アントニ・シェリッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アントニ・シェリッチ Football pictogram.svg
Anthony Šerić.JPG
名前
ラテン文字 Anthony Šerić
基本情報
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1979-01-15) 1979年1月15日(39歳)
出身地 オーストラリアの旗 シドニー
身長 181cm
体重 73kg
選手情報
ポジション DF (LSB)
利き足 左足
ユース
オーストラリアの旗 AISキャンベラ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-1999 クロアチアの旗 ハイドゥク・スプリト 33 (0)
1999-2001 イタリアの旗 パルマ 0 (0)
1999-2001 イタリアの旗 ヴェローナ (loan) 22 (1)
2001-2005 イタリアの旗 ヴェローナ 25 (0)
2002-2003 イタリアの旗 ブレシア (loan) 30 (1)
2003-2004 イタリアの旗 パルマ (loan) 17 (0)
2004-2005 イタリアの旗 ラツィオ (loan) 17 (0)
2005-2008 ギリシャの旗 パナシナイコス 50 (1)
2008 トルコの旗 ベシクタシュ 3 (0)
2009-2010 クロアチアの旗 ハイドゥク・スプリト 22 (1)
2010-2013 トルコの旗 カラピュクスポル 87 (1)
2013-2014 ポルトガルの旗 オリャネンセ 4 (0)
通算 310 (5)
代表歴
1999 クロアチアの旗 クロアチア U-20 4 (0)
1998-2001 クロアチアの旗 クロアチア U-21 17 (2)
1998-2006 クロアチアの旗 クロアチア 16 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アントニ・シェリッチAnthony Šerić, 1979年1月15日- )は、オーストラリアシドニー出身の元クロアチア代表サッカー選手。現役時代のポジションディフェンダー (左サイドバック) 。

経歴[編集]

クラブ[編集]

クロアチア人の家族の下でオーストラリアに生まれたシェリッチは、ユース時代に奨学金を受けてオーストラリア国立スポーツ研究所サッカー部門で過ごしていたが、自身のルーツであるクロアチアへ渡り、強豪ハイドゥク・スプリトでプロキャリアを開始した。

イタリア[編集]

1999年にイタリア1部パルマFCと契約するも外国人枠(3+EU外2)が原因で試合に出場することが出来ない状態だったため、すぐさまエラス・ヴェローナFCへ期限付き移籍[1]し、同僚のアダイウトンポルトガル語版共同保有で加入した。2000年に期限付きの期間が延長され、2000-01シーズンにクォータ制が一旦廃止されてもパルマに呼び戻されることはなく、2001年6月に同僚のマルティン・ラウルセンがパルマに保有権全て買い取られ(2000年に半分買い取っていた)ていったが、シェリッチは保有権の半分がエラス・ヴェローナに売却された[2]その後、同僚のFWアルベルト・ジラルディーノもパルマに保有権が買われ、エラス・ヴェローナに期限付き移籍の形で復帰した。

2002年にクラブが2部に降格すると、ジラルディーノはパルマに保有権全て買い取られる代わりにシェリッチは保有権全てをエラス・ヴェローナに売却された[3]。しかし、同2002-03シーズンのシェリッチは2部の舞台で出場することはなく、2002年8月31日に1部のブレシア・カルチョへの期限付き移籍が決定した[4]

2003-04シーズンになると、フロリアン・ミルタイアルバニア語版と入れ替わる形でパルマへ期限付き移籍することとなり、1999-2000シーズンにエラス・ヴェローナで指導を受けたチェーザレ・プランデッリ監督と再会を果たすこととなった。

2004-05シーズンは、ヤープ・スタムシニシャ・ミハイロヴィッチジュゼッペ・ファヴァッリフェルナンド・コウトパオロ・ネグロマッシモ・オッドと多くの有能な選手が去ったSSラツィオに期限付き移籍[5]。また、同時期の守備陣にセバスティアーノ・シヴィーリアオスカル・ロペスがラツィオと契約した。

ギリシャ / クロアチア / トルコ[編集]

2005年6月30日に移籍金120万ユーロ[6]アルベルト・マレザーニ監督(2001-02シーズンにエラス・ヴェローナで指導を受けた)率いるパナシナイコスFCと2年契約を締結[7]

2008年6月2日に自由移籍でベシクタシュJKと2+1年契約を締結[8]するも、2009年1月に古巣ハイドゥク・スプリトへ復帰。ハイドゥクではすぐさま定位置を掴み、同2008-09シーズン終了まで11試合に出場した。2シーズン在籍後にカルデミル・カラビュックスポルと契約した。

代表[編集]

1998年にオーストラリア代表クロアチア代表の2チームから誘いがあった末、クロアチアを選択[9]。同年5月29日にプーラでのスロバキア戦でクロアチア代表として初出場を飾る。1998 FIFAワールドカップ2002 FIFAワールドカップ2006 FIFAワールドカップと3大会連続で選出され、1998年大会では3位入賞を経験しているが、いずれの大会でも出番は訪れなかった。

脚注[編集]

  1. ^ "Inter, Zanetti al Real per Seedorf"
  2. ^ "ACQUISTATA LA COMPROPRIETA' DI ANTHONY SERIC."
  3. ^ "COMPROPRIETA': L'HELLAS RISCATTA MARCO CASSETTI, CLAUDIO FERRARESE RESTA AL CITTADELLA"
  4. ^ "CALCIOMERCATO: COMUNICATO UFFICIALE"
  5. ^ "Lazio land nine"
  6. ^ "Seric set for Greece"
  7. ^ "Aloisi does it for Panathinaikos"
  8. ^ "OFFICIAL: Besiktas engage Seric"
  9. ^ "Friends become foes on the world's biggest stage"

外部リンク[編集]