エラッジ・バルデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エラッジ・バルデ
Elladj Balde
Figure skating pictogram.svg
2011 Canadian Championships Elladj Baldé.jpg
2011年カナダ選手権でのバルデ
基本情報
代表国 カナダの旗 カナダ
生年月日 (1990-11-09) 1990年11月9日(29歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
身長 171 cm
選手情報
コーチ ブルーノ・マルコット
元コーチ マノン・ペロン
佐藤有香
ジェイソン・ダンジェン
エリック・テリアン
リネット・オーレット
アンナ・シェルバトフ
振付師 ジュリー・マルコット
元振付師 パスカーレ・カメレンゴ
佐藤有香
ベンジー・シュウィマー
タイラー・マイルズ
ジャン=ピエール・バイエル
マイケル・サイバート
所属クラブ CPA Pierrefonds
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア 242.36 2015 CSネーベルホルン杯
ショート 78.56 2015 CSネーベルホルン杯
フリー 163.80 2015 CSネーベルホルン杯
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

エラッジ・バルデフランス語: Elladj Baldé, 1990年11月9日 - )は、ロシアモスクワ出身、カナダフィギュアスケート選手(男子シングル)。

2015年ネーベルホルン杯優勝。

人物[編集]

バルデは父がギニア出身、母がロシア出身で、モスクワで生まれてまもなくの1992年に一家でカナダに移民、モントリオールに在住している。フランス語話者の選手に友人が多いが、ロシア語も流暢に話す。かつては母もフィギュアスケート選手で、妹も競技会に出場している。

経歴[編集]

7歳でスケートを始め、2004-2005シーズンにプレノービスクラスで優勝。2005-2006年シーズンにはノービスクラスに昇級し2位となりカナダジュニアナショナルチームに選出され[1]、翌2006-2007シーズンからジュニアグランプリシリーズに参戦した。

2008-2009シーズン、ジュニアグランプリシリーズのメキシコ杯で2位、スケートサファリで3位となり、ジュニアグランプリファイナルに初進出し7位に入る。世界ジュニア選手権でも8位に入った。前十字靭帯を断裂し手術を行ったため、6ヶ月の休養を要した。その影響で2009-2010シーズンの試合を全て欠場した[2]

2010-2011シーズン終了後にコーチを佐藤有香ジェイソン・ダンジェンに変更し、練習拠点をアメリカデトロイトに移した。2013-2014シーズンのカナダ選手権では3年連続の4位。

2015-2016シーズンよりコーチをブルーノ・マルコットとマノン・ペロンに変更し、練習拠点を4年ぶりにカナダに戻した。ネーベルホルン杯ではシニアの国際大会で初優勝を飾った。

主な戦績[編集]

大会/年 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18
世界選手権 18
四大陸選手権 18 11 8
カナダ選手権 2 N 2 J 1 J 10 5 4 4 4 6 7 6
GPロステレコム杯 6
GP NHK杯 6 11 10
GP中国杯 11
GPスケートカナダ 10 7 7
CSオータムクラシック 欠場
CS USクラシック 8
CSネーベルホルン杯 10 14 5 1
CS ロンバルディア杯 4
世界Jr.選手権 21 8
JGPファイナル 7
JGPスケートサファリ 3
JGPメキシコ杯 2
JGP J.カリー記念 7
JGP B.シュベルター杯 14
JGPリベレツ 6
JGPミエルクレアチウク 10
  • J - ジュニアクラス
  • N -ノービスクラス

詳細[編集]

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年1月22日-27日 2018年四大陸フィギュアスケート選手権台北 12
75.17
8
163.03
8
238.20
2017年9月20日-23日 ISUチャレンジャーシリーズオータムクラシックピエールフォン  
 
 
 
