エマ・ゴールドマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エマ・ゴールドマン

エマ・ゴールドマン: Emma Goldman, 1869年6月27日 - 1940年5月14日)とは、リトアニア生まれで、アメリカで活動したアナキストでありフェミニスト

概要[編集]

ラディカルな解放思想やフェミニズムによる著作、発言などで知られる。15歳で姉とともにアメリカに渡った。後にロシア革命期の見聞を語ることになる。またイギリス滞在歴も長く、後年にはイギリスで自伝を執筆している。日本のフェミニスト、とりわけ伊藤野枝に大きな影響を与えた。

来歴[編集]

リトアニアカウナスユダヤ系の家庭に生まれる。暗殺が起こるなどの政情不安から、13歳のときに一家はペテルブルクに移住した[1]。経済的事情で学校にも行けずに働くことになった。「女に学問はいらない」と説いて早く結婚させようとする父と対立することになる[2]

1886年、15歳になったエマは姉とともにアメリカへ移民し、縫製工場で女工として働く[3]。1886年5月1日、シカゴのヘイマーケット事件(英:Haymarket Riot)から刺激を受け、またこのころアナキストグループとも出会う。1889年、20歳にしてすでに革命家としてアナキストの自覚を持ち、ニューヨークに拠点を移して各地で演説をこなすようになる。1892年7月23日、エマは恋人であり、終生の友であるリトアニア生まれのアレクサンダー・バークマン[4]と共に、コークス会社の工場長でスト破りを繰り返していたヘンリー・クレイ・フリックの暗殺を試みた[5]。しかし結果は失敗に終わり、2人は投獄された[6]。1906年にはバークマンとともに機関紙『母なる地球』を創刊[7]。1907年にはアムステルダムの無政府主義者大会に出席した。

  • 『母なる大地』に掲載された論文のうち『婦人解放の悲劇』が掲載された号をたまたま入手した伊藤野枝は、この論文に目を止め、大きな影響を受けた。伊藤はこれを翻訳し、1914年に日本で出版されている。
  • またエマは1910年にニューヨークで幸徳事件大逆事件)に対する抗議集会を開いて日本政府や外交関係者を狼狽させた。
    • 11月12日 エマら5名が連名で駐米全権大使・内田康哉宛抗議文を送付
    • 11月22日 ニューヨークで最初の抗議集会
    • 12月12日 ニューヨークの抗議集会で桂太郎首相宛の抗議文を採択

1916年2月11日、産児制限運動によって投獄され[8][9]、さらに翌年には反戦活動のため2年の刑に処せられた[10]。1919年末、国外追放するためのヒアリング主宰者であったジョン・エドガー・フーヴァーはエマを「アメリカでもっとも危険なアナキストだ」と断じた[11]。そしてバークマンとともにロシアの地へ追放された。ソビエトに放逐された当初は、エマもロシア革命へと参画するつもりがあったが、そこに起きているのはボルシェビキとアナキストの対立であった。ソビエト政府にも反対して外国に去り、以後はイギリス、フランス、カナダを転々として暮らした[12]

1936年、スペイン市民戦争が起こった際には自らスペインに赴き、人民政府(革命陣営側)とともに闘い、ファシズムフランコ政権に反対する同国のアナキストを援助[12]。1940年5月にカナダのトロントで70歳の生涯を閉じ、シカゴに埋葬された[12]

著作[編集]

  • Emma Goldman Living My Life, New York:A.A.Knopf, 1931.(2vols.)(自伝)

日本語訳[編集]

  • 伊藤野枝訳『婦人解放の悲劇』(The Tragedy of Woman's Emancipation, New York, Mother Earth Publishing Association, 1906)
    • エマ・ゴルドマン『婦人解放の悲劇』(1914年3月東雲堂書店刊)、『結婚と恋愛』、『少数と多数』、ヒポリツト・ハヴエル著『エンマ・ゴルドマン小伝』その他を収録。井出文子・堀切利高編『定本伊藤野枝全集』〔學藝書林、2000年12月〕所収
  • エマ・ゴールドマン著、はしもとよしはる訳『アナキズムと女性解放』JCA、1978年2月
  • エマ・ゴールドマン著、山下一夫訳『アナーキズム:真に無政府主義は何を基礎としてゐるか』自治聯盟出版部、1932年
  • エムマ・ゴールドマン[他]著、司法省調査課訳『露西亜事情』(『司法資料』第48号)、司法省調査課、1924年
  • 小田光雄小田透訳『エマ・ゴールドマン自伝』ぱる出版、2005年4月、上:ISBN 4-8272-0121-8, 下:ISBN 4-8272-0122-6

参考文献[編集]

  • Falk, Candace (1984). Love, Anarchy, and Emma Goldman, New York:Holt, Rinehart and Winston, .
  • Wexler, Alice (1984). Emma Goldman : an intimate life. Paul Avrich Collection ("First edition." ed.). New York: Pantheon Books. ISBN 0-394-52975-8. OCLC 9970895. https://www.worldcat.org/oclc/9970895 
  • Wexler, Alice (1989). Emma Goldman in Exile: From the Russian Revolution to the Spanish Civil War. Boston: Beacon Press. ISBN 0-8070-7004-1.

出典[編集]

  1. ^ University of Illinois at Chicago Biography of Emma Goldman Archived September 11, 2013, at the Wayback Machine.. UIC Library Emma Goldman Collection. Retrieved on December 13, 2008.
  2. ^ Goldman, Living My Life, p. 12.
  3. ^ Wexler, Emma Goldman : an intimate life, p. 27.
  4. ^ Wexler, Emma Goldman : an intimate life, pp. 57–58.
  5. ^ Wexler, Emma Goldman : an intimate life, p. 65.
  6. ^ Goldman, Living My Life, p. 106.
  7. ^ Goldman, Living My Life, p. 377.
  8. ^ Alice S. Rossi. The Feminist Papers: From Adams to de Beauvoir. Lebanon, New Hampshire: Northeastern University Press, 1988, p. 507
  9. ^ Today in History: February 11”. Library of Congress. 2014年1月28日閲覧。
  10. ^ Wexler, Emma Goldman : an intimate life, p. 253–263.
  11. ^ Drinnon, Richard (1961). Rebel in Paradise: A Biography of Emma Goldman. Chicago: University of Chicago Press, . OCLC 266217, p. 215.
  12. ^ a b c Wexler, Alice (1989). Emma Goldman in exile : from the Russian Revolution to the Spanish Civil War. Paul Avrich Collection. Boston: Beacon Press. ISBN 0-8070-7004-1. OCLC 19353853. https://www.worldcat.org/oclc/19353853 

外部リンク[編集]