JCウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JCウイルス
分類(ウイルス)
: 第1群(2本鎖DNA)
: ポリオーマウイルス科
Polyomaviridae
: ポリオーマウイルス属
Polyomavirus
: JC ウイルス JC Virus

JCウイルス(JCV)とは、ポリオーマウイルス科ポリオーマウイルス属に分類されるエンベロープを持たないDNAウイルスである。

概要[編集]

1971年、Padgettらによって進行性多巣性白質脳症患者のから分離された[1][2]。最初に分離された患者のイニシャルから命名されている。健常人の70%以上にJCVに対する抗体が認められることからほとんどの人が幼少期に無症候性に感染すると考えられている。感染は経口ないし、経気道によって起こり最初のウイルス複製は扁桃で起こるとされている。その後血液、おそらくBリンパ球を介して腎臓脾臓骨髄などに広がりそこで潜伏感染をしている。腎臓で潜伏感染を示したウイルスは尿中から分離され原型(archetype)といわれる。進行性多巣性白質脳症(PML)症例の中枢神経から分離されるウイルスは多様に変化した調節領域を持っているが知られている。尿中から分離される原型調節領域が体内で再編成され作りだされたものと考えられているが、調節領域の再編成とPMLの発症との関係は原因なのか結果なのかは不明である。

疾患・薬物との関連[編集]

近年、様々な免疫抑制剤により難治性の疾患が治療をされるようになった。しかし免疫不全状態でJCウイルスの増殖がはじまり、PMLを認めることがある。プログラフネオーラルレミケードリツキサンなどの投与に際しては十分な注意を要する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Padgett BL, Walker DL et al. (1971). “Cultivation of papova-like virus from human brain with progressive multifocal leucoencephalopathy.”. Lancet 19 (1): p.p.1257-60. PMID 4104715. 
  2. ^ 上田順子、岩田隆子 ほか「In situ hybridization 法による尿中 BK ウイルス、JC ウイルス感染細胞の検出とその経過観察」、『日本臨床細胞学会雑誌』第35巻第6号、1996年、 p.p.524-530、 ISSN 03871193

関連事項[編集]