欠場
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年1月16日-22日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 3
77.45
6
149.71
6
227.16
2016年11月25日-27日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 5
76.29
11
119.03
10
195.32
2016年11月4日-6日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 6
76.36
8
149.09
6
225.45
2016年9月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 4
74.32
8
133.62
8
207.94
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年1月18日-24日 カナダフィギュアスケート選手権ハリファックス 7
69.02
7
140.99
7
210.01
2015年11月27日-29日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 11
69.47
8
141.62
11
211.09
2015年11月6日-8日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 12
64.68
10
134.73
11
199.41
2015年9月23日-27日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 2
78.56
1
163.80
1
242.36
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年1月19日-25日 カナダフィギュアスケート選手権キングストン 7
64.79
4
139.59
6
204.38
2014年11月28日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯門真 7
67.50
6
145.00
6
212.50
2014年9月24日-27日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 3
71.73
5
125.05
5
196.78
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 22
62.84
17
132.55
18
195.39
2014年1月20日-25日 2014年四大陸フィギュアスケート選手権台北 13
64.33
9
137.12
11
201.45
2014年1月9日-15日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 4
75.80
5
144.09
4
219.89
2013年10月25日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョン 6
72.35
7
132.84
7
205.19
2013年9月19日-22日 2013年ロンバルディアトロフィーセスト・サン・ジョヴァンニ 8
52.70
4
122.10
4
174.80
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年2月6日-11日 2013年四大陸フィギュアスケート選手権大阪 20
51.91
15
124.42
18
176.33
2013年1月13日-20日 カナダフィギュアスケート選手権ミシサガ 5
68.47
5
135.97
4
204.44
2012年10月26日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダウィンザー 6
72.46
9
127.48
7
199.94
2012年9月27日-29日 2012年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 18
52.01
12
119.82
14
171.83
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年1月16日-22日 カナダフィギュアスケート選手権モンクトン 4
68.32
3
138.21
4
206.53
2011年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 10
55.99
10
95.58
10
151.57
2011年9月22日-24日 2011年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 10
60.00
10
105.11
10
165.11
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年1月20日-23日 カナダフィギュアスケート選手権ビクトリア 4
66.07
6
124.09
5
190.16
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年2月25日-26日 2009年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 8
60.63
8
110.13
8
170.76
2009年1月14日-18日 カナダフィギュアスケート選手権サスカトゥーン 7
65.02
12
103.32
10
168.34
2008年12月11日-14日 2008/2009 ISUジュニアグランプリファイナル高陽 8
59.89
7
110.45
7
170.34
2008年10月8日-12日 ISUジュニアグランプリ スケートサファリケープタウン 3
61.41
3
123.48
3
184.89
2008年9月10日-14日 ISUジュニアグランプリ メキシコ杯メキシコシティ 2
62.19
3
99.97
2
162.16
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年2月25日-3月2日 2008年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 22
46.98
21
93.36
21
140.34
2008年1月16日-20日 カナダフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(バンクーバー 1
55.58
1
109.68
1
165.26
2007年10月18日-21日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 12
47.70
5
103.60
7
151.30
2007年10月10日-14日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ケムニッツ 16
43.56
14
89.17
14
132.73
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年1月15日-21日 カナダフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(ハリファックス 3
51.74
3
94.32
2
146.06
2006年10月19日-22日 ISUジュニアグランプリ リベレツリベレツ 8
50.17
7
100.18
6
150.35
2006年9月21日-24日 ISUジュニアグランプリ ミエルクレア=チウクミエルクレア=チュク 11
42.18
10
84.74
10
126.92
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年2月1日-4日 カナダフィギュアスケート選手権 ノービスクラス(モンクトン 3
31.10
2
69.87
2
100.97

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2016-2017 サウンド・オブ・サイレンス
演奏:ディスターブド
振付:ジュリー・マルコット
映画『ブラッド・ダイヤモンド』サウンドトラックより
作曲:ジェームズ・ニュートン・ハワード
振付:ジュリー・マルコット
Uptown Funk
曲:マーク・ロンソン feat. ブルーノ・マーズ
2015-2016[3] Echoes of Harlem
作曲:デューク・エリントン
振付:ジュリー・マルコット
Barrio San Miguel
ガリシア・フラメンコ
作曲:ジーノ・ダウリ
ジャンピンジャック
作曲:スコッティ・モリス
振付:パスカーレ・カメレンゴ
2014-2015[4] It's a Man's Man's Man's World
I Got You (I Feel Good)
曲:ジェームス・ブラウン
振付:佐藤有香、ベンジー・シュウィマー
Move (If You Wanna)
曲:ミムズ
Church
曲:T-ペイン
Wall to Wall
曲:クリス・ブラウン
2013-2014 BomBom
作曲:ライアン・ルイス
演奏:マックルモアー
振付:佐藤有香
クレイジー・ダイアモンド
作曲:ピンク・フロイド
演奏:スティーヴ・ルカサー
振付:佐藤有香
2012-2013 マラゲーニャ
Montana Skies
Futuro Flamenco
映画『ガールファイト』サウンドトラックより
振付:パスカーレ・カメレンゴ
ピアノソナタ第14番リミックス
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
Animal Rights
by デッドマン5、ウルフギャング・ガートナー
振付:マイケル・サイバート
マイケル・ジャクソンメドレー
2011-2012 ダーティー・ダイアナ
ビリー・ジーン
バッド
ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス
マン・イン・ザ・ミラー
曲:マイケル・ジャクソン
振付:レネー・ロカ
2009-2010 自由
演奏:女子十二楽坊
「オズレム」より ドラムソロ
by Turku
振付:ジャン=ピエール・バイエル
カルミナ・ブラーナモダンアレンジ
作曲:カール・オルフ
振付:パスカーレ・カメレンゴ
2008-2009
2007-2008 Lunatico
演奏:ゴタン・プロジェクト
タンゲーラ
作曲:マリアーノ・モーレス
ポル・ウナ・カベサ
作曲:カルロス・ガルデル
振付:ジャン=ピエール・バイエル
自由
演奏:女子十二楽坊
「オズレム」より ドラムソロ
by Turku
振付:タイラー・マイルズ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スケートカナダによるエラッジ・バルデ紹介 現在は白紙ページ。各所キャッシュ等で閲覧可能。
  2. ^ Baldé always the thriller
  3. ^ Skaters gear up for new season at Skate Detroit
  4. ^ Postcards from Detroit: Balde doesn't hold back

参考文献[編集]