ひぐらしの哭く頃に 雀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひぐらしのく頃に 雀
ジャンル 麻雀ゲーム
対応機種 アーケードゲーム (AC)
PlayStation Portable (PSP)
開発元 AQインタラクティブ
発売元 AC:AQインタラクティブ→エンハート
PSP:AQインタラクティブ
デザイナー 荒井正広、風穴尚紀
シナリオ 竜騎士07(原作・シナリオ監修)
美術 嘉手苅睦(キャラクターデザイン・作画監督)
シリーズ ひぐらしのなく頃に
人数 1人
メディア PSP:UMD
発売日 日本の旗
AC:2009年7月16日
PSP:2009年11月12日
対象年齢 PSP:CEROC(15才以上対象)
コンテンツ
アイコン
PSP:CERO セクシャル
デバイス AC:麻雀専用コントロールパネル対応
システム基板 AC:SYSTEM BOARD Y2(旧JAMMA、新JAMMA(JVS)両対応)
テンプレートを表示

ひぐらしの哭く頃に 雀』(ひぐらしのなくころに じゃん)は、07th Expansionによる同人ゲームひぐらしのなく頃に』を原作とした麻雀ゲームAQインタラクティブより2009年7月16日アーケードゲームとして稼働開始され、2009年11月12日PlayStation Portable用ソフトとして発売された。

正式なタイトル表記は原作ゲームと同様に『ひぐらしのく頃に 雀』と「哭(な)」を赤文字で表記する。

アーケード版は2011年5月1日付で発売元がAQインタラクティブからエンハートへ変更された[1]

ゲーム概要[編集]

一般的なコンピュータ麻雀ゲームに見られる、二人打ち形式の麻雀ゲームで、脱衣麻雀に見られるイカサマ技も使用可能になっている。

ゲームモードは2種類(PSP版はオリジナルモードを追加し3種類)あり、いずれも原作者である竜騎士07監修の新作シナリオとなっている。またキャラクターの動作・演出がフルアニメーションで描かれている。

ゲームモード[編集]

  • オヤシロモード - プレイヤーは圭一となり、雛見沢症候群を発症したキャラクターと麻雀で対戦し、生き残っていくモード。イベントは原作同様テキスト表示で進行される。
  • 部活モード - いわゆるフリー対局モードで、プレイヤー・対戦相手を任意のキャラクターを選んで対局する。勝った場合は対戦相手のコスプレ画像が見られる。
  • 牌崩し編 - PSPオリジナルモード。ちびキャラによるギャグストーリーで展開される。

登場人物[編集]

主題歌[編集]

漫画版[編集]

2誌で漫画版が連載されている。いずれも原作表記は竜騎士07、AQインタラクティブ。

  • ひぐらしの哭く頃に 雀(作画:綾見ちは・云熊まく、月刊コンプエース角川書店)2009年10月号 - 2010年5月号・全1巻)
  • ひぐらしの哭く頃に 雀 -燕返し編-(作画:山田J太近代麻雀竹書房)2010年1月1日号 - 2011年2月1日号(月一連載)・上下巻)
    • 本作の直接のコミカライズではなく、原作をベースに麻雀を絡めたストーリーになっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その他の製品 アミューズメント(2014年7月16日時点のアーカイブ) - マーベラス

外部リンク[編集]