フリーフォント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリーフォントとは、利用許諾契約またはライセンス無償使用を許可するフォント(とりわけデジタル・フォント)である。これらは概ねフリーウェアであり、プロプライエタリなフォント、または販売や商用利用を禁ずるものも含む。フォントの利用条件がGPLなどのフリーソフトウェアライセンスもしくはオープンソースライセンスの場合、「フリーソフトウェア・フォント」(: Free software typefaces, フリーソフトウェア書体)もしくは「オープンソース・フォント」と呼び、まとめてオープンフォント(Open Fonts)と呼ぶこともある。ただし通常「オープンフォント」といえば「OpenTypeフォント」を指す場合が多い。また「フリーソフトウェア・フォント」のみを指してフリーフォント("Free Font")と呼ぶ場合もある(英語圏ではこちらのケースが多い)。この場合は「(商用利用や改変、頒布の)自由な利用を許可するフォント」の意味である[1]。またFLOSSとの類推で、"libre font"(: font libre, 「自由フォント」)や"libre typeface"(自由書体)という語が使われる場合もある[2]

フォントは、スプライン曲線ベジェ曲線)の頂点(制御点)情報並びにグラフ情報のデータ集合であるグリフや、フォントヒンティング・プログラムなどを内包するバイナリである[3]。フリーフォントにはそのソースコードに当たる情報(たとえばグリフ・データなど)が公開されない場合もある。しかしながらフォントのライセンスがオープンソースライセンスやフリーソフトウェアライセンスの場合、ソースコードが公開されている。ライセンスによっては、受領者から要求された場合、ライセンシーはコードを公開しなければならない。一例を挙げると、Linux Libertineというフォントはウィキペディアのロゴに採用されているフォントであり、GPLとOFLデュアルライセンスで使用が許可されている。これはライセンシーにGPLでの利用も許諾していることに相当するため、フォントの改変や二次的著作物の作成を可能な状態にしなければならず、事実、同フォントのプロジェクトでは、フォントのソースコードに当たる「スプライン・フォント・データベース」(Spline Font Database, SFDファイル[4])を公衆に公開している[5][注釈 1]。その他さざなみフォント花園フォントUbuntu-Titleではソースコードにあたるデータが公開されている。

日本語のフォントは作成のために多くの知識が必要となる。また、その字種が多いために作成するのに時間や費用が多くかかる。特にフリーフォントの場合、昨今の商用フォントと違い全文字を手作業で作る場合が多いため、JIS X 0208JIS X 0212JIS X 0213をすべて網羅するフォントは数が少ない。

フリーフォントの種類[編集]

以下のようなフリーフォントが作られている。

既存フォントの代替フォント

ポケットコンピュータや商用OSなどの標準のフォントが見難い為に代替のビットマップフォントが作られた。美咲フォント恵梨沙フォントの代替)や小夏フォントHaruフォントの代替)など。のちにアウトラインフォント化されたものもある。

旧Mac系

足りない文字はOsakaから補完されることを前提としている。へた字フォントやダサ字フォントなど手書き風フォントが多く、全てが丸漢ファイル形式のビットマップフォントであった。のちにアウトラインフォント化されたものもある。

Unix・Linux系

UnixやLinuxのフォントの為に開発されている。初期はXやTeX用のBDF形式のビットマップフォントが開発されたが、最近はデスクトップで使うためのアウトラインフォントが開発されている。古くはK14に始まり、東風フォントさざなみフォントVLゴシックなどがある。多くがオープンソースライセンスを採用している。

研究系

研究のために開発されている。グリフの合成や自動生成、多くの文字への対応などを目指す。和田研フォントGT書体花園フォントなどがある。

AA用フォント

初期はWindows以外で2chを見るために開発されたが、後に綺麗なフォントで2chを見たいという理由も加わった。モナーフォントIPAモナーフォントなど。

模倣・再現フォント

特定の用途で用いられているが、フォントデータとして存在しない書体を再現したもの。趣味用途に用いられることが多い。GD-高速道路ゴシックJA国鉄方向幕書体など。

著作権の無いフォント(パブリックドメイン・フォント)

