にいバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
にいバスの車両 9978号車 日野・ポンチョ
停留所ポール(平林寺・西武バスと併設)

にいバスは、埼玉県新座市コミュニティバスである。東武バスウエスト新座営業事務所が運行を受託している。

概要[編集]

新座市では1995年に、市政25周年を記念して「新座市シャトルバス」(西武バス新座営業所に運行委託)の運行を開始し、運行開始当初から市民の足として長年親しまれてきたが、車両の排ガス規制への対応や財政面の問題により、2007年6月末をもって運行を終了した。

その後、高齢者など市民からコミュニティバス再開の要望が高まり、シャトルバスの運行終了から約2年3か月後の2009年10月1日、市内循環バスの運行を開始することとなった。

愛称は一般公募によって行われ、応募があった142点の中から選定し「にいバス」と決定。車両デザインについては、埼玉県立新座総合技術高等学校デザイン科の生徒が担当し、このうちの3人のイラストが採用された。

運行開始以降、内容についての要望を受け、その結果2010年11月1日から、起終点停留所を新座市役所から第一・第二老人福祉センターに変更するとともに、一部区間の変更や停留所の新設・廃止を実施した。また2013年9月2日(9月1日が運休日の日曜日であるため)から系統再編を実施している。

沿革[編集]

  • 2009年(平成21年)10月1日 - 運行開始。
  • 2010年(平成22年)11月1日 - 起終点停留所や一部区間の変更、停留所の新設・廃止を実施。
  • 2013年(平成25年)9月2日 - 運行内容を変更し、系統を北コース・西コース・東コースに再編。
  • 2016年(平成28年)7月 - 北コースにおいて北野地区への乗り入れ開始。

運行日[編集]

  • 日曜日と年末年始期間(12月29日 - 翌年1月3日の間)を除く毎日運行(月曜日 - 土曜日が休日となった場合も運行)。

運行経路・頻度[編集]

ここでは主要停留所のみ掲載する。全停留所の詳細については、新座市公式サイト「市内循環バス(にいバス)について」を参照。

2016年7月以降の経路[編集]

北コースのみ一部変更された。

北コース

  • 新座市役所 - 新座警察署前 - 新座駅南口 - 野火止中央 - 北野入口 - 北野中央 - 北野病院前 - 東寮前 - ( → 新座志木中央総合病院 → 志木駅南 → 東北通り →東寮前) - 新座団地郵便局 - 新座団地 - 新座団地郵便局 - 新座柳瀬高校入口 - 英橋 - 第二老人福祉センター - 英橋 - 新座駅北入口 - 新座駅南口 - 新座警察署前 - 新座市役所
    • 2013年のルートと比べて、野火止中央から東寮前の間が変更されている。
    • 運行経路は下記正順が左回り、逆順が右回りとなる。
    • 運転本数は両方向とも1日5本。
    • 左回りの第1便は新座団地郵便局始発(新座団地経由)、左回りの第3便は第二老人福祉センター止まり、右回りの第3便は第二老人福祉センター始発。左回りの第5便は新座団地止まり。右回り左回りともに、第1便は第二老人福祉センターと英橋を通らない。

2013年9月2日以降の経路[編集]

新座市役所を起点に、市内北東部を循環する北コース、南西部・西部を往復する西コース2系統、南東部を循環する東コースの3路線4系統が設定されている。循環路線はいずれも両方向循環である。

北コース

  • 新座市役所 - 新座警察署前 - 新座駅南口 - 野火止中央 - 立教前 - ( → 新座志木中央総合病院 → 志木駅南 → ) - 東寮前 - 新座団地郵便局 - 新座団地 - 新座団地郵便局 - 新座柳瀬高校入口 - 英橋 - 第二老人福祉センター - 英橋 - 新座駅北入口 - 新座駅南口 - 新座警察署前 - 新座市役所
    • 2010年の経路変更以降経由していた柳瀬川左岸の中野地区は経由しない。
    • 運行経路は下記正順が左回り、逆順が右回りとなる。
    • 運転本数は両方向とも1日5本。
    • 左回りの第1便は新座団地郵便局始発(新座団地経由)、左回りの第3便は第二老人福祉センター止まり、右回りの第3便は第二老人福祉センター始発。

西コース

  • 新座市役所 - 老人福祉センター - 清瀬駅入口往復 : 新座市役所 - 平林寺 - 新座中学校 - 総合運動公園 - (新座病院前 → 堀ノ内病院前 → 嵯峨山 → 老人福祉センター → 新座病院前 → 石神小学校) - 西堀 - 小山入口 - 新堀淵 - 清瀬駅入口
    • 旧南循環のうち、南西部の区間を再編した経路で、清瀬駅方面を往復経路にしたもの。
    • 運転本数は1日5往復運転。
    • 老人福祉センター経由区間は、両方向とも全便表記順で経由する。
    • 本多地区の経路が旧南循環と異なり、新座営業所[1]を経由しないものとなった。
  • 新座市役所 - 第二老人福祉センター往復 : 新座市役所 - 十文字女子大前 - 団地センター - 第二老人福祉センター
    • 旧北循環が経由していた、西部の菅沢・あたご地区を経由する往復経路。
    • 運転本数は1日5往復運転。
    • 団地センター - 第二老人福祉センター間で東京都清瀬市内を通過するが、この区間に停留所は設けられていない。

