pino (アイスクリーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エスキモーPinoから転送)
移動先: 案内検索
pino

森永pino(もりながピノ)は、森永乳業1976年から発売しているアイスクリーム。1979年から30年以上にわたって『エスキモーpino』と呼ばれていたが、エスキモーブランドの廃止に伴い、2010年10月から順次置き換えられている。

円錐台形をしており、周りをチョコレートコーティングしてある。

pinoという商品名の由来は、イタリア語で松ぼっくりの意味[1]のpigna(pino=pinusは松の意味)から。

歴史[編集]

  • 1976年 - 『森永pino』として登場。その後『富士pino』となる。
  • 1979年 - エスキモーブランドが発足、『エスキモーpino』となる。
  • 1986年 - 発売10周年。原宿の人気ショップのトレーナーをプレゼントするキャンペーン実施。
  • 1987年 - 原宿ブランドであるTシャツとポーチをセットにしてプレゼントするキャンペーン実施。
  • 1992年 - マルチパック登場。
  • 1996年 - 発売20周年。謝恩販売として6個入りパッケージを100円で、マルチパックは24個から28個に増量して販売。
  • 2002年 - パッケージデザインをリニューアル。イメージキャラクターにを起用。
  • 2004年 - 期間限定フレーバーが発売(年2回、2005年は年3回、2006年~2009年4回、2010年以降年5回)
  • 2005年7月1日 - 森永乳業が、エスキモーブランドの商標管理および広告を行う子会社エスキモージャパン株式会社を吸収合併。
  • 2006年 - 発売30周年。
  • 2008年 - 乳製品価格高騰の影響で、マルチパックの内容量を28個から26個に減量。
  • 2010年 - エスキモーブランド廃止、『森永pino』に回帰。

種類[編集]

すべて6個入りで、商品名は『ピノ ○○』。また、通年発売している商品以外は期間限定での発売。

通年
  • バニラ(セミスィートチョコレート&バニラ)
  • ビターチョコ(2011年8月15日発売) - ダークショコラにリニューアルしたため発売終了。
  • ダークショコラ(2013年04月01日発売)
2004年
  • いちご(1月発売)
  • キャラメル(10月26日発売)
2005年
  • いちご(1月4日発売)
  • カフェラテ(4月26日発売)
  • マロン(9月20発売)
2006年
  • ビターチョコ(1月9日発売)
  • 抹茶(3月27発売)
  • ミント(6月19日発売)
  • カフェラテ(9月25日発売)
2007年
  • いちご(1月8日発売)
  • 抹茶(3月26日発売)
  • ミント(6月18日発売)
  • ミルクティー(9月24日発売)
2008年
  • 濃厚ビターチョコ(1月7日発売)
  • レアチーズ味(3月24日発売)
  • マンゴー味(6月23日発売)
  • ラムレーズン味(9月22日発売)
2009年
  • 生キャラメル(1月5日発売)
  • なめらかミルクチョコ(3月30日発売)
  • 抹茶ミルク(6月15日発売)
  • ショコラアーモンド(9月21日発売)
2010年
  • いちごミルク(1月4日発売、8月までの期間限定) - 5月よりパッケージをリニューアル
  • ブルーベリー&チーズ味(4月26日、数量限定) - Dessertシリーズ
  • キャラメル(8月16日発売)
  • ピノ スイートポテト味(10月4日発売、数量限定) - Dessertシリーズ
  • チョコレート(12月6日発売)
2011年
  • マロングラッセ味(1月31日発売、数量限定) - Dessertシリーズ)
  • Wストロベリー(4月4日発売)
  • W抹茶(6月13日発売)
  • Wコーヒー(10月3日発売)
  • 生キャラメル仕立て(12月12日発売)
2012年
  • 生チョコ仕立て(2月6日発売、数量限定)
  • ダブルストロベリー(4月2日発売)
  • ダブル抹茶(6月11日発売)
  • 塩ミルク(8月6日発売、コンビニエンスストア限定、数量限定)
  • ロイヤルミルクティー(9月24日)
  • ロイヤルカフェラテ(11月19日発売)
2013年
  • ストロベリーチョコ&ミルクチョコ(1月28日発売、数量限定)
  • ミルクキャラメル味(6月3日発売、7月頃までの期間限定) - 森永製菓『森永ミルクキャラメル』の発売100周年を記念したコラボレーション商品。
  • レアチーズ味&木苺チョコ(7月29日発売、9月頃までの期間限定)
  • ティラミス味(9月23日発売、11月頃までの期間限定)
  • ヘーゼルナッツ(11月18日発売)
2014年
  • アーモンドチョコ&ミルクチョコ(1月27日発売)
  • 香り広がる苺(3月31日発売)
  • 香り広がる抹茶(6月16日発売)
  • 味わいマロン(9月1日発売)
  • ラムレーズン(11月17日発売)
  • ノワールショコラ(12月23日発売、セブン-イレブン限定、冬季限定)
2015年
  • DARSミルクチョコ(1月26日発売、冬期限定) - 森永製菓『DARS』とのコラボレーション商品。パッケージデザインは3種。
  • BLACK(3月30日発売)
  • ルージュベリー(5月18日発売)※氷菓
  • 薫るアロマ珈琲(8月24日発売)
  • ベルベットショコラ(10月19日発売)※氷菓
2016年
  • DARSミルクチョコ(2月1日発売、冬期限定) - 森永製菓『DARS』とのコラボレーション商品。パッケージデザインは4種。2015年に冬期限定発売したものをパッケージデザインを変えて再発売したもので、味は同じ。
  • 旨み抹茶(3月28日発売)
  • ソレイユパッション(6月6日発売)※氷菓
  • 香ばしアーモンドキャラメル(8月22日発売)
  • アロマショコラ(12月5日発売) - コピー文「香るカカオの、誘惑」
2017年
  • 熟成抹茶(3月27日発売)
  • グレープ&ベリー(6月19日発売) - コピー文「魅惑の濃厚ジェラート」※氷菓、ルージュベリーの味違い

