やまだひさしのラジアンリミテッドDX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

やまだひさしのラジアンリミテッドDX』(やまだひさしのラジアンリミテッドデラックス / デジタルクロス)は、TOKYO FMなどJFN各局に向けて放送されていた深夜番組で、やまだひさし冠番組である。なお、「ラジアンリミテッドDX」の読みは2005年3月までは「ラジアンリミテッドデラックス」であったが、同年4月以降は「ラジアンリミテッドデジタルクロス」と呼んでいた(ただし、番組ステッカーでは「ラジアンリミテッド・ディーエックス」と読むものもある)。

番組ホームページはJFNC側にあるが、実際はTOKYO FM(7階アースギャラリー)からの放送となっていた(『DAY BREAK』も同様)。

番組名の由来については、やまだひさしのラジアンリミテッドを参照のこと。

ラジアンリミテッドDX(デラックス)[編集]

やまだひさしのラジアンリミテッドDX(デラックス)
ジャンル トーク・ネタ投稿など
放送方式 生放送(稀に録音あり。Fになってから生放送で正式に明かされた)
放送期間 2002年9月 - 2005年3月
放送時間 毎週月 - 木曜 25:00 - 27:00(120分)
放送局 TOKYO FM
ネットワーク JFN
パーソナリティ やまだひさし
テンプレートを表示

2002年4月から2005年3月まで毎週月曜日 - 水曜日の25:00 - 27:00にて放送していた番組。 もともとは月曜日 - 木曜日の22時から23時台に放送されていた『やまだひさしのラジアンリミテッド』という番組だったが、『MOTHER MUSIC - 37FM -』の放送開始及びその他編成方針の変更などにより、2002年9月30日にこの時間に移動した。

当初「深・近・感」や「1時上場」をキャッチフレーズに放送をしていたが、2003年10月以降は使用していない。また、同時期よりJFNネット局を回る全国キャラバンを2004年4月まで行い、4月より全国の学校を回る「ザ・学校キャラバン」を開始した。現在は学校キャラバンの方は月1回の特番となり、江崎グリコ提供の「ポッキー放課後のMUSIC ROOM」に変更した。他にもフジテレビSDM発の番組でフジテレビとTFMの同時放送も行われた。(SDM発のエンドロールにはJFNが制作協力になっている。)

2004年4月まではオープニングの曲に『ファイヤークラッカー』を使っており、リスナーがタイトルコールを行った。また、モーニング娘。がやっていたこともあった。モーニング娘。の一部のメンバーは後に「ポッキー放課後のMUSIC ROOM」に出演した。

2004年5月以降は、やまだへの誕生日プレゼントとして、プロデューサーの「ペロ飯塚」にプレゼントされたレコーディングによる、新テーマソングとなった。これはやまだが「ラジアンリミテッド・デラックス」と歌う曲だったため、デジタルクロスに移行してからはカラオケ版となった。

ラジアンDX(デラックス)の各コーナー(抜粋)[編集]

  • 元気が出る!ザ・芸能フラッシュ!(毎日)
  • 深夜のラーメン占い(毎日)…番組エンディングで、東京のラーメン店を中心に、ディレクターの水口が紹介するコーナー。毎回「○○なラーメン屋」といったテーマがあった。
  • ピンクポップ(月)…女性のあえぎ声などが入っている等の理由で、一般には公開出来ないような楽曲をこっそり放送するコーナー。オンエアされた楽曲は以下のとおり。
  • プライベートSS(月)…リスナーのリクエストに応じたSS(サウンドステッカー)を作ってくれるコーナー。デジタルクロス時代にも同様の趣旨のコーナーがある。
  • れっつすたでぃいんぐりっしゅ(火)…SURFACEが『アイムファインセンキューアンジュー?』という曲を発売し、ゲスト出演したことをきっかけに、やまだとSURFACEの椎名慶治とで英会話を習ったコーナー。
  • デラックス的・真夜中の英会話講座(火)…「れっつすたでぃいんぐりっしゅ」とセットで放送。知っていると役に立つ英会話のフレーズを勉強できるコーナー。
  • 恋テク必勝ガイド(火)…恋愛をする上で役立つようなテクニックを紹介するコーナー。書籍化された。
  • やまちゃんメジャーへの道!何したらいいと思う?(火)
  • ダザイ(水)
  • バカの論理(水)
  • ベロタン(水)

最後の4コーナーについては、デジタルクロス時代にも引き継がれている。水曜のネタコーナーには「なっち」や「趣味は芸者」というフレーズが流行った。

ラジオドラマ
重機戦士デラクシャン
DX(デラックス)開始当初から2002年12月11日のほぼ毎日に放送していた。やまだ自身が主人公役を演じた。TOKYO FMのアナウンサーや、吉本興業の役者も出演していた。

ラジアンDX(デラックス)スタートの2002年9月30日の番組表[編集]

2002年9月30日(月)の番組表
22:00 - 23:55 やまだひさしのラジアンリミテッド(終)
24:00 - 25:00 JET STREAM
25:00 - 27:00 (新)やまだひさしのラジアンリミテッドDX

ラジアンリミテッドDXDX(デラックスデラックス)[編集]

やまだひさしのラジアンリミテッドDXDX(デラックスデラックス)
ジャンル 音楽など
放送方式 録音
放送期間 2003年4月 - 2004年3月
放送時間 毎週木曜25:00-25:30(30分)
放送局 TOKYO FM
ネットワーク JFN
パーソナリティ やまだひさし
テンプレートを表示

ラジオ黄金時代木曜日が終了に伴い2003年4月から1年間、姉妹番組として、『やまだひさしのラジアンリミテッドDXDX』を、25:00-25:30に放送していた。通称「デラデラ」。 この番組は、ラジアンDXとは違い、すべて収録での放送で、一部カットされたり最初から未放送になった音源などがあったりした。内容はワンスリーゲストのトークとブロードバンド放送(iiv)を使用したインディーズ楽曲の発掘などを行っていた。

この番組は、ラジアンDXをネットしていなかった、fm osakafm fukuokaでも放送された。逆にラジアンDXネット局のJOEU-FMと、ネット局であり番組制作局でもあるTOKYO FMについては未ネット。

25:30-26:30は、『松本人志の放送室』で、26:30-27:00は、『NEW STANDARD』だった。2004年4月からはこの時間は『円都通信』(イェンタウンつうしん。後に土曜28時に移動)になったが、さらに1年後にはラジアンDX放送拡大として木曜日の放送が再開された。

ラジアンリミテッドDX(デジタルクロス)[編集]

やまだひさしのラジアンリミテッドDX(デジタルクロス)
ジャンル トーク・ネタ投稿など
放送方式 生放送(稀に録音あり?)
放送期間 2005年4月 - 2010年3月
放送時間 毎週月曜 - 木曜 25:00 - 27:00(120分)
放送局 TOKYO FM
ネットワーク JFN38局(木曜は36局ネット)
パーソナリティ やまだひさし
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TOKYO FMJFN 月 - 水 25:00 - 27:00
前番組 番組名 次番組
やまだひさしのラジアンリミテッドDX
TOKYO FM・JFN 木 25:00 - 27:00
円都通信 ※ - 25:30
松本人志の放送室 ※25:30 - 26:30
NEW STANDARD ※26:30 -
やまだひさしのラジアンリミテッドDX
扉-TO VILLA-
fm osaka 月 - 木 25:00 - 27:00
MUSIC COASTER ※16:00 - 19:55へ移動
やまだひさしのラジアンリミテッドDX
扉-TO VILLA-