エモシオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エモシオン
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1995年3月17日(23歳)
登録日 1997年1月23日
抹消日 2001年11月21日(中央)
2002年3月18日(地方)
トニービン
アドラーブル
母の父 ノーザンテースト
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 白井牧場
馬主 根岸治男
調教師 小林稔栗東)→木原一良(栗東)→
二ノ宮敬宇美浦)→川島正行船橋
競走成績
生涯成績 21戦5勝
獲得賞金 2億1011万4000円
テンプレートを表示

エモシオンとは日本の元競走馬である。1999年京都記念優勝馬。

馬齢は当時の旧表記を用いる。

戦歴[編集]

大川慶次郎「体や四肢のバランスは抜群。馬体の良さはアグネスワールドより上、クラシックを勝つ馬に成長する」[1]

小林稔「強いことは分かっているから、敢えて力試し(トライアルへの出走)をする必要もない」[1]

関係者からこのように評価されたエモシオンは1992年優駿牝馬優勝馬アドラーブルの第2子として競走馬デビューを果たし、1998年の4歳牡馬クラシック戦線の有力馬として注目を浴びる。

皐月賞当時には重賞未勝利馬ながらセイウンスカイら3強に次ぐ支持を受けるも4着敗退、「激しいイレ込みがあったとはいえ正直期待外れでがっかり、見込み違いだったかも」[2]と評されるなど3冠タイトル全て無冠に終わるが、「折り合いを欠きながらこの結果、これから強くなる馬」[3]と今後の成長を期される面もみせた。

1999年明け5歳古馬となったエモシオンは日経新春杯2着を挟み京都記念に出走。前走の内容を評価され1番人気の支持を受け優勝、「クラシックは勝てなかったが、古馬になってからを期待していた馬なので、勝てて嬉しい」と関係者を喜ばせ、本年2月一杯での勇退が決定している小林稔調教師に最後の重賞勝利をプレゼントしている。

エモシオンはその後、木原一良厩舎へと転厩。大阪杯から天皇賞(春)への算段で調整がなされていたが転厩直後に右前浅屈腱炎を発症[4]し戦線を離脱、木原厩舎管理馬として出走することはなく、僅か半年後の1999年9月に美浦の二ノ宮敬宇厩舎へと再転厩となる。結局2年弱の休養を経て戦線復帰となったが、「追ってからの反応が悪い」[5]と騎手がコメントするなど勝ち馬から1秒以上離される精細を欠く内容が続き、未勝利のまま現役を引退した。