マルチパック[編集]

すべて3種、28個入り(2008年12月以前の商品)、26個入り(2008年12月以降の商品)、24個入り(2015年3月以降の商品)[2]

通年
  • チョコアソート[3]
    • チョコ(ミルクチョコレート&チョコアイス) - 2008年12月以降は『チョコ(ビターチョコレート&チョコアイス)』に変更。
    • アーモンド味(アーモンドチョコレート&バニラ)
    • バニラ(セミスィートチョコレート&バニラ)
期間限定
  • 限定アソート(2007年11月19日発売)
    • いちご
    • カフェラテ
    • バニラ(セミスィートチョコレート&バニラ)
人気の高かった『いちご』『カフェラテ』が入っている。
  • 限定アソート(2008年12月1日発売)
    • ミルクティー
    • ほろ苦キャラメル
    • バニラ(セミスィートチョコレート&バニラ)
人気の高かった『ミルクティー』、この限定アソートだけの新フレーバー『ほろ苦キャラメル』が入っている。
  • パーティーアソート(2009年11月23日発売)
    • マダカスカルバニラ
    • ショコラ
    • ティラミス味
3種類とも新レシピ。
  • シーズンアソート(2010年7月5日発売)
    • カフェラテ(セミスイートチョコレート&コーヒー)
    • 抹茶ラテ(ミルクチョコレート&抹茶)
    • ティーラテ(セミスイートチョコレート&ミルクティー)
  • シーズンアソート(2010年11月22日発売)
    • マダガスカルバニラ
    • ラ・フランス
    • ヘーゼルナッツ
  • アニバーサリーセレクト(2011年7月4日発売)
    • レアチーズ味
    • ミント
    • ミルクチョコ
35周年を記念し、今までの限定フレーバー27種中、春夏期で人気が高かった3種をセレクト。
  • アニバーサリーセレクト(2011年11月21日)
    • いちご
    • キャラメル
    • ミルクティー
35周年を記念し、今までの限定フレーバー27種中、秋冬期で人気が高かった3種をセレクト。
  • シーズンアソート(2012年6月25日発売)
    • 洋なし
    • いちご
    • バニラ
  • シーズンアソート(2012年11月19日発売)
    • 抹茶ミルク
    • キャラメルマキアート
    • バニラ
  • シーズンアソート(2013年6月17日発売)
    • いちごチョコ&ヨーグルト味
    • マンゴー
    • バニラ
  • シーズンアソート(2013年11月18日発売)
    • メープル
    • いちご
    • バニラ
  • まるごとアーモンド味(非売品、2014年3月~5月キャンペーンのみのプレゼント品)
    • アーモンド味(アーモンドチョコレート&バニラ)
  • シーズンアソート(2014年6月16日発売)
    • カフェラテ
    • メロン
    • バニラ
  • シーズンアソート(2014年11月17日発売)
    • キャラメル
    • チーズケーキ味
    • バニラ
  • シーズンアソート(2015年6月15日発売)
    • パイナップル
    • ぶどう
    • バニラ
  • シーズンアソート(2015年11月16日発売)
    • いちご
    • ミルクティー
    • バニラ
  • ハッピーベリーアソート(2016年6月13日発売)
    • バニラ&ストロベリーチョコ
    • ストロベリー&ストロベリーチョコ
    • ミルクチョコ&ストロベリーチョコ
  • シーズンアソート(2016年11月28日発売)
    • マダガスカルバニラ
    • いちご
    • 抹茶

原材料[編集]

内容量[編集]

ピノ、ピノいちご他
  • 10ml×6
ピノチョコアソート
  • 10ml×28

栄養成分[編集]

ピノいちご(ひと粒当たり)

テレビCM[編集]

その他[編集]

  • ピノ1個10gの比率はアイス部分が8g、チョコレート部分が2gとなっている。
  • 1970年後半(エスキモーブランド発足前)には、一時当たりくじ付きで発売されていたことがある(当たりが出ると、もう1つピノがもらえる)。
  • まれに星形やハート形のピノが入っている場合がある[6]。星形は「願いのピノ」、ハート形は「幸せのピノ」と呼ばれている。
    星形のピノ
    ハート形のピノ
  • 同梱されているピックには番号が書かれていて、ピノ公式ページ上の占いに利用できる。
  • 2007年には、日産の同名の軽自動車ピノ」が当たるオープン懸賞を行ったことがある。
  • 大相撲力士の臥牙丸勝の好物として、ファンに知られている。なお、臥牙丸本人はかつて1日2kgものアイスを食べていたが、現在は1日pino5~6箱に留めている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]