錦駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
錦駅
京阪錦駅駅舎
京阪錦駅駅舎
にしき - NISHIKI
膳所本町 (0.5km)
(0.4km) 京阪膳所
所在地 滋賀県大津市昭和町
所属事業者 京阪電気鉄道
所属路線 石山坂本線
キロ程 4.2km(石山寺起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1913年大正2年)3月1日
駅ホーム

錦駅(にしきえき)は、滋賀県大津市にある、京阪電気鉄道石山坂本線

駅構造[編集]

相対式2面2線ホームをもつ地上駅。駅舎(改札口)は坂本方面行ホームの石山寺寄りにあり、反対側の石山寺方面行ホームへは構内踏切で連絡している。PiTaPaICOCA)利用時には専用のカードリーダーにかざして出入りする。

早朝と夜間は無人となる。また土休日は平日よりも駅員配置時間が短い[1]

のりば[編集]

(駅舎側) 石山坂本線(下り) 浜大津坂本京都大阪方面
(反対側) 石山坂本線(上り) 京阪石山石山寺方面

※ホーム有効長は2両。のりば番号は設定されていない。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1913年大正2年)3月1日 - 大津電車軌道大津(現・浜大津) - 膳所(現・膳所本町)間開通と同時に開業。
  • 1927年昭和2年)1月21日 - 会社合併により琵琶湖鉄道汽船の駅となる。
  • 1929年(昭和4年)4月11日 - 会社合併により京阪電気鉄道石山坂本線の駅となる。
  • 1943年(昭和18年)10月1日 - 会社合併により京阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)8月15日 - 営業一時廃止。
  • 1949年(昭和24年)12月1日 - 会社分離により、改めて京阪電気鉄道の駅となる。
  • 1959年(昭和34年)9月1日 - 営業再開。
  • 1966年(昭和41年)10月16日 - ホームと上家の改築工事竣工。

隣の駅[編集]

京阪電気鉄道
石山坂本線
膳所本町駅 - 錦駅 - 京阪膳所駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ keihan-o2.com 駅係員配置時間
  2. ^ 本殿は滋賀県指定文化財、「天智天皇」・「伊賀采女宅子」とその子「大友皇子」の神像三体は平安時代の作で国の重要文化財。
  3. ^ 本殿は重要文化財、関ヶ原の戦いで敗れた石田三成が護送時にここで休憩した。出典:『K PRESS』2011年6月号6面

関連項目[編集]