VLゴシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
VLゴシック
開発元 VLゴシックフォントファミリプロジェクト
初版 2006年
最新版 20140801 / 2014年08月1日(17日前) (2014-08-01
対応言語 日本語
サポート状況 活発
種別 フォント
ライセンス VLゴシックフォントライセンス
公式サイト VLゴシックフォントファミリ
テンプレートを表示

VLゴシック(ぶいえるごしっく)とは、Project Vineの鈴木大輔を中心に開発されている、M+ OUTLINE FONTSさざなみゴシックとの合成フォントである。OpenTypeTrueTypeベース)となっており、一部の文字はM+ OUTLINE FONTS の文字部品を元に作字されている。文字集合はJIS X 0208準拠のためJIS90の字体を取り扱うことが可能なほか、JIS X 0212を完全収録しており、JISコードに存在しない文字も一部収録されている。JIS X 0213への対応は、字形への切り替えをIVSおよびOpenType Feature Tagでサポートする[1]

開発元であるVine Linuxで標準フォントとして使用されている他、一時期ライセンス等の問題でIPA系フォントが採用できなくなったUbuntuでも標準フォントとして採用されていたこともある。

種類[編集]

括弧内は英語環境での表記。

  • VL Pゴシック (VL PGothic) - 可変幅フォント
  • VL ゴシック (VL Gothic) - 固定幅フォント

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]