竜騎士07

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竜騎士07
(りゅうきしぜろなな)
ペンネーム 竜騎士07
(りゅうきしぜろなな)
誕生 (1973-11-19) 1973年11月19日(44歳)
日本の旗 日本千葉県
職業 シナリオライターイラストレーター
小説家漫画原作者
同人サークル07th Expansion』代表
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2002年 -
ジャンル サスペンスミステリーホラー
サイエンス・フィクションファンタジー
アンチミステリー
ジュブナイルライトノベル
代表作 ひぐらしのなく頃に
うみねこのなく頃に
彼岸花の咲く夜に』など
デビュー作 同人ゲーム脚本:『ひぐらしのなく頃に』(2002年 - )
公式サイト 竜騎士07公式HP
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

竜騎士07(りゅうきしぜろなな、1973年11月19日[1] - )は、日本シナリオライターイラストレーター小説家漫画原作者同人作家

男性。同人サークル07th Expansion』代表。千葉県出身。

経歴[編集]

グループ設立前[編集]

ゲームアニメ漫画に興味があった竜騎士07は、美術系専門学校にて学び、同人誌などを制作していた。専門学校時代は、漫画や小説を書くなど様々なことに挑戦したが、「愛があっても技術がなければ、プロには通用しない」ことに気付かされる。あるとき劇団の知り合いに会い、触発されて戯曲雛見沢停留所』を書き上げ、コンテストに応募するが選考落ちした[2]

美術系専門学校卒業後、ゲームクリエイターを夢見て、ゲーム制作会社を中心に就職活動をするが全て選考落ち。仕方なく紳士服専門店に勤めるが、就職活動中に受けていた地方公務員試験で内定を取ったため、数ヶ月で退社し、地方公務員になる[3]

ひぐらしのなく頃に[編集]

07th Expansion」を立ち上げ、初期はLeaf Fightオリジナルカードを制作する。その後、弟の八咫桜がゲームスクリプトを学び、『雛見沢停留所』を改稿して、同様に弟である時火らと共にサウンドノベル第1弾『ひぐらしのなく頃に』を制作開始。「Leaf Fight」のオリジナルカードの絵柄を描いていた経験もあり、原画も自分自身で担当した。二足の草鞋を履くことになった理由について、『ひぐらし』を作る以前に「別のサウンドノベルのシナリオ」を担当する事になったが、イラスト担当に逃げられてしまい、企画そのものが潰れたからと述べている[2]

当初、3作品目くらいまでは反応がほとんど見られなかったが、第一作『鬼隠し編』の体験版をホームページで無料公開したことによりネット上で話題になる。その後、『ファウスト』にて小説を発表する。現在は公務員を退職し、専業ライターとなっている。

ひぐらしのなく頃に解』と改題した第5話からは、突然に周囲からの期待度が上がり、コミックマーケットでは「島中」から「シャッター前」となり、委託販売においても「事前予約」となり、スタッフにとってはプレッシャーになったという。

うみねこのなく頃に[編集]

「07th Expansion」サウンドノベル第2弾である、『うみねこのなく頃に』は2007年夏のコミックマーケット72にて第1話を頒布した。『ひぐらしのなく頃に』と同様に、第5話からは『うみねこのなく頃に散』と改題し、第8話(最終話)を2010年冬のコミックマーケット79にて頒布し完結した。

『うみねこ』以降[編集]

自身が原作を担当した、『月刊ドラゴンマガジン』連載の『彼岸花の咲く夜に』をゲーム化し、2011年のコミックマーケット80および81にて頒布。2012年から2014年までのコミックマーケット82〜85にて『ROSE GUNS DAYS』を制作・発表した。2014年夏のコミックマーケット86にて『ひぐらしのなく頃に』の新作『ひぐらしのなく頃に奉』を発表。

イラスト[編集]

彼のキャラクターイラストは基本的にデフォルメされた頭身で、全体的に丸っこく、特に手は指と指の境目が省略された大きなもの(時折クリームパンや野球グローブと称される)という他に類を見ない特徴的なものである。

作中のコスプレ用衣装の原画を依頼された際などは、現実的な頭身のイラストを描く場合もある。『うみねこのなく頃に』では、『ひぐらしのなく頃に』に比べ落ち着いた絵柄になったが、竜騎士07当人曰く「こちらの方が自分の本来の絵柄に近い」とのこと。

人物[編集]