東コース

  • 新座市役所 - 平林寺 - 新座中学校 - 静風荘病院前 - 老人福祉センター - 堀ノ内病院前 - 栗原公民館前 - ひばりヶ丘駅入口 - 栗原公民館前 - 庚申塚前 - 池田小学校入口 - (栄三条通り東 → / ← 栄六条通り東) - 栄公民館前 - 新座市営墓園 - 新座高校 - 原ヶ谷戸 - 新座市役所
    • 旧南循環のうち、南東部の区間を再編した経路。
    • 運行経路は下記正順が左回り、逆順が右回り。
    • 運転本数は左回り4本、右回り5本。
    • 左回りの第2便・第3便は老人福祉センター始発、右回りの第3便・第4便は老人福祉センター終着となる。
    • 右回りの栄公民館前→栄六条通り東間は、経路の関係で東京都練馬区大泉学園町内を経由するが、同町内に停留所は設けられていない。
    • 「ひばりヶ丘駅入口」はにいバス専用停留所で、ひばりヶ丘駅北口側にある。両方向とも同一のバス停ポールを使用している。駅北口から西武バスの北口バスのりばの先にあり、同じ新座市栗原5丁目に存在するが、西武バスのりばの折返場には乗り入れない。なお、駅南口側(東京都西東京市谷戸町)にも西武バスの同名の停留所があるため注意[2]

2010年11月1日 - 2013年8月31日の経路[編集]

市内を南北各方向に循環する2経路が設定されていた。いずれの経路とも両方向循環である。運行経路は下記正順が左回り、逆順が右回りとなる。

北循環

  • 第二老人福祉センター - 十文字女子大前 - 新座市役所 - 新座警察署前 - 新座駅南口 - 野火止中央 - 立教前 - ( → 新座志木中央総合病院 → 志木駅南 → ) - 東寮前 - 新座団地郵便局 - 新座団地 - 新座団地郵便局 - 新座柳瀬高校入口 - ( 英橋 → / ← 大和田郵便局前) - 中野 - 跡見女子大 - 中野 - 第二老人福祉センター
    • 起終点が第二老人福祉センターに変更され、中野地区を経由するようになる。
    • 運転本数は両方向とも1日4本。右回りの最終便は新座市役所終着となる。
    • 志木駅付近の区間は、両方向とも同一方向で経由する。

南循環

  • 老人福祉センター - 新座病院前 - 堀ノ内病院前 - 栗原公民館前 - ひばりヶ丘駅入口 - 栗原公民館前 - 池田小学校入口 - (栄三条通り東 → / ← 栄六条通り東) - 栄公民館前 - 新座市営墓園 - 新座高校 - 原ヶ谷戸 - 新座市役所 - 平林寺 - 新座営業所[1] - 西堀 - 小山入口 - ( → 新堀淵 → 清瀬駅南 → ) - 小山入口 - 西堀 - 新座病院前 - 堀ノ内病院前 - 嵯峨山 - 老人福祉センター
    • 起終点が老人福祉センターに変更される。また停留所増設とともに、老人福祉センター周辺、栄地区、新堀地区での経路変更が実施され、栄地区にあった妙音沢入口停留所が廃止となる。
    • 運転本数は左回り3本、右回り4本に変更される。左回りの最終便は新座市役所終着、右回りの第1便は新座市役所始発となる。
    • 清瀬駅付近の区間は、両方向とも同一方向で経由する。
    • 右回りの栄公民館前 → 栄六条通り東間は、経路の関係で東京都練馬区大泉学園町内を経由するが、同町内に停留所は設けられていない。

運行開始当初の経路[編集]

運行経路は下記正順が左回り、逆順が右回りとなる。運転本数は両経路とも、左回りが1日4本、右回りが1日3本であった。

北循環

  • 新座市役所 - 新座警察署前 - 新座駅南口 - 野火止中央 - 立教前 - ( → 新座志木中央総合病院 → 志木駅南 → ) - 東寮前 - 新座団地郵便局 - 新座団地 - 新座団地郵便局 - 新座柳瀬高校入口 - 英橋 - 第二老人福祉センター - 十文字女子大前 - 新座市役所
    • 志木駅付近の区間は、両方向とも同一方向で経由する。

南循環

  • 新座市役所 - 平林寺 - 新座営業所[1] - 西堀 - 小山入口 - 清瀬駅南 - 小山入口 - 西堀 - 老人福祉センター - 栗原公民館前 - ひばりヶ丘駅入口 - 栗原公民館前 - 池田小学校入口 - 妙音沢入口 - 新座市営墓園 - 新座高校 - 原ヶ谷戸 - 新座市役所

運賃[編集]

  • 大人150円、小学生100円。未就学児は無料[3]
  • PASMOSuicaなど、交通系ICカードの利用が可能。バス共通カードの利用は運行開始当初から不可。
  • 新座市内在住の70歳以上の高齢者、各種障害者手帳を所持する障害者などに対し、市役所と出張所で2年間有効の無料乗車証を発行している。交付手数料が500円かかる。市外在住者への割引制度はなし[3]

車両[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 西武バス新座営業所(新座市本多)。運行委託先の東武バスウエスト新座営業事務所(新座市大和田)ではない(東武バスウエスト新座営業事務所の一般路線での停留所名は「新座車庫」)。
  2. ^ 乗換・時刻表検索 ひばりヶ丘駅入口 西武バス公式サイト
  3. ^ a b 市内循環バス(にいバス)について 新座市公式サイト

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

新座市公式サイト内