著作権の切れたフォント、もしくは著作権の発生しないフォント。jiskan16やGL-Tsukiji-*あらのアンチックなど。

合成フォント

複数のフォントをFontForgeなどで調整・合成したフォント。英数やカナを好みのものに入れ替えたり、足りないグリフを他のフォントで補うために行われている。UmePlusSystemaKoruriなど。

趣味など

フォントを作成するデザイナーが一部のデザインフォントをフリーで公開しているものなど。

また、既存のビットマップフォントをpotraceなどでトレースし、アウトラインフォント化されることがある。

歴史[編集]

フリーフォント一覧[編集]

日本語[編集]

明朝体
  • IPA明朝(IPA明朝はJIS X 0213を網羅、IPAmj明朝は異体字セレクタのうち汎用電子コレクションに対応)
  • IPAモナー明朝(JIS X 0208のJIS90字体に対応)
  • XANO明朝
  • 和田研細明朝体
  • さざなみ明朝
  • 花園明朝(漢字のみ。UnicodeのURO/互換文字(JIS第一水準-第四水準・補助漢字を含む)及びCJK統合漢字拡張漢字A-D対応、異体字セレクタのうちAdobe-Japan1コレクションを網羅)
  • 明朝
  • 戸越明朝
  • 東雲明朝(12/14/16pxビットマップフォント)
  • Kappa 20dot Fonts(20pxビットマップフォント)
  • 美咲明朝(8pxビットマップフォント)
  • FS明朝
  • K14(14pxビットマップフォント)
  • K14-2000(14pxビットマップフォント)
  • K14-2004(14pxビットマップフォント)
  • K12-2000(12pxビットマップフォント)
  • Ayu 18ドット明朝(18pxビットマップフォント)
  • ナガみん10(10pxビットマップフォント)
  • 出水明朝(16pxビットマップフォント)
  • 出島明朝
  • GL-Tsukiji-Shogo(ひらがな・カタカナのみ)
  • GL-Tsukiji-2go(ひらがな・カタカナのみ)
  • GL-Tsukiji-3go(ひらがな・カタカナのみ)
  • GL-Tsukiji-4go(ひらがな・カタカナのみ)
  • GL-Tsukiji-5go(ひらがな・カタカナのみ)
  • GT書体(JIS X 0208のJIS90字体に対応)
  • Tフォント(JIS X 0208のJIS90字体に対応)
  • 築竹假名
  • 蕨12(12pxビットマップフォント)
  • 道玄坂16(16pxビットマップフォント)
  • 道玄坂12(12pxビットマップフォント)
  • 神楽坂16(16pxビットマップフォント)
  • 神楽坂12(12pxビットマップフォント)
  • 日比谷24(24pxビットマップフォント)
  • 日比谷32(32pxビットマップフォント)
  • 40dot漢字font(40pxビットマップフォント)
  • 48dot漢字font(48pxビットマップフォント)
  • 新 JIS ドラフトフォント(14/16pxビットマップフォント)
  • みきフォント Mincho(10/12/14/16/18/20/24/28pxビットマップフォント)
  • さわらび明朝
  • はんなり明朝(OpenTypeフォント)
ゴシック体
  • IPAゴシック(JIS X 0213を網羅)
  • IPAモナーゴシック(JIS X 0208のJIS90字体に対応)
  • Droid Sans Japanese、Droid Sans Fallback
  • 和田研中角ゴシック体
  • M+ OUTLINE FONTS
  • M+ BITMAP FONTS(10/12pxビットマップフォント)
  • さざなみゴシック
  • VLゴシック(JIS X 0208のJIS90字体に対応、JIS X 0212にも対応)
  • ゴシック
  • 戸越ゴシック
  • 東雲ゴシック(12/14/16pxビットマップフォント)
  • モナーフォント(12pxビットマップフォント)
  • 美咲ゴシック(8pxビットマップフォント)
  • FSゴシック
  • Tフォント(JIS X 0208のJIS90字体に対応)
  • Ayu 18ドットゴシック(18pxビットマップフォント)
  • Ayu 20ドットゴシック]](20pxビットマップフォント)
  • ナガ10(10pxビットマップフォント)
  • 出水ゴシック(16pxビットマップフォント)
  • さわらびゴシック
  • jiskan16(16pxビットマップフォント)
  • jiskan16-1978(16pxビットマップフォント)
  • jiskan16-1983(16pxビットマップフォント)
  • jiskan16-1990(16pxビットマップフォント)
  • jiskan16-1997(16pxビットマップフォント)
  • jiskan16-2000(16pxビットマップフォント)
  • jiskano16-1997(16pxビットマップフォント)
  • jisksp16-1990(16pxビットマップフォント)
  • jiskan24(24pxビットマップフォント)
  • jiskan24-2000(24pxビットマップフォント)
  • jiskan24-2004(24pxビットマップフォント)
  • jisksp40(40pxビットマップフォント)
  • Habian2000(16pxビットマップフォント)
  • 要町フォント(12pxビットマップフォント)
  • 要町-改(12pxビットマップフォント)
  • ほげほげゴシックフォント
  • 小夏フォント
  • 国鉄方向幕書体
  • GD-高速道路ゴシックJA
  • 小伝馬町16(柔らかいカタカナ版/幾何学的カタカナ版。16pxビットマップフォント)
  • 小伝馬町12(柔らかいカタカナ版/幾何学的カタカナ版/小かな。12pxビットマップフォント)
  • milkjf(16pxビットマップフォント)
  • 川崎font(32pxビットマップフォント)
  • みきフォント Gothic(10/12/14/16/18/20/24/28pxビットマップフォント)
  • モトヤLシーダ3 等幅
  • やさしさゴシック
  • フロップデザインフォント
  • Koruri
丸ゴシック体
丸文字
教科書体
隷書体
手書き風
ペン字
  • Y.OzFont(JIS X 0213に対応、JIS90とJIS2004の両方の字体に対応)
毛筆フォント
  • 青柳衡山フォント
  • Y.OzFont(ちょっとくずした毛筆版/くずしていない毛筆版/ちょっとくずした毛筆アンチックかな版等)
  • みきゆフォント 毛筆体(ひらがな、数字、記号のみ)
  • Tフォント(JIS X 0208のJIS90字体に対応、楷書体
アンチック体
ファンテール形
  • 兜町16(16pxビットマップフォント)
映画の字幕風
その他

