圜悟克勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
圜悟克勤
1063年 - 1135年
諡号 真覚大師
生地 彭州崇寧(現在の四川省成都市の北西)
宗派 臨済宗楊岐派
五祖法演
弟子 大慧宗杲虎丘紹隆
著作 碧巌録』、『撃節録』

圜悟克勤(えんご こくごん、1063年 - 1135年)は、中国代の僧。

生涯[編集]

圜悟克勤は、彭州崇寧(現在の四川省成都市の北西)の人、俗姓を駱、字は無著。南宋高宗から圜悟、北宋徽宗から佛果の諡号を賜ったので、圜悟克勤・佛果克勤といい、圜悟禅師と敬称される。

幼くして出家し、諸処の高僧のもとで修行し、最後に五祖法演の弟子となった。のち金山に行き病を得て、再び五祖法演のもとに戻り、法を嗣いだ。のち、翰林の郭知章の請によって六祖寺、及び昭覚寺で説法した。政和年間に南遊し、張商英に会い華厳の玄旨を談じた。商英の帰依を受け夾山寺に居した。当時、容佛派の宰相張商英、成都太守郭知章、鄧子常などは、彼の援護者として名高い。

のち、潭州湖南省)道林寺、建康府(南京)蔣山太平興国寺、東京天寧寺、潤州江蘇省)金山竜游寺、南康郡(江西省)雲居山真如院の諸刹に歴住し、昭覚寺、夾山寺、道林寺に住する間に、雪竇重顕の『雪竇頌古』を提唱し、垂示・著語・評唱したものが公案集で名高い『碧巌録』であり、また、『雪竇拈古』を提唱したものが『撃節録』である。

紹興五年8月示寂。世寿七三。「真覚大師」と諡さる。

門下には、大慧宗杲虎丘紹隆をはじめ百余人がある。没後、虎丘紹隆と若平によって『圜悟佛果禅師語録』二十巻が編され、子文によって『圜悟禅師心要』二巻が編録された。

大慧宗杲に批判的な道元の『正法眼蔵』に「生也全機現、死也全機現」(全機・心身学道)、「生死去来、真実人体」(諸法実相)、「盤走珠、珠走盤。偏中正、正中偏。羚羊角掛無蹤跡。獵狗遶林空踧蹐」(春秋)等圜悟克勤の言葉が多く引用されている。

著作[編集]

  • 『碧巌録』十巻
  • 『撃節録』二巻
  • 『圜悟佛果禅師語録』二十巻
  • 『圜悟禅師心要』二巻

伝記[編集]

  • 『圜悟禅師傳』
  • 五灯会元』巻十九
  • 『続伝灯録』巻二五
  • 『嘉泰普灯録』巻十一

関連項目[編集]

外部リンク[編集]