Computer Modern

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Computer Modern
Computer modern sample text.svg
書体 セリフ
分類 モダン・フェイス
開発者 ドナルド・クヌース
Computer Modern sample text
サンプル

Computer Modernドナルド・クヌースが開発した、TeX でデフォルトとして用いられる書体である。オリジナルの最新版は1992年以降出ていないが、同系列のフォントである CM-Super (Computer Modern-super) が2002年にリリースされており、また、ラテン文字ギリシャ文字キリル文字をサポートする CM-LGC が2005年にリリースされており、どちらも TeX のディストリビューションである TeX Live に収録されている。

Computer Modern の書体については完全なソースコードを含んだ詳細が、Computers and Typesetting シリーズの volume E、Computer Modern Typefaces に書かれている。

名前の通り、Computer Modern は垂直な太線と細線のコントラストがはっきりしたモダン・フェイスとなっている。具体的にいえば、Computer Modern はモノタイプ社の Modern 8a に基づいており、どちらもエックスハイトがアセンダーやディセンダーより大きくなっている。

しかし、このフォントでいちばん特徴的なことは、完全に METAFONT 上でデザインされたことである。Computer Modern のソースファイルには62個のパラメータがあり、各部の幅や高さ、セリフの有無や古書体の数字にするかどうか、"i" の上につくような点が丸か四角かなど、フォントのいろいろな部分を制御できる。METAFONT で作られた書体はほかにもあるが、Computer Modern は圧倒的に広く使われている。

プリンタ技術の進歩により、METAFONT のようにあらかじめフォントをラスタライズする必要がなくなり、むしろ、アウトラインフォントが必要になってきたため、オリジナルの METAFONT 上の実装ではなく、アメリカ数学会や Latin Modern 実装のType 1フォントによる Computer Modern を使う人が増えている。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • Donald E. Knuth, Computers and Typesetting Volume E: The Computer Modern Fonts, Addison-Wesley, Reading, Mass. 1986 Hardcover: ISBN 0201134462, Softcover: ISBN 0201606607