フラバノノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フラバノノール骨格

フラバノノール()は、3-ヒドロキシ-2,3-ジヒドロ-2-フェニルクロメン-4-オン(IUPAC名)の骨格を持つフラボノイドである。

次のような化合物を含む。

代謝[編集]

配糖体[編集]

Gordonia chrysandraの根で配糖体クリサンドロシドA及びB)がみられる[1]。ジヒドロフラボノールC-グルコシドのクセラクチノールは、Paepalanthus bromelioidesの葉から単離される[2]

ドブクリョウ地下茎からは、アスチルビンイソアスチルビンネオイソアスチルビン、(2R, 3R)-タキシフォリン-3'-O-β-D-ピラノグルコシド等のジヒドロフラボノールの配糖体が単離される[3]

出典[編集]

  1. ^ Kun Wanga; Jing Zhi Yanga; Li Zuoa; Dong Ming Zhang (January 2008). “Two new flavanonol glycosides from Gordonia chrysandra”. Chinese Chemical Letters 19 (1): 61–4. doi:10.1016/j.cclet.2007.10.033. 
  2. ^ Anne Lígia Dokkedal; Francisco Lavarda; Lourdes Campaner dos Santos; Wagner Vilegas (March/April 2007). “Xeractinol – a new flavanonol C-glucoside from Paepalanthus argenteus var. argenteus (Bongard) Hensold (Eriocaulaceae)”. J. Braz. Chem. Soc. 18 (2). doi:10.1590/S0103-50532007000200029. http://www.scielo.br/scielo.php?pid=S0103-50532007000200029&script=sci_arttext. 
  3. ^ Yuan JZ, Dou DQ, Chen YJ, et al. (September 2004). “[Studies on dihydroflavonol glycosides from rhizome of Smilax glabra]” (Chinese). Zhongguo Zhong Yao Za Zhi 29 (9): 867–70. PMID 15575206.