TEC-DC9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KG-99

TEC-DC9は、9x19mmパラベラム弾を使用するシンプル・ブローバック方式オープン・ボルト撃発のセミオート火器であり、アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(ATF)から拳銃として分類されている。射出成形された安価なポリマー製のフレームとプレス加工されたスチールパーツからなっている。一般に初期のセールス名であるTEC-9と呼ばれることが多い。

弾倉は10、20、32そして50発入りのものが使える。3種類のタイプがあり、TEC-DC9以外は別の名前で市場に出ていたが、これら三機種全てが一般にTEC-9と呼ばれている。

歴史[編集]

TEC-9は、もともとスウェーデンストックホルムにあるインターダイナミックAB社でMP-9という安価な軍用短機関銃として設計された。

インターダイナミックではこの製品をどこの軍ともセールスを取り付けることができずMP-9は作られることが無かった。あきらめきれないインターダイナミックは、アメリカで民間向けのセミオート拳銃としてこの銃の代替市場を見出そうとした。そしてGeorge Kelgrenの手によって、KG-9として再設計が施された。

元が短機関銃であることから、TEC-9のオリジナル、KG-9はセミオートにもかかわらずオープンボルトで発射するという特徴があり、それのために違法にフルオートに改造することが比較的簡単であった。そのため、TEC-9は一般からは犯罪ギャングの暴行(走行中の車から人を無差別に発砲するドライブバイシューティング)の代名詞という汚名を着せられることとなった。

事態を重く見たATF1982年にインターダイナミック(その後イントラテックと改称)にフルオートマチックへの改造が困難なクローズドボルトタイプの銃にTEC-9を作り変えるように命令した。

クローズドボルトタイプの銃はKG-99と呼ばれ、最初はTEC-9としてセールスされ、後にTEC-DC9という名称になった。この銃はフルオートに改造することが非常に困難であるとされているが、それでもギャングの間では高い人気を誇っている。米国の銃規制支持者はTEC-DC9が"通常の拳銃より少し大きく、精度信頼性ともに乏しい拳銃"であるにもかかわらず、この銃を規制するべきであると強く主張している。

1994年連邦攻撃武器規制法(The Assault Weapon Ban)はイントラテック社にTEC-DC9という名前を使うことを禁じた。その上で規制のためAB-10と呼ばれるTEC-9に特徴的な銃身の覆い(バレルシュラウド)を取り外し、銃口のネジを落とした新しいモデルを作らざるをえなくなった。数年後、イントラテックは廃業に追い込まれ、AB-10の生産もストップした。

その後[編集]

近年市場に出回らなくなり、数が限られているため、KG-9のシリーズ機種がガンコレクターの注目を集めている。一方で90年後半以降ギャングによる暴行が減り続けていることに関連し、ギャングはTEC-9より携行性に優れた小さな武器を求めるようになり、ギャングからの需要は減ってきている。かつてアメリカではTEC-9がわずか200米ドルという金額で売られていた。この武器コロンバイン高校銃乱射事件エリック・デヴィッド・ハリスディラン・ベネット・クレボルド・ブラッドレイによって使われた凶器のうちの一つであり、多数の死傷者を出すこととなった。

特徴[編集]

短機関銃の遺産なのかTEC-9の非常に粗末なサイトシステムがたたって、TEC-9の精度は良くなかったといわれている。フルメタルジャケット弾が使われない限り、信頼性も低い。銃口にはネジが切られており、サプレッサー、発射炎サプレッサーもしくは延長バレルの装着が可能であった。

TEC-9の遊戯銃[編集]

日本でTEC-9のオリジナルであるKG-9は、黎明期からのサバイバルゲーム愛好家にとって非常に印象深い銃である。マルゼンがモデルアップしたKG-9のエアコッキングガンは、ポンプアクション化が容易なために速射性が高く、小型で小回りが効くため、当時のサバイバルゲームでの主力ボルトアクションライフルであったタカトクトイスSS-9000に対抗しうる近距離用装備として、絶大な人気を博していた。マルゼン自体もKG-9に思い入れがあったのか、その後も時代の風潮から一歩遅れる形ではあったものの、セミオートガスガン、BV式ガスガン、ブローバックガスガンと、何度も内部の発射機構を変えてリリースされている。

登場する作品[編集]

関連項目[編集]