茂木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
茂木駅
茂木駅 駅舎(2006年10月撮影)
茂木駅 駅舎(2006年10月撮影)
もてぎ - Motegi
天矢場 (2.7km)
所在地 栃木県芳賀郡茂木町大字茂木
所属事業者 真岡鐵道
所属路線 真岡線
キロ程 41.9km(下館起点)
電報略号 モテ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
376人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1920年大正9年)12月15日
転車台
構内

茂木駅(もてぎえき)は、栃木県芳賀郡茂木町にある真岡鐵道真岡線である。真岡線の終点であり、「SLもおか」の終点でもある。栃木県の最東端の駅。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅有人駅。構内には蒸気機関車用の電動式転車台がある。

夜間滞泊も設定されている。

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗車人員は376人である。 近年の一日平均乗車人員の推移は下記のとおり。

乗車人員推移
年度 1日平均乗車人員
2007 383
2008 381
2009 370
2010 377
2011 385
2012 376

駅周辺[編集]

茂木駅からはさらに、第38号「茨城県水戸ヨリ阿野沢ヲ経テ東野付近ニ至ル鉄道及阿野沢ヨリ分岐シテ栃木県茂木ニ至ル鉄道」を計画していた。茂木 - 長倉宿の国鉄長倉線として建設され、河井村(現茂木町)まで路盤は完工したが、開業しなかった。現在でも跡地が残っている。また、水戸寄りでは茨城交通茨城線が開業したが、後に廃止。

歴史[編集]

バス路線[編集]

駅前に茂木バス停留所があり、JRバス関東が乗り入れ芳賀町宇都宮市方面への連絡を担っている。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  水都西線 市塙駅入口、芳賀バスターミナル、JR宇都宮駅東武駅 作新学院 JRバス関東
  ツインリンクもてぎ 不定期運行(レース開催日などに運行)

隣の駅[編集]

真岡鐵道
真岡線
天矢場駅 - 茂木駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]