O-メチル化フラボノイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

O-メチル化フラボノイドO-メチルかフラボノイド、: O-methylated flavonoids)またはメトキシフラボノイド (methoxyflavonoids) は、ヒドロキシル基メチル化されたフラボノイドの総称である。O-メチル化はフラボノイドの溶解度に影響を与える。

酵素[編集]

O-メチル化フラボノイドの形成には多様性に富む特定のO-メチルトランスフェラーゼ (OMT) の存在が仄めかされる[1]。その酵素は4'位(ニチニチソウ[2])または3'位(イネ[3])の特定のヒドロキシル基のO-メチル化を仲介する。O-メチル化の位置はオルト、メタ、パラ位のそれぞれで可能で、3-OH位のメチル化はO-メチルトランスフェラーゼによる。カラマンシー (Citrus mitis) はそれらすべての活性が見られる[4]

植物酵素[編集]

動物酵素[編集]

O-メチル化アントシアニジン[5][編集]

O-メチル化フラバノール[編集]

O-メチル化フラバノン[編集]

O-メチル化フラバノノール[編集]

O-メチル化フラボノール[編集]

ケンフェロールより

ミリセチンより

クェルセチンより

その他

O-メチル化フラボン[編集]

O-メチル化イソフラボン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kim DH, Kim BG, Lee Y, Ryu JY, Lim Y, Hur HG, Ahn JH (2005). “Regiospecific methylation of naringenin to ponciretin by soybean O-methyltransferase expressed in Escherichia coli”. J. Biotechnol. 119 (2): 155-162. doi:10.1016/j.jbiotec.2005.04.004. PMID 15961179. 
  2. ^ Schröder G, Wehinger E, Lukacin R, Wellmann F, Seefelder W, Schwab W, Schröder J (2004). “Flavonoid methylation: a novel 4'-O-methyltransferase from Catharanthus roseus, and evidence that partially methylated flavanones are substrates of four different flavonoid dioxygenases”. Phytochemistry 65 (8): 1085-1094. doi:10.1016/j.phytochem.2004.02.010. PMID 15110688. 
  3. ^ Kim BG, Lee Y, Hur HG, Lim Y, Ahn JH (2006). “Flavonoid 3'-O-methyltransferase from rice: cDNA cloning, characterization and functional expression”. Phytochemistry 67 (4): 387-394. doi:10.1016/j.phytochem.2005.11.022. PMID 16412485. 
  4. ^ Brunet G, Ibrahim RK (1980). “O-methylation of flavonoids by cell-free extracts of calamondin orange”. Phytochemistry 19 (5): 741-746. doi:10.1016/0031-9422(80)85102-8. 
  5. ^ Harborne JB (1967). “Comparative biochemistry of the flavonoids-IV.: Correlations between chemistry, pollen morphology and systematics in the family plumbaginaceae”. Phytochemistry 6 (10): 1415-1428. doi:10.1016/S0031-9422(00)82884-8. 

関連項目[編集]