引退後は故郷白井牧場に戻り使役馬として繋養後、日高ケンタッキーファームへと移動していたが同施設の廃業に伴い再び白井牧場に戻っている。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
1997 6. 7 函館 新馬 7 2.1 (2人) 3着 松永幹夫 53 芝1200m(良) 1:12.7 (37.4) 1.7 アグネスワールド
6. 14 函館 新馬 12 3.7 (2人) 1着 松永幹夫 53 芝1200m(良) 1:11.0 (36.6) -0.4 (アグネスクリッパー)
11. 23 中京 つわぶき賞 13 3.4 (1人) 1着 河内洋 54 芝1700m(良) 1:43.6 (36.1) -0.6 (オースミキャプテン)
12. 14 中京 中京3歳S OP 16 1.2 (1人) 2着 佐藤哲三 55 芝1800m(良) 1:48.8 (35.9) 0.1 エイダイクイン
1998 3. 14 阪神 すみれS OP 8 1.9 (1人) 1着 松永幹夫 55 芝2200m(良) 2:14.5 (35.0) -0.4 (ミツルリュウホウ)
4. 19 中山 皐月賞 GI 18 8.0 (4人) 4着 松永幹夫 57 芝2000m(良) 2:02.1 (37.3) 0.8 セイウンスカイ
6. 7 東京 東京優駿 GI 18 22.9 (6人) 9着 松永幹夫 57 芝2400m(稍) 2:27.6 (37.2) 1.8 スペシャルウィーク
10. 24 京都 カシオペアS OP 8 2.9 (2人) 1着 松永幹夫 54 芝2000m(良) 2:02.9 (35.5) -0.2 (アポテオーズ)
11. 8 京都 菊花賞 GI 17 26.1 (5人) 3着 松永幹夫 57 芝3000m(良) 3:03.9 (34.7) 0.7 セイウンスカイ
12. 27 中山 有馬記念 GI 16 23.7 (9人) 11着 松永幹夫 55 芝2500m(良) 2:33.2 (36.2) 1.1 グラスワンダー
1999 1. 24 京都 日経新春杯 GII 12 4.2 (2人) 2着 四位洋文 57 芝2400m(良) 2:31.4 (34.5) 0.0 メジロブライト
2. 14 京都 京都記念 GII 16 1.8 (1人) 1着 四位洋文 56 芝2200m(良) 2:15.2 (35.1) -0.4 マチカネフクキタル
2001 1. 13 中山 ニューイヤーS OP 10 7.3 (3人) 7着 蛯名正義 57 芝1600m(良) 1:36.0 (35.9) 1.7 チェックメイト
2. 3 東京 白富士S OP 10 7.0 (4人) 8着 蛯名正義 58 芝2000m(稍) 2:02.5 (37.4) 1.6 エーピーグリード
3. 4 中京 中京記念 GIII 16 18.6 (9人) 15着 木幡初広 56.5 芝2000m(稍) 2:03.0 (38.8) 3.3 ロードクロノス
7. 8 函館 巴賞 OP 11 47.4 (10人) 6着 木幡初広 58 芝1800m(良) 1:49.4 (36.1) 1.1 エアエミネム
7. 22 函館 函館記念 GIII 16 20.4 (13人) 12着 木幡初広 56 芝2000m(良) 2:04.3 (39.0) 1.9 ロードプラチナム
8. 19 札幌 札幌記念 GII 9 78.7 (7人) 8着 菊沢隆徳 56 芝2000m(良) 2:01.6 (35.3) 1.5 エアエミネム
9. 9 札幌 札幌日経OP OP 12 14.7 (6人) 5着 勝浦正樹 58 芝2600m(良) 2:42.5 (36.6) 0.2 ファイトコマンダー
2002 1. 30 川崎 川崎記念 GI 10 除外 石崎隆之 56 ダ2100m(稍) リージェントブラフ
2. 11 大井 東京シティ盃 OP 16 (7人) 13着 佐藤隆 58 ダ1390m(良) 1:27.6 (38.2) 3.2 フレアリングマズル
3. 6 大井 金盃 OP 16 (8人) 16着 佐藤祐樹 55 ダ2000m(良) 2:15.7 (45.6) 9.3 インテリパワー

2002年に行われた川崎記念は、当時地方競馬へ移籍したばかりのエモシオンには出走資格がなかったが、主催者側の「審査誤認」により出走投票が受理されてしまい、枠順の発表後に競走除外となった[6]

血統表[編集]

エモシオン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ゼダーン系グレイソヴリン系
[§ 2]

*トニービン
Tony Bin
1983 鹿毛
父の父
*カンパラ
Kampala
1976 黒鹿毛
Kalamoun *ゼダーン
Khairunissa
State Pension *オンリーフォアライフ
Lorelei
父の母
Severn Bridge
1965 栗毛
Hornbeam Hyperion
Thicket
Priddy Fair Preciptic
Campanette

アドラーブル
1989 栗毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
1971 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
母の母
*エコルシユ
Ecorche
1982 黒鹿毛
Big Spruce Herbager
Silver Sari
Idmon Dr. Fager
Arachne
母系(F-No.) 14号族(FN:14-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Hyperion 9.38% 4 x 5 , Lady Angela 9.38% 5 x 4 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ エモシオン 5代血統表2017年9月9日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com エモシオン 5代血統表2017年9月9日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ エモシオン 5代血統表2017年9月9日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com エモシオン 5代血統表2017年9月9日閲覧。


脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 1998年4月19日日刊スポーツ
  2. ^ 1998年4月20日日刊スポーツ・大川慶次郎コメント
  3. ^ 1998年11月9日週刊ケイバブック
  4. ^ エモシオン右前浅屈腱炎判明
  5. ^ 2001年函館記念・木幡騎手コメント/日刊スポーツ
  6. ^ 競馬ネットmagazine 第738号(Gallop Online、2002年2月1日)「川崎競馬で大失態」を参照

外部リンク[編集]