記憶術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

記憶術(きおくじゅつ)とは、大量の情報を急速に長期に記憶するための技術。

歴史的経過[編集]

西洋古典における記憶術は、修辞学の一部門として扱われていたものである。

2500年前、古代ギリシアシモニデスが開祖といわれる。古代ローマ元老院などでは、メモを使用しての弁論が認められていなかったなどの理由により発達した。シモニデスの手法は紀元前86年〜82年頃に書かれた『ヘレンニウスへ』(作者不詳)に記載されている。

記憶術を意味する英語: mnemonicは、古代ギリシア語: μνημονικός(mnemonikos 記憶)からの派生語であるが、このギリシア語の単語そのものの語源はギリシア神話の記憶の女神ムネーモシュネーである。

古代ギリシアの記憶術はその後、中世ヨーロッパに受け継がれ、主に修道士神学者などが聖書やその他の多くの書物を記憶するために用いられた。当時は紙が貴重で、印刷技術も未発達であったため、卓越した記憶力を養うことは教養人の必要条件であった。

内容[編集]

記憶術は、大きく2つの系統に分類できる。一つは、純粋に記憶のコツのようなものによって記憶の効率を上げる方法、もう一つは、人間の能力を向上させることによって記憶力を向上させる方法である。

シモニデスによってなされた、宴の座席とそこに座っていた人間とを対応させて記憶する「座の方法」(場所法)や、そこから派生した、物を掛けるためのフック(鈎)を想像して、これに記憶すべきものを対応させる「フックの方法」などが前者の例として知られる。

記憶術にとって大事な概念の一つに「分割」と「組み立て」が存在する。短期記憶は7±2の法則により、あまり多くの情報を一度に詰め込むとそれに対処できない。それゆえに膨大な情報を記憶する際にはそれをいくつかの短い断片に「分割」(チャンク化)して、各自にそれを記憶し、後にそれをつなげる「組み立て」を行うことで記憶を完成させるという概念である。

後者の例としては、視野の拡大や、右脳の活性化などによる方法や、記憶力の向上によい食品や生活スタイルの追求などがある。

記憶術の例[編集]

場所法[編集]

場所(自宅や実際にある場所でも、架空の場所でも良く、体の部位に配置する方法もある)を思い浮かべ、そこに記憶したい対象を置く方法である。「記憶の宮殿」「ジャーニー法」「基礎結合法」とも呼ばれる。記憶したい対象を空間に並べていく方法である。人間は例えば他人の家に行った場合でも、どこに何があったかは比較的よく覚えており、その性質を利用する。記憶したい対象が抽象的なものの場合は、置換法を使い、イメージしやすい対象に変換してから記憶する。

この方法は海馬にある場所ニューロンの特性を利用している。場所ニューロンは名前のとおり、場所の記憶を司る。場所の記憶は動物にとって重要なため、長期記憶に保存されやすい性質を持っている。

その長所としては記憶の保持期間が他の記憶術と比較して著しく長いこと。欠点としては、一つの場所にあまり多くの情報を詰め込みすぎると混乱をきたすため、わずかな情報しか入れられないということ。そのため、充分な情報を詰め込めるだけの場所の確保に手間がかかるということである。世界記憶力選手権の世界トップ選手は数百個程度のイメージを競技中に記憶している。

階層構造をなしているものを記憶する場合は、何フロアもあり、フロア内も部屋にわかれているものを場所に使うと記憶できる。この手法は「鈴なり式」とも呼ばれる。

場所法は、少なくとも2500年前にシモニデスの時代から知られている。

物語法[編集]

物語を考え、その話に記憶したい対象を登場させる方法である。記憶したい項目を時間的に配列する方法である。

頭文字法[編集]

記憶したい対象の頭文字を取り出して覚える方法である。

置換法[編集]

人間は抽象的なものよりも具体的で視覚的にイメージしやすい物の方が覚えやすいので、数字などを別なものに置き換える方法。

人-行動-対象システム[編集]

Person-Action-Object (PAO) System[1] と呼ばれる。まず、2桁(可能な人は3桁)の数字から、人・行動・対象への変換表を覚える。100×3個、合計300個覚える。すると、6桁の数字は、1組の人・行動・対象になり、イメージしやすくなる。これに場所法などを併用し、長い数列を記憶する。人・行動・対象への変換表はなるべくインパクトがあり、印象に残りやすく、かつ、相互に混同しにくいものを選ぶと覚えやすくなる。

たとえば、トランプのカードを覚える場合も、52枚のカードそれぞれに、人・行動・対象への変換表を覚えると、1つのイメージで3枚のカードが記憶でき、17イメージ+1枚で1組のトランプの順番を覚えられる。17イメージ+1枚を場所法などで記憶する。2011年現在、世界記憶力選手権の世界記録では1組のトランプを21.19秒で記憶している。

