エリック・コマツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリック・コマツ
Erik Komatsu
ミルウォーキー・ブルワーズ(マイナー)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州キャマリロ
生年月日 1987年10月1日(27歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2008年 MLBドラフト8巡目(全体248位)
初出場 2012年4月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エリック・コマツErik Komatsu, 1987年10月1日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州キャマリロ出身のプロ野球選手外野手)。MLBロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム傘下所属。父方の祖母が日本人で、日系3世である[1][2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校時代はデルモン・ヤングとチームメイトだった[3]。卒業後はヴァンガード・ユニバーシティ・オブ・サザン・カリフォルニアへ進学。

2007年にオックスナード大学へ編入。6月にMLBドラフト38巡目(全体1163位)でニューヨーク・ヤンキースから指名されたが拒否し、カリフォルニア州立大学フラトン校へ編入した。

2008年にはベースボール・アメリカの「2008 College All-America Third Team」に指名打者として選出された[4]

ブルワーズ傘下時代[編集]

2008年、MLBドラフト8巡目(全体248位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名され、6月16日に契約。ルーキー級ヘレナ・ブルワーズで68試合に出場し、11本塁打47打点8盗塁、打率.321だった。同年のパイオニアリーグのオールスターに選出された[5]

2009年はA級ウィスコンシン・ティンバーラッターズで21試合に出場し、1本塁打5打点、打率.242だった。夏期にはルーキー級アリゾナリーグ・ブルワーズで5試合に出場した。

2010年はA+級ブルバード・カウンティ・マナティーズで130試合に出場し、5本塁打63打点28盗塁、打率.323だった。同年のフロリダ・ステートリーグのオールスターに選出された[6]。9月25日にはブルワーズの「2010 Minor League Player of the Year」に選ばれた[7]

2011年はAA級ハンツビル・スターズで93試合に出場し、6本塁打40打点13盗塁、打率.294だった。

ナショナルズ傘下時代[編集]

2011年7月30日にジェリー・ヘアストン・ジュニアとのトレードでワシントン・ナショナルズへ移籍[8]。AA級ハリスバーグ・セネターズで31試合に出場し、1本塁打8打点8盗塁、打率.234だった。

カージナルス時代[編集]

2011年12月8日のルール・ファイブ・ドラフトセントルイス・カージナルスから指名され、移籍した[9]

2012年2月29日にカージナルスと1年契約に合意した[10]。自身初の開幕ロースター入りを果たし[11]、4月6日のブルワーズ戦でメジャーデビュー。9回表にカルロス・ベルトランの代打として出場し、メジャー初安打を記録した[12]。5月1日にDFAとなった[13]。カージナルスでは15試合に出場し、19打数4安打2四球、打率.211だった。

ツインズ傘下時代[編集]

2012年5月4日にウェーバーでミネソタ・ツインズへ移籍[14]。5月8日のロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム戦で4回裏に犠牲フライを放ち、初打点を記録した[15]。5月27日にDFAとなった[16]。ツインズでは15試合に出場し、32打数7安打1打点4四球、打率.219だった。

ナショナルズ復帰[編集]

2012年5月29日、前所属球団のツインズによって5月27日にDFAとなったため、ルール・ファイブ・ドラフトの規定により、古巣・ナショナルズへ復帰した。AAA級シラキュース・チーフスで31試合に出場し、3本塁打14打点2盗塁、打率.269だった。

2013年はスプリングトレーニングで膝を故障し、AA級ハリスバーグで開幕を迎えた。4月23日に復帰し、7試合に出場した。5月にAAA級シラキュースへ昇格し、9試合に出場した。

2014年5月9日に放出された。

エンゼルス傘下時代[編集]

2014年5月12日にロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムとマイナー契約を結んだ。

ブルワーズ傘下時代[編集]

2014年6月27日に、ミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ。

脚注[編集]

  1. ^ Mark McCarter (2011年4月28日). “Huntsville Stars' Erik Komatsu off to slam-bame ncore to his 'Player of the Year' season”. AL.com. 2014年2月17日閲覧。
  2. ^ 日本をルーツに持つメジャーリーガーたち
  3. ^ Erik Komatsu - BR Bullpen”. Baseball Reference. 2014年2月17日閲覧。
  4. ^ 2008 College All-America Teams Chart”. Baseball America. 2014年2月17日閲覧。
  5. ^ Two Helena Brewers Named All-Stars”. MiLB.com (2008年11月11日). 2014年2月17日閲覧。
  6. ^ Brendon Desrochers (2010年6月8日). “Overbeck's power tops FSL ASG rosters”. MiLB.com. 2014年2月17日閲覧。
  7. ^ Brewers announce 2010 Minor League Player and Pitcher of the Year awards”. MLB.com Brewers Press Release (2010年9月25日). 2014年2月17日閲覧。
  8. ^ Nationals acquire outfielder Erik Komatsu from Brewers”. MLB.com Nationals Press Release (2011年7月30日). 2014年2月17日閲覧。
  9. ^ Cardinals select Eric Komatsu in the MLB Rule 5 Draft”. MLB.com Cardinals Press Release (2011年12月8日). 2014年2月17日閲覧。
  10. ^ Cardinals agree to terms with 24 players”. MLB.com Cardinals Press Release (2012年2月29日). 2014年2月17日閲覧。
  11. ^ Cardinals Announce 2012 Opening Day Roster”. MLB.com Cardinals Press Release (2012年4月1日). 2014年2月17日閲覧。
  12. ^ Scores for Apr 6, 2012”. ESPN MLB (2012年4月6日). 2014年2月17日閲覧。
  13. ^ Cardinals activate Allen Craig from D.L.”. MLB.com Cardinals Press Release (2012年5月1日). 2014年2月17日閲覧。
  14. ^ Twins Claim Outfielder Erik Komatsu Off Waivers from St. Louis, Designate Clete Thomas for Assignment”. MLB.com Twins Press Release (2012年5月4日). 2014年2月17日閲覧。
  15. ^ Diamond sparkles for Twins, topping Angels 5-0”. Sports Illustrates (2012年5月8日). 2014年2月17日閲覧。
  16. ^ Twins recall Jeff Manship”. MLB.com Twins Press Release (2012年5月27日). 2014年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]