怪談と踊ろう、そしてあなたは階段で踊る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
怪談と踊ろう、そしてあなたは階段で踊る
ジャンル ミステリホラー
小説
著者 竜騎士07
イラスト ともひ
出版社 講談社
掲載誌 ファウスト Vol.6 SIDE-A・SIDE-B
レーベル 星海社FICTIONS
発売日 2012年3月16日
連載期間 2005年11月11日 - 12月23日
巻数 全1巻
話数 全2話
漫画
原作・原案など 竜騎士07
作画 野沢ビーム
出版社 講談社
掲載誌 月刊少年シリウス
レーベル シリウスKC
発売日 2007年9月21日
発表期間 2007年3月号 - 2007年10月号
巻数 全1巻
話数 全8話
テンプレート - ノート

怪談と踊ろう、そしてあなたは階段で踊る』(かいだんとおどろう、そしてあなたはかいだんでおどる)は、竜騎士07短編小説作品。講談社刊『ファウスト2005年Vol.6(冬号)SIDE-A及びSIDE-Bに掲載。長らく単独での単行本化にはならなかったが、2012年に講談社の関連企業・星海社の星海社FICTIONSより発売されることとなった。

同じ原作者が主宰する同人サークル07th Expansionの代表作『ひぐらしのなく頃に』と共通の世界観を有するが、作品の舞台となった年代は特定されていない。

同社の漫画雑誌月刊少年シリウス』で漫画化作品が連載された。

あらすじ[編集]

前半パート[編集]

舞台は、某県鹿骨市(ししぼねし)内のある中学校。

受験勉強に追われる日々を過ごす少年 友宏は、覇気のない今時の中学生。ある日、叔母の優花が仕事の都合で、友宏の隣部屋に住むことになる。親友の博之たちと、賽銭箱の開錠ミッションを達成し、新たなスリルとロマンを求めていた三人は、自分たちの手で「学校の怪談」を作り、人為的に「祟り」を起こそうと計画する。

教室の黒板に「骨」という字を書いて回ったり、精肉屋の骨をもらって教室内に置いたりするうちに、生徒たちの間にお骨サマの呪いの噂が蔓延していく。様々な追い風もあって、賽銭箱への賽銭も増え、それを着服するようになる。お骨サマは、生徒の間で浸透していき、生徒たちにより次々と新たな設定が加えられていく。

ある日、お骨サマの賽銭箱へ「5万円の賽銭」と共に、「田無美代子を呪ってください」という手紙が届く。博之と亨は数日間、田無に悪戯をするが、その後もクラスメイトにより集中攻撃され、陰湿なイジメにエスカレートする。しかし、田無への呪いは、衆人環視の中で行われたり、鍵のかかった自宅に入られたりと、クラスメイト達には実行不可能な状況であったことが判明する。

その後も、田無へのイジメがさらにエスカレートして、暴力と言えるほどになる。そんなある雨の日、立入禁止のプレハブ校舎の階段から田無が落下して、土に埋められたスコップにより意識不明の大怪我をしてしまう。ついに警察が介入し、事件としての捜査が始まるのであった。

後半パート[編集]

優花が、刑事としての捜査を開始する。事故現場のプレハブの階段は、校舎からは死角となっており、目撃者はいない。事情を聞くにも、田無は意識不明になっており、その他めぼしい証拠もない。仕方なく優花は、事件の始まりである「黒板落書事件」の犯人を探し出そうとする。

友宏たちも犯人を突き止めようと行動するなか、田無と仲の悪かった佐藤理恵が浮かび上がる。佐藤にアリバイを聞くが、「静かな図書館で、一人で新聞を読んでいた」と言う。しかし、友宏はある矛盾を挙げて、佐藤が図書館にいなかった事を指摘する。だが、佐藤は屋上にいて、階段から落下した田無を発見した、第一発見者であったことを告白する。そして、「カバン事件」の目撃者も佐藤であったことが判明するが、いずれもいないはずの誰かによる犯行だと言う。田無の自作自演を疑うが、田無のメリットが存在しない。