数字子音置換法[編集]

メジャー記憶術ともよばれる[2]。数字を子音に置き換える方法である。子音と子音の間に適当な母音を補う。英語などのヨーロッパ系の言語で用いられる。数列を単語に置き換えられる。

  • 0 → s, c(サ行の音), z
  • 1 → t, d, th
  • 2 → n
  • 3 → m
  • 4 → r
  • 5 → l
  • 6 → sh, ch, j, g(ヂャ行の音)
  • 7 → k, c(カ行の音), g(ガ行の音), ng
  • 8 → f, v
  • 9 → p, b

数字仮名置換法[編集]

数字を仮名に置き換える方法である。数字子音置換法を日本語用に改良したもの。

  • 1 → あ行 → あ、い、う、え、お
  • 2 → か行 → か、き、く、け、こ
  • 3 → さ行 → さ、し、す、せ、そ
  • 4 → た行 → た、ち、つ、て、と
  • 5 → な行 → な、に、ぬ、ね、の
  • 6 → は行 → は、ひ、ふ、へ、ほ
  • 7 → ま行 → ま、み、む、め、も
  • 8 → や行 → や、ゆ、よ
  • 9 → ら行 → ら、り、る、れ、ろ
  • 0 → わ行 → わ、ん、(ぱ、ぴ、ぷ、ぺ、ぽ)

0がわ行だけでは少ないので、ぱ行も使う。

語呂合わせ[編集]

数字を仮名に置き換える方法である。数字子音置換法よりも簡単に習得できるが、数字に対応する文字が少ないので、適当な文を作るのが大変であるが、日本語の場合、その自由度が高いので、一般に広く、たとえば電話番号などを憶えるのにも使われる。音読みと外来語とその変形をカタカナ、訓読みとその変形をひらがなで表す。語呂合わせも参照。

  • 1 → イチ、イ、ひと、ひ
  • 2 → ニ、ふた、ふ
  • 3 → サン、サ、み
  • 4 → シ、よ
  • 5 → ゴ、コ、いつ
  • 6 → ロク、ロ、む
  • 7→ シチ、なな、な
  • 8 → ハチ、ハ、パ、バ、や
  • 9 → キュウ、キュ、ク、ここの、ここ、こ
  • 0 → レイ、レ、ゼロ、ゼ、まる、わ、ん、オー、オ
  • 10 → ジュウ、ジュ、とお、と
  • 100 → ヒャク、ヒャ、もも、も
  • 1000 → セン、セ、ち
  • 10000 → マン、よろず、よろ

0をアルファベットのOに見立ててオー、オとすることも見受けられる。 また1をアルファベットのIに見立てることもある。

片手指法[編集]

5の項目を片手の指に対応させて覚える方法である。

両手指法[編集]

10の項目を両手の指に対応させて覚える方法である。

  • 左手小指 → 1
  • 左手薬指 → 2
  • 左手中指 → 3
  • 左手人差し指 → 4
  • 左手親指 → 5
  • 右手親指 → 6
  • 右手人差し指 → 7
  • 右手中指 → 8
  • 右手薬指 → 9
  • 右手小指 → 10

時計法[編集]

12の項目を時計の文字盤に対応させて覚える方法である。

  • 01時 → 1
  • 02時 → 2
  • 03時 → 3
  • 04時 → 4
  • 05時 → 5
  • 06時 → 6
  • 07時 → 7
  • 08時 → 8
  • 09時 → 9
  • 10時 → 10
  • 11時 → 11
  • 12時 → 12

音韻法[編集]

数字をその数字と韻を踏む単語に置き換える方法である。

  • 01 → one → sun,fun,gun,nun
  • 02 → two → shoe,Jew
  • 03 → three → tree,bee,key,tea
  • 04 → four → door,core
  • 05 → five → live
  • 06 → six → sticks
  • 07 → seven → heaven
  • 08 → eight → gate,date,fate,mate
  • 09 → nine → line,sign,pine,wine
  • 10 → ten → pen,men,hen

形態法[編集]

数字をその数字に似た形に置き換える方法である。

  • 1 → 鉛筆、煙突
  • 2 → アヒル
  • 3 → 耳、唇
  • 4 → ヨット
  • 5 → 鍵
  • 6 → さくらんぼ
  • 7 → がけ、鎌
  • 8 → だるま
  • 9 → オタマジャクシ
  • 0 → 卵

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

参照[編集]

  1. ^ Person-Action-Object (PAO) System - Memory Techniques Wiki<
  2. ^ Major System - Memory Techniques Wiki

外部リンク[編集]

記憶術の古典