雛見沢症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひぐらしのなく頃に > 雛見沢症候群

雛見沢症候群(ひなみざわしょうこうぐん)とは連作サウンドノベル『ひぐらしのなく頃に』(制作:07th Expansion、監督・脚本:竜騎士07、2002年-2006年)に登場する架空の風土病であり、ミステリーのトリックを構成する重要な要素となっている。

物語中の役割[編集]

設定されている主な症状に、極度の疑心暗鬼や人間不信および妄想・異常行動がある。ささいな誤解や悩みをきっかけに友人・知人に不信感を持った者が、その感情をこの病気で増大され、やがて殺人などの短絡的な行動につながることで、物語は悲劇的結末にたどり着く。物語の一部(特に前半)では視点となる人物が発症して信頼できない語り手となり、見聞きした事件を曲解して読者に伝える。

症状の詳細は全8編中第7編『皆殺し編』まで秘匿され、『皆殺し編』からは他者に悩みを打ち明けて症状を抑え、悲劇を回避する構成になっており、作品に強いメッセージ性を与えている[参考文献 1]

設定[編集]

雛見沢特有の寄生虫が原因の感染症である。宿主が死亡すると寄生虫も消滅するため、死亡者の検体からは電子顕微鏡でも発見できない。雛見沢を訪れたすべての人間が感染しているが、日常生活に支障をきたすことはほとんどない。主な感染経路は空気感染

第二次世界大戦時、雛見沢出身の兵士が自傷行為や仲間割れをたびたび起こすなど行動が異常であったことから、当時軍医であった高野一二三がその存在に気づいた。なお作中では、架空の設定としてだが、盧溝橋に駐留していた日本軍の中にも雛見沢出身者がおり、いわゆる盧溝橋事件の発端となった最初の銃撃を行った人物が雛見沢症候群の発症者であった可能性も示唆される。

発症について[編集]

発症者は、(1)精神的な不安、強いストレスを抱えている者、(2)雛見沢から離れた者、以上の2種類に大別される。(1)は不安やストレスが大きいほど、(2)は雛見沢から離れた距離・時間が大きいほどに発症確率が上がる。(1)を原因とする場合は比較的容易に発症するが、(2)による発症は非常に稀である(『祭囃し編』における『鬼隠し編』についての言及)。また、女王感染者という特別な感染者がいるとされている。発症の段階から入江機関によってL1 - L5に分類されている。

女王感染者は、通常の感染者の上位に位置する特別な感染者であり、古手家の直系が該当者。その力は出産時に継承される。よって昭和58年当時の女王感染者は古手梨花。女王感染者は雛見沢から離れることができないとされる。通常の感染者は、女王感染者の近くにいることによって、症状が緩和される[1]。また、雛見沢症候群の感染者が雛見沢から離れると発症する理由も女王感染者から離れることによると考えることができる。女王感染者が死亡した場合、周囲の感染者は末期症状にかかるため、そうなる前に緊急マニュアル34が適用される(その場合は対象者は毒殺される[2])。これを鷹野は終末作戦と名をつけている。『祟殺し編』、『暇潰し編』、『罪滅し編』での雛見沢大災害は終末作戦のことである(『皆殺し編』)。『綿流し編』・『目明し編』ではこの説が覆されたため、終末作戦の実行はおろか研究そのものが握りつぶされている。

治療しなかった場合のL3発症から致死までは二週間から一か月である。(前原圭一(『鬼隠し編』)は6月8,9日発症で25日死亡、園崎詩音(『綿流し編』、『目明し編』)は6月上旬に発症し28日転落死、ただしこの時すでにL5発症)。

段階別の症状[編集]

