BKウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BKウイルス
分類(ウイルス)
: 第1群(2本鎖DNA)
: ポリオーマウイルス科
Polyomaviridae
: ポリオーマウイルス属
Polyomavirus
: BK ウイルス BK Virus

BKウイルス(BKV)は、ポリオーマウイルス科ポリオーマウイルス属に分類されるDNAウイルスである。

概要[編集]

1971年尿管狭窄を起こした腎移植の患者の尿から分離された[1][2]。経口感染であり95%の人が10歳までに自然感染をし、感染後軽い上気道炎を示すのみであり目立った症状は示さないが、ウイルスは尿細管上皮に潜伏感染し、腎移植、骨髄移植といった免疫抑制下で再活性化され、日和見感染を起こす。骨髄移植の場合は出血性膀胱炎を認めることは多いが腎機能障害を示す例は少ない。一方で腎移植では尿管狭窄、腎炎など重篤な臓器障害を起こす場合が多い。これは免疫抑制剤の使用期間に関係すると考えられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Gardner SD, Field AM et al. (1971). “New human papovavirus (B.K.) isolated from urine after renal transplantation.”. Lancet 19 (1): p.p.1253-1257. PMID 4104714. 
  2. ^ 上田順子、岩田隆子 ほか「In situ hybridization 法による尿中 BK ウイルス、JC ウイルス感染細胞の検出とその経過観察」、『日本臨床細胞学会雑誌』第35巻第6号、1996年、 p.p.524-530、 ISSN 03871193