BioShock Infinite

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BioShock Infinite
ジャンル FPS
アクションRPG
対応機種 アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗Xbox 360
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗プレイステーション3
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗PC (Windows)
日本の旗Xbox 360
日本の旗プレイステーション3
開発元 Irrational Games
発売元 アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗2K Games
日本の旗Take-Two Interactive Japan[1]
人数 1人
メディア DVD(PS3版はBD-ROM
発売日 アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗2013年3月26日[2]
日本の旗2013年4月25日[3]
対象年齢 ESRBM(17歳以上)
PEGI: 18+
CEROD(17才以上対象)[3]
エンジン Unreal Engine 3
テンプレートを表示

BioShock Infinite(バイオショック インフィニット)はアメリカのゲーム開発会社、Irrational Games(イラショナル・ゲームズ)によって開発中のファーストパーソンシューティングゲーム形式のアクションロールプレイングゲーム

前作、及び前々作の海底都市ラプチャーに対し、今作の舞台は空に浮かぶ都市コロンビア。時代も60年代から産業革命全盛期の1912年へと移り、時代設定変更と併せてスチームパンク要素も取り入れられている。また、この時代にありがちな資本家と労働者の対立という社会背景も、今作の重要なテーマとなっている。その他、以前のシリーズ作品との大きな違いは、「主人公が喋る」ことと「連れ歩く相棒がいる」ことである。[4]

登場人物[編集]

ブッカー・デュイット (Booker DeWitt)
英語版声優:トロイ・ベイカー / 日本語版声優:藤原啓治[5]
プレイヤーが操作する本作の主人公。アメリカ陸軍第7騎兵連隊の退役軍人であり元ピンカートン探偵社所属探偵。酒とギャンブルに溺れ多額の借金を抱えており、”返済の最後のチャンス”との触れ込みで舞い込んだエリザベス連行依頼を引き受け、コロンビアを訪れる。ウーンデッド・ニーの虐殺において先住民の頭皮を剥いで回るなどの数々の凶行を行った、心の内に強い残虐性を秘めた人物でもある。
エリザベス (Elizabeth)
英語版声優:コートニー・ドレイパー / 日本語版声優:沢城みゆき[5]
本作のヒロイン。幼少の頃からコロンビアに幽閉されている少女[6] 。「ティア」(Tear、ここでは涙ではなく「裂け目」の意)と呼ばれる並行世界へ通じる裂け目を開く力を持つ。
ザッカリー・ヘイル・カムストック (Zachary Hale Comstock)
英語版声優:キフ・ヴァンデンホイベル / 日本語版声優:菅生隆之
市民から預言者と称される、アメリカ例外主義を過激な行為で実践するコロンビアの指導者。その政治的姿勢が認められないアメリカ本国から独立した立場を採るべく、どこからか手にした時代を遥かに超越した科学技術を用い、自身の思想の結晶とすべく空中浮遊都市コロンビアを建設。市街中には宗教的な域に達した思想テキストを、様々な形態のプロパガンダとして散りばめている。
カムストック夫人
英語版声優:ローラ・ベイリー
カムストックの妻で、エリザベスの継母。
ソングバード (Songbird)
腕を持つ巨大な怪鳥型の機械兵(あるいはサイボーグ)。コロンビア中央の塔に幽閉されていたエリザベスの監視役。塔の中で育ったエリザベスにとっては、置かれた環境への疑問を覚える前には唯一の話し相手であり、束縛する力の権化として忌み嫌われている現在においても、彼女の危機に馳せ参じ敵を無慈悲に破壊する守護者的な振る舞いを見せる。当然、彼女を連れ去ろうとするブッカーは仇敵と看做される。
ロザリンド・ルーテス (Rosalind Lutece)
英語版声優:ジェニファー・ヘイル
量子力学を研究する物理学者の女性。カムストックの資金援助によりコロンビアを浮遊させる為の装置やティアの研究を行っていた。劇中ではブッカーの行く先々に双子の兄ロバートと共に現れ、その度に遠回しな助言を与える。
ロバート・ルーテス (Robert Lutece)
英語版声優:オリバー・ベイカー
ロザリンドの双子の兄。彼も物理学者である。二人のルーテスは英語版においてはイギリス英語で喋っており、日本版でも他の登場人物とやや違った発音で喋る。
デイジー・フィッツロイ (Daisy Fitzroy)
英語版声優:キンバリー・ブルックス /日本語版声優:朴ロ美[7]
反体制武装勢力「ヴォックス・ポピュライ」の首魁である黒人女性。元はカムストックの私邸で働く掃除婦だった。ザッカリーによりカムストック夫人殺害の濡れ衣を着せられた事をきっかけにヴォックス・ポピュライを組織、以降はコロンビアにおいて差別を受けている黒人アイルランド人・先住民などを煽動し、体制転覆を画策するようになる。
ジェレミア・フィンク (Jeremiah Fink)
英語版声優: ビル・ロブリー
自動販売機やビガーや機械仕掛けの馬などの様々な先進技術を駆使した製品を開発・販売する「フィンク・インダストリー」の社長[8]。カムストックの後援を受けている代わりに、様々な汚れ仕事を引き受けている。過去作に登場した海底都市「ラプチャー」の技術をティアを通じて垣間見ており、それがソングバードやビガーの開発に繋がった事が劇中で示唆されている[8]
コーネリアス・スレート
英語版声優: /日本語版声優:飛田展男[7]
かつてはウーンデッド・ニーの虐殺でブッカーとともに虐殺に参加した後、義和団の乱北京の制圧に参加した。コロンビアについた後、カムストックに陶酔したが、カムストックが二人の戦績を自分のものとして主張していることに失望し、反乱を起こすことにした[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『バイオショック インフィニット』発売日について”. Take-Two Interactive Japan (2012-05-09日). 2013年1月9日閲覧。
  2. ^ バイオショック インフィニット を心待ちにしているファンの皆様へ”. Irrational Games (2012年12月7日). 2013年1月29日閲覧。
  3. ^ a b 「バイオショック インフィニット」の発売日が4月25日に。オリジナル版の英語音声と,日本語吹き替え版の音声を収録”. 4Gamer.net (2012年1月28日). 2013年1月29日閲覧。
  4. ^ 『BioShock Infinite』のKen Levine氏が語るElizabeth開発の難しさ「実存感を持たせることが最も困難だった」” (2012-12-18日). 2013年1月8日閲覧。
  5. ^ a b 『BioShock Infinite(バイオショック インフィニット)』シリーズ最新作は舞台を空に移して描かれる”. ファミ通 (2012年1月26日). 2013年1月7日閲覧。
  6. ^ Morriset, Chris (2010年8月12日). “Irrational Games takes Bioshock to the clouds”. Variety. 2013年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月12日閲覧。
  7. ^ a b 『Bioshock Infinite(バイオショック インフィニット)』朴ロ美、飛田展男など脇を固める豪華キャスト陣の情報が公開”. ファミ通 (2013年3月8日). 2013年7月14日閲覧。
  8. ^ a b Amini, Tina (2013年4月1日). “Seeing Through The Eyes Of A BioShock Infinite Villain”. Kotaku. 2013年4月1日閲覧。
  9. ^ Bramwell, Tom (2013年3月27日). “The Hall of Heroes: BioShock Infinite's Fort Frolic?”. en:Eurogamer. 2013年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]