アウグスト・クビツェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アウグスト・クビツェク
August Kubizek 1907.jpg
 1907年のアウグスト・クビツェク
生誕 (1888-08-03) 1888年8月3日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州リンツ
死没 (1956-10-23) 1956年10月23日(68歳没)
 オーストリア、オーバーエスターライヒ州エファーディング

アウグスト・クビツェク(August Kubizek、1888年8月3日 - 1956年10月23日)は、オーストリア指揮者アドルフ・ヒトラーの青年時代の親友。アドルフ・ヒトラーの青年期を良く知る人物として、その回想録は非常に重要である。

リンツで生まれる。1905年にリンツの歌劇場でヒトラーと知り合って以来、親友になる。それから1908年ウィーンで別れるまでの約3年間、ヒトラーと友人であり続けた。アウグスト自身はオーストリア=ハンガリー帝国マリボルの指揮者になるが、第一次世界大戦の影響で失職し、戦後は役場で公務員として勤める。1933年にヒトラーが首相になった時には祝福の手紙を送り、またヒトラーもすぐに返事を送っている[1]1938年ドイツ総統となっていたヒトラーと再会した。1943年に、ヒトラーからの命をうけたマルティン・ボルマンによって地区戸籍局長に任命されている[2]。 クビツェクは砕けた話が苦手なヒトラーが「Du」という、ドイツ語で親しい間柄で使われる二人称で呼ぶ数少ない友人であり、出世後再会を熱望する手紙でも「Dir und Deiner Mutter alles Gute wünschend bin ich in Erinnerung an unsere alte Freundschaft(懐かしい友情を思い出しながら、君と君のお母さんの幸福を願っています)」と綴っている。 第二次世界大戦後に青年期ヒトラーを描いた回想録を出版した。この回想録は記述ミスなどに批判があるが、この時期のヒトラーを詳細に記した数少ない資料として貴重である。1956年オーバーエスターライヒ州エファーディング英語版で死去した。

彼は戦後連合国軍に逮捕され、16か月にわたって取り調べを受けた。「なぜあなたは再会した時、彼を殺そうとしなかったのか」と聞かれた所、彼は「友人だからさ」と答えたという。

出典[編集]

  1. ^ ゲルト,ヴァンフリート(2010) p.45
  2. ^ ゲルト,ヴァンフリート(2010) p.46

日本語訳文献[編集]

  • アウグスト・クビツェク『アドルフ・ヒトラーの青春-親友クビツェクの回想と証言』 橘正樹訳、三交社2005年
    • 別訳版『アドルフ・ヒトラー 我が青春の友』 船戸満之・宗宮好和訳、MK出版社、2004年
  • ゲルト・ユーバーシェア , ヴァンフリート・フォーゲル 著 『総統からの贈り物 ヒトラーに買収されたナチス・エリート達守屋純訳、錦正社、2010年(平成22年)。ISBN 978-4892260506