友宏が、優花と「呪い」について話している最中、田無の意識が回復して「犯人は佐藤」だと供述したとの知らせがくる。その後、優花は事件について語らず、佐藤は登校しなくなり、プレハブ校舎も屋上も立入禁止となる。誰もが「佐藤が逮捕された」と噂する中、人が変わったように物静かで、凄みを帯びた田無が復学する。田無は神聖視されるようになり、「お骨サマの呪い」は形を変え、田無の敵になった者に対して、実行されるようになる。

友宏は、優花に「お骨サマの呪い」を作ったのは自分だと白状し、事件の真相について聞くのだった。

登場人物[編集]

宮島 友宏(みやじま ともひろ)
主人公の少年。3年A組。際立った夢もなければ覇気もない、今時の中学生。
部活はやっておらず、博之・亨ともに帰宅部らしく、普段の下校時には彼らと狸神社で無駄話をしている。他人と比べて、いささか卑屈で臆病な性格をしているが、他人への優しさや正義感も持ち合わせている。
優花に似て、なかなかの推理力とハッタリを見せるが、優花に言わせれば「推理の方向は合っているが、あと一歩の踏み込みが足りない」らしい。
宮島 優花(みやじま ゆか)
友宏の叔母。鹿骨署の刑事。刑事としての推理力と直感は、なかなか鋭いものがあり、本作における探偵役もつとめる。
父の兄弟の一人であるが、年齢は友宏に近く、20代後半と思われる。一見、朗らかで優しいお姉さんであるが、豪快な性格であり、大酒飲みで怪力である。子供時代には、近所で評判の悪戯っ子だったらしく、数々の武勇伝がある。友宏の隣の部屋に住み込むこととなり、友宏の相談に乗ったりしている。
博之(ひろゆき)
友宏の同級生。
亨(とおる)
友宏の同級生。
田無 美代子(たなし みよこ)
3年B組に在籍する、細身で背が高く、性格のきつそうな雰囲気の少女。
ヒステリックな性格で、クラスの中で浮いているらしく、親しい友達もいない。頭が良くて早熟な所があり、さらに美人で大人ぶる所などが、女子に嫌われていたらしい。両親は共働きで、鍵っ子である。友宏たちの悪戯をきっかけにして、「お骨サマの呪い」の集中攻撃によりイジメを受ける。
佐藤 理恵(さとう りえ)
3年B組に在籍する少女。
美代子とは小学校時代には普通の仲だったが、中学校に入ってからは犬猿の仲らしい。美代子とタメをはれるだけあって、頭は切れるらしい。性格は勝気だがサバサバとしており、男子相手でもズバズバと発言できるタイプ。ルックスが良くて、男子からも人気がある。昼休みには一人になるため、教室外にいる事が多かったことから、田無事件の犯人と疑われることになる。

その他[編集]

ヒトの骨格
鹿骨市
本作で登場する某県鹿骨市は、『ひぐらしのなく頃に』の雛見沢村のある土地と、まったく同じ舞台とされている。ちなみに、雛見沢村のモデルとなった場所は、岐阜県大野郡白川村である。
お骨サマの呪い
友宏たちが暇つぶしのために作った「学校の怪談」。学校中の黒板に、「骨」という字が書かれたことから始まった。呪われた者は、机や鞄の中に骨を入れられてしまったり、不幸なことが起こるらしい。呪いの解除方法は、狸神社の賽銭箱に「お賽銭」をいれること。ただし、それなりの金額でないと駄目らしい。生徒たちにより、次々と新しい設定が作り出され、お骨サマのイラストなども作られた。
鷹野との同一性
登場人物の一人である田無美代子は、『ひぐらしのなく頃に』での鷹野三四の本名と同姓同名であり、性格・プロフィールも一致するが、田無が鷹野の中学生時代とすると、若干年齢があわない部分もある。

書誌情報[編集]

小説
漫画

外部リンク[編集]

「相馬の古内裏」(歌川国芳画)