情報爆発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

情報爆発(じょうほうばくはつ、英:Information explosion)は、急速に増加する出版化された情報や、その豊富なデータの影響を表現した言葉である。利用可能なデータの量が増大するにつれて、情報を管理する事はより一層難しくなる問題があり、情報オーバーロードもしくは情報疲労に導くことがある。しかし、過剰な電子情報の知識を集めるテクニック(データ融合データマイニングを助ける例など)は1970年代から存在していた。

[編集]

2005年8月の時点で、7,000万以上の Webサーバがある。[1]

Technoratiによれば、2007年2月の時点でだいたい6,600万のブログがある。[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日経BP出版局著 「クラウド大全 サービス詳細から基盤技術まで」2009年 ISBN10 4822283887

外部リンク[編集]