漢字全般[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ フォントのライセンスがGPLの場合、更に注意すべきことがある。GPLな「フォントの埋め込み」(Embedding) を行った場合そのテキストまでもGPLで許諾しなければならない(Font Licensing)。これを法的に回避するためには明示的にGPLの例外条項を追加しなければならない。"Linux Libertine"フォントもこのことを明示している(フォントのダウンロードページの"I know the GPL but what’s the use of the Font-Exception?"の記述を参照)。記事"GPLフォント例外"も参照せよ。

出典[編集]

  1. ^ Free Font Manifesto”. 2011年10月24日閲覧。 “[...] A free font must be freely given by its maker. And to be truly free, it should be available to everyone, [...]. Like open source software, the freedom of the fonts shown on this page is made explicit through their licensing, which allows other people to not only use the fonts but to modify them (granted that they change the name of the typeface if they alter its design).”
  2. ^ Licensing FAQ - Ubuntu Font Family”. font.ubuntu.com. 2011年10月24日閲覧。 “[...] The public discussion must now involve everyone in the (comparatively new) area of the libre/open font community; including font users, software freedom advocates, open source supporters and existing libre font developers.[...]”
  3. ^ FontForge - 初歩的な概念: フォント、スプライン、線、点、パスと em ユニット”. fontforge.sourceforge.net. 2011年10月24日閲覧。
  4. ^ FontForge - スプラインフォントデータベース”. fontforge.sourceforge.net. 2011年10月24日閲覧。
  5. ^ Files & License - Libertine Open Fonts Projekt”. www.linuxlibertine.org. 2011年10月24日閲覧。 “„SRC“ in the file namethis package contains the source files of Libertine and Biolinum in SFD format.”
  6. ^ Electronic Journal 光ファイバーの接続料の現状の課題(EJ第2030号)
  7. ^ a b Wadalab Font
  8. ^ この年に公開されたのはjiskan16-2000、HabianKandata和田研細丸ゴシック2000などである
  9. ^ Efont-devel 和田研フォントキットの Common Lisp 移植版を公開しました
  10. ^ エンターブレイン、定番RPG制作ツールの最新版「RPGツクールVX」体験版を公開

関連項目[編集]

外部リンク[編集]