高井美紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たかい みき
高井 美紀
プロフィール
出身地 日本の旗 兵庫県神戸市
生年月日 1967年12月28日(46歳)
血液型 O型
最終学歴 神戸女学院大学文学部英文科
勤務局 毎日放送
部署 アナウンサー室
活動期間 1990年 - 現在
ジャンル 報道情報バラエティ番組
配偶者 有り
公式サイト MBS公式
出演番組・活動
現在 住人十色
子守康範 朝からてんコモリ!』ほか
過去 新伍Niタッチ!
知っとこ!
MBSナウ
VOICE』 ほか

高井 美紀(たかい みき、1967年12月28日 - )は、毎日放送(MBS)所属のアナウンサー(役職はアナウンス副部長)。

来歴・人物[編集]

局外[編集]

局内[編集]

その他[編集]

  • 1995年阪神・淡路大震災を神戸の自宅で被災(自宅が倒壊)。当時、涙ながらに地元の悲惨な状況をラジオでリポートしていた事もあった。
  • 週刊現代1997年8月23・30日号では東西美人アナ・キャスター102人「全ランキング」という記事が掲載され、関西版ベスト10で2位にランクインされていた。ちなみに1位は岩城潤子(MBS元アナウンサー、現・総務局総務部所属)、3位は植村なおみ読売テレビ)。
  • 2000年10月より産休し、翌2001年10月より職場復帰。
  • 2004年3月27日放送の『真珠の小箱』最終回スペシャル〜こころのふるさとを訪ねて総集編〜の案内人として出演。「丁寧な映像美と演出。何でもスピードアップする時代に貴重な番組だった」と番組終了について振り返っていた。
  • 2005年9月29日には阪神タイガースセ・リーグ優勝の祝勝会に、入社して以来MBS代表として初めて参加し、ビールをかけられながらも大勢の選手たちのリポートを的確にこなし、ベテランらしさを見せ付けた。特に阪神タイガースコーチの平田勝男(当時、現・二軍監督)にビールをたくさんかけられ、「キレイだよ!キレイだよ!」と突っ込まれた。その模様は『筑紫哲也NEWS23』2005年9月29日放送で流れ、さらに『知っとこ!』(2006年10月28日放送)で一部の映像が流れた。
  • 上記の通り、英会話に堪能であるため、全国ネット番組『知っとこ!』のコーナー「知っとこ!エンターテイメント」内で映画宣伝で来日したチャン・ツィイー[2]ジョディ・フォスター[3]に対し英語でインタビューを行った(両者ともVTRにて)。
  • 映画日本沈没』(2006年版・MBSが製作出資)では1シーンのみ出演[4]2006年8月5日放送の関西テレビナンボDEなんぼ』ではMBS代表として局の垣根を越えて出演した松本麻衣子に対するコメントでVTR出演した。高井自身も過去に関西テレビの『ノックは無用!』に当時「新伍Niタッチ!」で共演した山城新伍らとともにゲスト出演した事がある。
  • 『知っとこ!』では、どういうわけか冬でもノースリーブのシャツを着用することが多い。
  • ラジオのオープニング、クロージングのアナウンスも担当している(以前は吉田智子三上智恵が担当していた)。なお、ラジオのクロージングアナウンスは2011年4月より西村麻子が担当している。
  • 「駄菓子屋美紀ちゃん」(アナウンサー総出演番組『あどりぶランド』でも話題になったあだ名)と呼ばれるほど、自身のデスクには、お菓子を常備している。にも関わらず、入社当時から体型が殆ど変わっていない。
  • 毎日放送アナウンサーのブログは2003年2月21日を最後に更新は途絶えたままである。同期の千葉猛がMBSアナウンサーのなかでNo.1と言っていいほど毎日更新しているのに比べると対照的である。

現在の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ほか

ラジオ[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『神戸女学院大学byAERA』(朝日新聞出版)学長×OG対談こころの中に「部屋」を作るP112-113より。
  2. ^ 2005年12月3日放送・映画『SAYURI』の宣伝での来日時
  3. ^ 2006年1月21日放送・映画『フライトプラン』の宣伝の来日時
  4. ^ 同僚の上泉雄一も出演した。

外部リンク[編集]