vocals
  • Al Jocko Fann - Vocals
  • バーバラ・ファン - Vocals
  • Melani Fann - Vocals
  • シェリー・ファン - Vocals
  • トレイシー・ファン - Vocals
  • ジョン・フィッシュバック - Percussion, Programming, Vocals, Engineer
  • Susie Fuzzell - Vocals
  • カルメロ・ガルシア - パーカッション、ティンパニ
  • アンソニー・ギブンス - Vocals
  • オードリー・ギブンス - Vocals
  • デリック・ギブンス - Vocals
  • ミルドレッド・ギブンス - Vocals
  • マイケル・リー・グレイ - Vocals
  • ミミ・グリーン - Vocals
  • Susaye Greene Brown - Vocals
  • Bhakta Gregory - Vocals
  • レネハー・ダウェイ - Percussion, Vocals
  • ジョン・ハリス - Sound Effects
  • Jeania Harris - Vocals
  • ジョン・ハリス - Programming
  • トロイ・ハリス - Vocals
  • ネルソン・ヘイズ - Percussion, Sound Effects, Vocals
  • テリー・ヘンドリックス - Vocals
  • H. David Henson - Assistant Engineer
  • ドン・ハンター - Programming, Sound Effects
  • Adrian Janes - Vocals
  • ジョージ・ジェームズ - Vocals
  • カルバン・ジョンソン - Vocals
  • キャロル・ジョンソン - Vocals
  • Patricia Johnson - Vocals
  • Madelaine Jones - Vocals
  • Bhakta Kevin - Vocals
  • Phillip Kimble - Vocals
  • James Lambert - Vocals
  • Linda Lawrence - Vocals
  • Irma Leslie - Vocals
  • Kim Lewis - Vocals
  • Carl Lockhart - Vocals
  • Gail Lockhart - Vocals
  • Raymond Maldonado - Percussion, Trumpet
  • Carolyn Massenburg - Vocals
  • Artice May - Vocals
  • Charity McCrary - Vocals
  • Linda McCrary-Campbell - Vocals
  • Lonnie Morgan - Vocals
  • Kim Nixon - Vocals
  • Lisa Nixon - Vocals
  • Larri Nuckens - Vocals
  • Larry Latimer - Percussion, Vocals
  • Amale Mathews - Percussion, Vocals
  • Gary Olazabal - Engineer , Bass Sound
  • Edna Orso - Percussion, Vocals
  • Marietta Waters - Percussion, Vocals
  • Josette Valentino - Percussion, Vocals, Handclapping
  • Gwen Perry - Vocals
  • Gregory Rudd - Vocals
  • Rukmini - Vocals
  • Yolanda Simmons - Vocals, Handclapping
  • Keith Slaughter - Vocals
  • Rosona Starks - Vocals
  • Dennis Swindell - Vocals
  • Sundray Tucker - Vocals
  • Gary Veney - Vocals
  • Sheryl Walker - Vocals
  • Mary Lee Whitney - Vocals
  • シリータ・ライト - Vocals
  • Michael Gray - Vocals
  • Susaye Greene - Vocals
  • William Moore - Vocals
  • Fountain Jones - Programming

関連項目[編集]