花園フォント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
花園フォント
作者 上地宏一
初版 2007年6月29日(7年前) (2007-06-29
最新版 2014年10月12日版 / 2014年10月12日(12日前) (2014-10-12
対応言語 日本語
サポート状況 活発
種別 フォント
ライセンス 花園フォントライセンス
SIL OFL(デュアルライセンス)
公式サイト http://fonts.jp/hanazono/
テンプレートを表示

花園フォント(はなぞのフォント)とはGlyphWiki[1]で開発されているオープンソースの漢字フォントである。漢字のグリフが中心であり、ひらがな・カタカナは2010年2月22日版までは含まれなかったが、2010年7月18日版以降には含まれている。 現在は明朝体しかないが、ゴシック体も計画されている。

生成方法[編集]

GlyphWikiでグリフデータを手動・半自動で作成し、変換エンジンのKAGE/engineでグリフデータを明朝体のベクトルデータに変換、FontForgeでベクトルデータを束ねヒンティングなどを行いフォントを生成している[2]

GlyphWikiのグリフデータはWiki上で開発されている。パブリックドメインに近いライセンスで使うことができ、ダンプも公開されている[3]

GlyphWiki Drawfont Tool

変換エンジンのKAGE/engineはJavaScriptで書かれている。GPLv3で公開されており[4]、y-iijimaにより丸ゴシックを生成する派生試作変換エンジンも作られた[5]。また、GPLv3で公開されているGlyphWiki Drawfont Toolにおいて、Pythonで書かれた別の変換エンジン実装(モルモット明朝)も作られている。

mashabowにより花園明朝のOTF版である花園明朝OTのベータ版が公開されている[6]

歴史[編集]

  • 2007年6月29日 花園明朝 2007年6月29日版リリース
  • 2008年10月12日 花園明朝 2008年10月12日版リリース
  • 2008年12月7日 丑牛明朝 平成己丑リリース
  • 2008年12月30日 花園明朝 2008年12月30日版及び花園明朝83リリース
  • 2009年3月17日 花園明朝及び花園明朝83 2009年3月17日版リリース
  • 2009年5月1日 花園明朝 2009年5月1日版リリース
  • 2009年5月6日 花園明朝 2009年5月6日版リリース
  • 2009年9月8日 花園明朝 2009年9月9日版リリース
  • 2009年10月3日 花園明朝 2009年10月03日版リリース
  • 2009年12月1日 花園明朝 2009年12月01日版リリース CJK統合漢字拡張Aに完全対応
  • 2010年1月1日 寅虎明朝 平成庚寅リリース
  • 2010年2月22日 花園明朝 2010年2月22日版リリース IVDに完全対応
  • 2010年7月18日 花園明朝 2010年7月18日版リリース
  • 2010年10月13日 花園明朝 2010年10月13日版リリース CJK統合漢字拡張Dに完全対応、ライセンスを独自ライセンスとSIL Open Font Licenseデュアルライセンスに変更
  • 2011年5月16日 花園明朝 2011年5月16日版リリース CJK統合漢字に完全対応、フォントファイルをABに分割(TrueTypeフォントの仕様上、1ファイルに収録できるグリフ数に65535までの制限があるため。)
  • 2012年2月2日 花園明朝 2012年2月2日版リリース 汎用電子IVDを完全収録、Unicode 6.1の追加漢字3字に対応
  • 2012年4月21日 花園明朝 2012年4月21日版リリース 2012年3月2日版IVDを完全収録
  • 2013年2月22日 花園明朝 2013年2月22日版リリース 非漢字を追加
  • 2013年12月8日 花園明朝 2013年12月8日版リリース
  • 2014年10月12日 花園明朝 2014年10月12日版リリース CJK統合漢字拡張Eに完全対応

関連項目[編集]

出典[編集]