粟津駅 (滋賀県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
粟津駅*
改札口(2007年12月20日撮影)
改札口(2007年12月20日撮影)
あわづ - AWAZU
京阪石山 (0.4km)
(0.5km) 瓦ヶ浜
所在地 滋賀県大津市別保一丁目
所属事業者 京阪電気鉄道
所属路線 石山坂本線
キロ程 2.8km(石山寺起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
993人/日
-2003年-
開業年月日 1913年大正2年)5月1日
備考 * 開業当時の駅名は別保駅

粟津駅(あわづえき)は、滋賀県大津市別保一丁目7-6にある、京阪電気鉄道石山坂本線

「粟津」という駅名を名乗ってはいるが、滋賀県大津市粟津町の最寄り駅は当駅ではなく、1駅石山寺駅寄りの京阪石山駅である。

ローマ字表記はAWADUではなくAWAZUである。

駅構造[編集]

相対式2面2線ホームをもつ地上駅駅舎改札口)は坂本方面行ホームの浜大津寄りにあり、反対側の石山寺方面行ホームへは構内踏切で連絡している。改札口には窓口・自動改札機PiTaPaなどICカード専用)が設置されている。

早朝と夜間には無人となる。土休日は駅員配置時間がさらに短くなる[1]

のりば[編集]

(駅舎側) 石山坂本線(下り) 浜大津坂本京都大阪方面
(反対側) 石山坂本線(上り) 京阪石山石山寺方面

※ホーム有効長は2両。のりば番号は設定されていない。

駅周辺[編集]

乗降客数[編集]

1日:993人(2003年11月調べ)

歴史[編集]

太平洋戦争末期から終戦直後にかけて、京都市内から出る屎尿を当駅まで運ぶ貨物輸送が行われたことがある(鉄道による糞尿輸送を参照)。

  • 1913年(大正2年)5月1日 - 大津電車軌道膳所(現・膳所本町)~別保間開通と同時に、別保駅として開業。当初は終着駅で現在の瓦ヶ浜駅付近にあった。
  • 1914年(大正3年)1月12日 - 当駅から石山駅前(現・京阪石山)まで路線延伸。途中駅となる。
  • 1914年(大正3年)1月17日 - 現在地に移設。同時に粟津駅に改称。
  • 1927年(昭和2年)1月21日 - 会社合併により琵琶湖鉄道汽船の駅となる。
  • 1929年(昭和4年)4月11日 - 会社合併により京阪電気鉄道石山坂本線の駅となる。
  • 1943年(昭和18年)10月1日 - 会社合併により京阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)の駅となる。
  • 1949年(昭和24年)12月1日 - 会社分離により改めて京阪電気鉄道の駅となる。

隣の駅[編集]

京阪電気鉄道
石山坂本線
京阪石山駅 - 粟津駅 - 瓦ヶ浜駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ keihan-o2.com 駅係員配置時間

外部リンク[編集]