酬恩庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
酬恩庵
Ikkyuji Somon DSCN1286 20101117.JPG
総門
所在地 京都府京田辺市薪字里ノ内102
位置 北緯34度49分15.7秒 東経135度45分27.2秒 / 北緯34.821028度 東経135.757556度 / 34.821028; 135.757556座標: 北緯34度49分15.7秒 東経135度45分27.2秒 / 北緯34.821028度 東経135.757556度 / 34.821028; 135.757556
山号 霊瑞山
宗派 臨済宗大徳寺派
本尊 釈迦如来坐像
創建年 正応年間(12881293年
開基 南浦紹明
中興年 康正2年(1456年
中興 一休宗純
別称 一休寺
文化財 本堂・庫裏・木造一休和尚坐像ほか(国の重要文化財)
庭園(国の名勝)
テンプレートを表示

酬恩庵(しゅうおんあん)は京都府京田辺市にある臨済宗大徳寺派の寺院である。山号は霊瑞山。本尊は釈迦如来一休寺(いっきゅうじ)、薪(たきぎ)の一休寺とも称される。枯山水の石庭や一休宗純の木像のほか、納豆の一種である「一休寺納豆」でも有名。

歴史[編集]

正応年間(1288 - 1293年)に南浦紹明が開いた妙勝寺が前身である。元弘年間(1331 - 1334年)に兵火にあって衰退していたのを、康正2年(1456年)に一休宗純が草庵を結んで中興し宗祖の遺風を慕い師恩に酬いる意味で酬恩庵と号した。その後、一休は文明13年11月21日1481年12月12日)、88歳で亡くなるまでをここで過ごし臨終の際には「死にとうない」と述べたと伝わる。なお、金春禅竹が総門のまえで一休のために能を演じたという。

永禄3年(1650年)、前田利常伽藍を再興し狩野探幽によって描かれた障壁画43面を納め江戸幕府から朱印状が与えられた。

文化財[編集]

本堂(重要文化財)
方丈南庭(国の名勝)

重要文化財[編集]

  • 本堂 - 永享元年(1429年)から嘉吉元年(1441年)にかけて足利義教によって建てられた禅宗様仏殿。
  • 方丈及び玄関 - 加賀城主前田利常の寄進により慶安3年(1650年)再建されたもの。内部襖絵は江戸初期の画家狩野探幽斎守信(狩野探幽)の筆によるものである。
  • 庫裏 - 慶安3年(1650年)、前田家が当寺再建時に新築。
  • 東司 - 慶安3年(1650年)、前田家が当寺再建時に新築。
  • 浴室 - 慶安3年(1650年)、方丈再建時に修復。
  • 鐘楼 - 慶安3年(1650年)、方丈再建時に修復。
  • 木造一休和尚坐像 - 方丈仏間に安置。一休の没年である文明13年(1481年)の作。頭髪と髭を植え付けた跡があり、一休の遺髪を植えたと伝えられている。一休の高弟墨済によるものである。
  • 絹本著色一休和尚像
  • 後花園天皇宸翰女房奉書

京都府指定有形文化財[編集]

  • 虎丘庵 - 虎丘の名は中国の禅僧虎丘紹隆に由来する。応仁の乱の戦禍が波及してきたため一休74歳(1467年)の9月京都の東山から移築されたものである。江戸初期に修復されている。扁額の字は一休の筆によるものである。茶室造りの静寂穏雅の建物で屋根は檜皮葺である。珠光をはじめ柴屋軒宗長、金春禅竹等の文化人がこの庵を訪ねて当時の文化サロン的役割を担った。
  • 総門
  • 中門
  • 一休宗純関係資料

名勝(国指定)[編集]

  • 酬恩庵庭園 - 方丈庭園と虎丘庭園からなる。方丈庭園は松花堂昭乗佐川田喜六石川丈山の合作といわれている。三面よりなる江戸時代の禅院枯山水庭園で、北庭は枯滝落水の様子をあらわした蓬莱庭園。東庭は十六羅漢の様子をあらわしたもの。南庭は白砂の大海をあらわしたもの。虎丘庭園は虎丘庵周囲にある室町時代の禅院枯山水庭園で、作者は茶祖珠光と伝えられている。

年中行事[編集]

  • 一休善哉の日 - 1月の最終日曜日。1月1日生まれの一休宗純にちなみ、一年の誓いの言葉を絵馬に記し奉納する。
  • 涅槃会 - 3月15日。釈迦の命日の法要。涅槃図の公開。
  • 花まつり - 5月大型連休期間中の一日。釈迦の誕生日の法要。甘茶がふるまわれる。
  • 曝涼(観音三十三身図特別公開) - 8月15・16日。原在中が描いた「観音三十三身図」の掛軸の公開。
  • 薪能 - 9月仲秋の名月前後。方丈にて薪能が行われる。
  • 開山忌 - 一休宗純の命日の法要。

所在地・アクセス[編集]

各アクセスは一休寺ホームページに詳しく書かれている。(一休寺HP参考)

その他[編集]

一休の墓[編集]

一休の墓は「慈揚塔」と呼ばれ境内にあるが、宮内庁が後小松天皇落胤説に基づき陵墓として管理しているため、門内への一般の立ち入り・参拝は不可能である。ただし、門の扉にある菊花紋章の透かし彫から中を覗くことは可能である。内部には枯山水式庭園の中に小堂があり、その内部に墓石がある。

その他の墓[編集]

能楽観世流三代音阿弥元重、十五代元章、十九代清興、江州観音寺城主佐々木承禎、弓木多摂津守、茶人寸松庵等の墓がある。

一休寺納豆[編集]

約500年前一休が中国からの製法をもとに伝授した。糸引き納豆と違い麹菌を使用して発酵させた塩辛い納豆で寺納豆と呼ばれアミノ酸も豊富な保存食である。夏の暑い日に仕込みをしてそれから一年間天日干しにして完成させる。今も代々伝えられ住職の手によりつくられている。

一休と茶道[編集]

茶は元来鎌倉時代より日本に伝わるが当庵の前身妙勝寺の開山南浦紹明が禅堂の茶の作法を中国より日本にもたらした。それを一休が珠光に教え、武野紹鴎、千利休に伝わって現在の茶道が完成された。珠光と茶の出会いは、坐禅の時、睡気をもよおすので、睡気ざましに茶を用いたのが初めといわれている。一休は珠光に中国の趙州和尚の喫茶去の公案を与えた。また一休は珠光に中国の圜悟克勤墨蹟を贈った。これが茶道に用いられた墨蹟の最初である。

障壁画保存とデジタル再製画化[編集]

平成21年(2009年)5月から境内整備事業の一環として劣化が進んでいた方丈の障壁画(狩野探幽による障壁画43面、原在中による障壁画4面)のデジタル再製画化を伝統文化財保存研究所石川登志雄監修、大日本印刷制作で行った。原画を非接触型高精細スキャナーで取り込みデジタルデータ上で劣化などによる汚れや破損部分を修復し、大日本印刷が独自開発したデジタル再製画化専用の和紙・印刷機・インクを使い再現され平成22年(2010年4月15日から一般公開されている。原画は劣化を防ぐため境内の収蔵庫に保存されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]