L1
作中には唯一明らかになっていない。予防薬投与した人物、あるいは症候群に患っていない人物の可能性がある[独自研究?]
該当者 - 不明
L2
この段階以上の者は、緊急マニュアル34による処分対象となる。
該当者 - 雛見沢の住民ほぼ全員
L3-
昭和58年現在、L5に至った者が治療により回復できる限界。誰かの気配を感じ、その人物とおぼしき声が聞こえることがあるが、日常生活への影響はない。
該当者 - 北条沙都子
L3+
非常に軽微な幻覚、幻聴もあるが、大きな症状としては、物事を曲解するようになることが挙げられる。その結果、他人に疑心を持ち始める。
L4
幻覚・幻聴を起こす。異常な行動が目立ち、極度の疑心暗鬼と人間不信から抜け出せなくなる。
該当者 - 前原圭一(『祟殺し編』)、北条沙都子(『祟殺し編』)
L5-
自分が何らかの危機に晒されているという妄想に陥るが、この「危機」に関してはひどく漠然としたものであったり、特定の人物が自分の命を狙っているというものであったり、個人差がある。リンパ腺のあたりに強い痒みが出る。[3][4]。このレベルが
該当者 - 竜宮レナ(昭和57年、『罪滅し編』)、鷹野三四(『祭囃し編』)[5]
L5+
幻覚・幻聴の症状が最大限に大きくなり、いない人間をいるものと誤認することがある。周りの人間全てが自分を殺そうとしているという妄想に陥り、防御本能より周りに無差別な攻撃行動を加えるようになる。ひどい錯乱状態にあり、記憶も混乱する。最後には自分の手でのどを搔き毟って死ぬことが多い。
該当者 - 富竹ジロウ(『祭囃し編』以外)、前原圭一(『鬼隠し編』)、北条悟史(昭和57年)、園崎詩音(『綿流し編』、『目明し編』)、北条沙都子(昭和55年)

治療方法[編集]

昭和58年当時では寄生虫を死滅させられず、すべて対症療法となる。初期症状なら、高野一二三が考案した高野式呼吸法と9時間以上の睡眠を1週間続ければ回復可能。ただしL5発症者に対しては対処の方法や効果が限定される(後述)。

[編集]

入江機関が開発した、症状を緩和させる代表的な薬は以下の通り。

C120
L5発症者への唯一の対処法。一時的なL3-段階まで回復するが、普通の感染者や健康な人間に使うと10分以内にL5と同じ症状を引き起こす(目明し編の梨花の自害は拷問を避けるためであり、この副作用によるものではない)。一時期L5になっていた沙都子が普段投与されている薬もこれである。
H173
雛見沢症候群の研究過程で生まれた、症状を促進する薬。おもに、入江機関内での雛見沢症候群の治療薬を作るためにモルモットや人間に実験として投与していた。L3-以上の発症者は数時間で末期症状を起こす。『祭囃し編』以外で富竹がこれを投与されて死亡する。
H173-2
ひぐらしのなく頃に祭』で登場。空気中に散布することでH173と同じような作用をもたらす。改良によって、寄生虫を小型化させ感染力が増している[6]
予防薬(名称不明)
入江機関に参加している人物が投与しているが、実際に予防性に関しては絶対性はない。実際、『祭囃し編』で鷹野自身がL5-になるまで悪化する。
η173
ひぐらしのなく頃に拡 〜アウトブレイク〜』および『ひぐらしのなく頃に奉 神姦し編』にて登場するH173の改良ウイルス。

入江機関[編集]

雛見沢症候群の軍事的利用方法を模索するため、「東京」によって設置された極秘研究機関。表向きはただの小さな診療所であるが、地下に大きな研究施設があったりするなど大きな施設である。鬼隠しにあったといわれていた北条悟史はこの地下に拘束されている。

スポンサーである「アルファベットプロジェクト」に関わる政治家たちはこの研究が軍事利用できるか、またはこの研究によって作られる新薬で儲けられるかという打算的な興味しか持っておらず、雛見沢症候群そのものに対しては懐疑的な目でしか見ていない。

人物[編集]

  • 所長 : 入江京介 - 二佐。
  • 副所長 : 鷹野三四 - 三佐。実質的な権力は鷹野が握っている。
  • 監査役 : 富竹ジロウ - 二尉。入江機関の監視のため東京より派遣された。

山狗[編集]

鷹野三四の指揮下にある入江機関の実働部隊。普段は興宮で小此木造園を騙っている。リーダーは小此木。入江機関要人の警護と、証拠隠滅などを主な目的としている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 女王感染者から発せられる特殊なフェロモンのようなものが症状を抑えるとされている。
  2. ^ 『綿流し編』・『目明し編』では梨花の死亡後48時間が経過しても村人は発症しない。
  3. ^ リンパ腺の痒みは妄想症状による可能性もある[独自研究?]
  4. ^ 痒みを覚える原因、時間経過は個人によって異なり、詩音などは作中で痒みを感じるまでに至ることはない。
  5. ^ ただし、鷹野は焦ると体に爪を立てる癖がある。富竹はそのことを知っており嘘をついたか、知らずに単なる誤りを言った可能性もある。
  6. ^ 『ひぐらしのなく頃に祭』の「澪尽し編」での鷹野の台詞。

参考文献[編集]

  1. ^ 制作日記 [425] たくさんの応援のメールを本当にありがとうございます。 投稿者:竜騎士07 投稿日:2007/09/23(Sun) 16:42