ひぐらしのなく頃に怪 現壊し編

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひぐらしのなく頃に怪 現壊し編
ジャンル サスペンス
漫画
原作・原案など 竜騎士07
作画 鬼頭えん
出版社 角川書店
掲載誌 コンプエース
レーベル カドカワコミックス・エース
発表期間 2006年12月26日 - 2007年12月21日
巻数 全1巻
話数 全3話
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

ひぐらしのなく頃に怪 現壊し編』(ひぐらしのなくころにかい うつつこわしへん)は、原作:竜騎士07、作画・ストーリー構成:鬼頭えん漫画角川書店刊『月刊コンプエース』Vol.10(2006年12月26日発売)より連載されたが休載が相次ぎ、2007年12月発売の単行本加筆分をもって完結した。ただし、殺人事件の犯人や正体不明の少女たちなど、本編中で出てきた謎はほとんど解明されないままであり、実質上の打ち切りによりストーリーは未完。

同誌で連載された『鬼曝し編』及び『月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス)連載の『宵越し編』(作画:みもり)に続く同人ゲームひぐらしのなく頃に』の3番目の外伝作品で、本編の第5話(解答編第1話)『目明し編』の前日談的なストーリー。

ストーリー[編集]

園崎本家の決定により、全寮制一貫教育の女子校・聖ルチーア学園に「幽閉」されていた園崎詩音。ある日、校内のプールで男性教師の変死体が発見され、第一発見者である詩音の同級生・香坂瑞穂が理事長室に呼び出されるが、瑞穂は事の詳細を語ろうとはしなかった。瑞穂が実の祖母に命を狙われ、難を逃れるために学園へ入学したという噂を聞いた詩音は、「フランス語の宿題」を口実に、誰に対しても心を開こうとしない瑞穂と接触を試みる。

登場人物[編集]

現壊し編の登場人物を参照。

単行本[編集]

  • 2007年12月21日発売 ISBN 978-4-04-713996-1
    • 本編(全3話、第3話ラストは単行本描き下ろし)以外に「鬼曝し編」連載終了後の番外編「裏返し編」とコンプエースの応募者全員サービスで刊行されたプレミアムブック収録の後日談「after」が掲載されている。

外部リンク[編集]