  • ペンネームである竜騎士07の「07」は、『ファイナルファンタジーV』のヒロイン・レナに由来し、『ひぐらしのなく頃に』の作品中に登場するヒロイン・竜宮レナも同様である[4]。また、「竜騎士」とはファイナルファンタジーシリーズに登場するジョブ(職種)である。
  • 講談社刊『ファウスト』Vol.8 全100ページインタビューの中で、奈須きのこの存在がなければ今の自分が居なかったと語っている。また、新しい時代が始まったなと思った同人作品に1996年発表のフリーソフト『コープスパーティー』、2005年発売の商用アダルトゲーム『車輪の国、向日葵の少女』を挙げ、「奈須きのこから自分に渡されたバトンを次の世代に渡すことができた。逆に言うと奈須がいなければ自分もいなかったし、それらも登場しなかったのだろう」と語っている。

作風[編集]

  • 作品の分類としては「ミステリー」とされることが多いが、通常の推理小説のように「殺人現場が完全密室」「殺人時刻に全員アリバイがある」などの事件のトリックを探偵が手掛かりを情報を収集し「方法」「アリバイの偽装」などでトリック方法にたどり着き犯人を特定する構成とは異なっている部分がある。これは、同じ期間でパラレルワールドが繰り返され各々のパートで大本の解答に繋がる異なる事件でのヒントがプレイヤーに蓄積されてゆき、パートを進める毎に真実に近づけるという手法を採用しているからである。
  • また、「ひぐらし」と「うみねこ」は共に8パート存在し前半4パートを出題編、後編4パートを解答編と解釈されることも多いが、8パートを通じてのパラレルワールドの世界であるため謎や設定、条件が全パートで混沌と存在し、ある1パートだけの出題編がそれに対応する1つの解答編だけで全てが明らかになることはほぼ無い。
  • 同様の事件でも解決方法がパラレルワールドであるため異なることが発生する。例えば「ひぐらし」の「祟殺し編」「皆殺し編」では、叔父から沙都子が日常的に虐待を受けていたのは共通である。しかし沙都子を助ける方法は「祟殺し編」では圭一が独断で秘密裏に叔父を殺し埋める「殺人」で、「皆殺し編」では圭一が両親にどうすればいいか相談し沙都子を救うために周囲の人間を団結させ役所にデモを起こすことにより救い出している。これを「ミステリー」とするならば「祟殺し編」では「殺人」が間違いであり、「皆殺し編」の「道義的な方法」が正解であるというシチュエーションで正否が決定する、ほぼ前例のない推理ということが出来る。
  • 「うみねこ」においては魔女と自称するベアトリーチェと探偵役の戦人が嵐の孤島で起こる連続殺人事件が「魔女が魔法でしか行えない」「人間でも行え、魔女は存在しない」を論点に話が進んでゆく。この話も「事件が全て人間に犯行可能でも、人間が悲惨な現実のみをそのまま受け入れ苦悩して生きてゆくのではなく、物理的に存在しない「希望、人を信じる、愛、恋、夢、人を勇気づける」等を持たなければ人間として生きて行けないという趣旨のシーンがあり、それらが魔法という表現で近似されている。その解釈でなら”魔法”やそれらを持つ人間を”魔女”と表現することも可能であり、現実の人間と空想の魔法は同時に存在するという解答に達し「ひぐらし」と同様通常のミステリーとかけ離れた、強いて言うなら「人間そのもののミステリー」という新しいジャンルを確立させたと言える。また全パートを通じて事件の全てが解決され、過ちなどが起こらなくなる世界が発生するため、単体の推理小説とは異なり最後に何も問題が起こっていない大団円とも呼べるハッピーエンドで締めくくることができる。

主な著作[編集]

ゲームシナリオ[編集]

ゲーム原案・監督[編集]

漫画原作[編集]

小説[編集]

脚本[編集]

イラスト[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名前の読みは公式製作日記2008/08/28、生年は講談社BOX刊「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編・上」掲載のプロフィールに、誕生日は宝島社刊「ひぐらしのなく頃に 名場面捜査ファイル100」96ページに記載。
  2. ^ a b ひぐらしのなかせ方1
  3. ^ ビジネス★ヒーローインタビュー(竜騎士07へのインタビュー) 2012年7月26日閲覧。
  4. ^ ガンガンパワード』2006年NO.1特別付録CD「スクウェア・エニックス MUSICパワード VOL.1」トラック15:漫画家特務捜査隊パワーダイン〜その1〜。

外部リンク[編集]