ジャズ・ソウル〜スティーヴィー・ワンダー・ファースト・アルバム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジャズ・ソウル〜スティーヴィー・ワンダー・ファースト・アルバム
スティーヴィー・ワンダースタジオ・アルバム
リリース
録音 1962年ヒッツヴィルUSA
ジャンル ソウル
レーベル モータウン
プロデュース ヘンリー・コズビー
クラレンス・ポール
スティーヴィー・ワンダー 年表
ジャズ・ソウル〜スティーヴィー・ワンダー・ファースト・アルバム
(1962年)
レイ・チャールズに捧ぐ
(1962年)
テンプレートを表示

ジャズ・ソウル〜スティーヴィー・ワンダー・ファースト・アルバム(原題:The Jazz Soul of Little Stevie Wonder)はタムラ(モータウン)レーベルから1962年に発表された、「リトル・スティーヴィー・ワンダー」こと後のスティーヴィー・ワンダーのデビューアルバムである。

この作品はインストゥルメンタルアルバムである。

モータウンに所属する2人のプロデューサー、クラレンス・ポールヘンリー・コスビーが主に楽曲を提供しているが、当時12歳のスティーヴィー自身も2曲の作曲に参加した。1曲目に「フィンガーティップス」(Fingertips)のオリジナルバージョンが収録されており、このライブバージョンがのちにファーストシングルとして発売されることになった。

収録曲[編集]

  1. Fingertips
  2. The Square
  3. Soul Bongo
  4. Manhattan at Six
  5. Paulsby
  6. Some Other Time
  7. Wondering
  8. Session Number 112
  9. Bam

外部リンク[編集]