穂井田元清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
穂井田 元清
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文20年(1551年
死没 慶長2年7月9日1597年8月21日
改名 穂井田元清→毛利元清
別名 少輔四郎、穂田元清
戒名 洞雲寺殿笑山常快禅定門
墓所 広島県廿日市市佐方洞雲寺
官位 伊予守、治部大輔、従四位侍従
氏族 毛利氏穂井田氏→毛利氏
父母 父:毛利元就、母:乃美大方
養父:穂井田元祐
兄弟 毛利隆元吉川元春小早川隆景
二宮就辰元清毛利元秋出羽元倶
天野元政末次元康毛利秀包
正室:村上通康の娘
秀元、娘(熊谷直貞室)、娘(宍戸広匡室)
娘(毛利元鎮室)

穂井田 元清(ほいだ もときよ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将毛利元就の四男。

生涯[編集]

幼年期から元服[編集]

天文20年(1551年)、中国地方戦国大名・毛利元就の四男として誕生する。母は乃美大方(継室、側室とも)。

元就の正室の子である毛利隆元吉川元春小早川隆景の3人の兄たちが元就から重視し大切にされたのに対して、元清をはじめとする側室の子達は、父から「虫けらなるような子どもたち」と表現されている。しかし粗略に扱われたわけではなく、「もしこのなかでかしこく成人するものがあったならば、隆元・元春・隆景は哀れんで、いずれの遠境などにでもおいてほしい」とも依頼している。一方で「たいては、まぬけで無力なものだろうから、その時はどのようにされてもかまわない」とも述べており、そこには正室の子と側室の子を明確に分ける元就の配慮が読み取れる(『三子教訓状』)。

永禄9年(1566年)、甥に当たる本家当主・毛利輝元の加冠を受けて元服する。永禄11年(1568年)、村上水軍との関係を強化する必要もあり、来島の村上通康の娘を妻として迎えた。

穂井田氏を相続[編集]

同年、毛利氏が北九州に侵攻した際に備中国が手薄になると、これに乗じて宇喜多直家が毛利氏に背き、備中松山城岡山県高梁市)、同猿掛城(岡山県倉敷市矢掛町)を攻め落とした。元清は父に命じられて三村元親と共に猿掛城を奪還し、松山城からは庄高資を追い出した。翌永禄12年(1569年)、毛利氏が北九州の覇権を巡って大友氏と対立したため、立花山城の戦い門司城の戦い多々良浜の戦いに出陣。同年12月には備中国に兵を移し、熊谷信直三村元親と共に宇喜多氏に臣従した植木秀長佐井田城攻略を目指して兵を進め、後月小田浅口を順調に平定して佐井田城に向かったが、援軍に駆けつけた直家配下の戸川秀安に敗れ撤退した。

元亀2年(1571年)2月には再び庄高資に奪われた松山城奪還のために三村元親と共同で攻め込み、庄高資を討ち取って松山城を奪い返した。元亀3年(1572年)、安芸桜尾城広島県廿日市市)を与えられて終生の居城とした。天正2年(1574年)から兄の元春と隆景に従って三村元親討伐のため出陣した(備中兵乱)。天正4年(1576年)、麦飯山の戦いにおいて宇喜多基家の軍勢と戦う。

天正3年(1575年)に毛利氏に従った備中猿掛城主で三村氏の一族である穂井田元祐(庄元祐)の養子となり、以後穂井田姓を名乗り、毛利氏の東部方面への侵攻を抑える重鎮となった。

天正5年(1577年)、織田信長による中国攻めが始まると、児島の戦いにおいて信長に通じた宇喜多直家の軍勢と戦ってこれを撃退。また、羽柴秀吉の軍勢に取り囲まれた桂広繁の軍勢を元清自らが3,000の兵を率いて救出した。天正6年(1578年)の上月城の戦いでは、七弟の天野元政と共に自ら軍の先頭に立ち、上月城を落城させるという大功を立てた。

豊臣政権下[編集]

天正10年(1582年)、備中鴨城において、羽柴秀吉の軍勢と戦った。また同年、備中高松城の戦いの際に毛利氏は秀吉と講和を結ぶ。以後は秀吉に臣従した毛利氏の下で従軍、天正13年(1585年)の四国攻めに出陣。また同年、長男の毛利秀元が毛利輝元の養子となったため、元清も毛利姓に復した。天正15年(1587年)、九州征伐に出陣する。

天正16年(1588年)、豊臣姓を下賜された。

天正17年(1589年)、二宮就辰と共に安芸広島城の築城、およびその城下町の建設の普請奉行を勤めて指揮している。天正19年(1591年)、輝元から12,000石の知行地を与えられている。また、この頃に実施された検地の結果、有力家臣や寺社に対して発給された打渡状に署判を記した8人の重臣のうち元清は唯一の一門出身者であるとともに、彼か恵瓊のどちらかが必ず筆頭の署判を行っており、小早川氏・吉川氏が独自の地位を築いていく中で、元清が恵瓊とともに毛利氏の年寄筆頭として当主である毛利輝元を補佐していたと考えられている[1]

文禄元年(1592年)、文禄の役では、病床にあった輝元に代わって自ら毛利軍の総大将となった。この時、秀吉は元清に土産としてを所望しており、元清は虎を2頭生け捕りにして秀吉の下へ送っている。その虎はの市中において評判となり、後陽成天皇も物見に訪れたという。

死去[編集]

元清の墓と伝わる宝篋印塔。右手前90°西向きに妻の墓とされる宝篋印塔がある。ただし基礎は格狭間の手法を除き大きさ、比率とも同型だが、笠や相輪の形態は異なる。洞雲寺廿日市市

慶長2年(1597年)、桜尾城において47歳で死去する。洞雲寺には元清夫妻の墓と伝える宝篋印塔をはじめ、桂元澄夫妻や陶晴賢の墓と伝える宝篋印塔、友田興藤の墓とされる宝篋印塔がある。

なお、江戸時代初期に、元清の子孫は萩藩の支藩である長府藩清末藩の藩主として存続する。輝元の直系が絶えた後、元清の子孫は本家の養子として萩藩主となり(5代吉元、その直系断絶後に7代重就)、毛利氏の嫡流としてその系統は幕末まで絶えることはなかった。

人物[編集]

  • 生母の乃美大方の老後を常に心配し、自身の弟たちのことも気遣う温厚な人物であった。
  • 側室から生まれた兄弟の中でも特に才覚に溢れた武将と言われた。
  • 山陽方面の東部の最重要拠点である猿掛城を守備していたこともあって、特に三兄・小早川隆景と関係が深く、多くの戦いにおいて隆景の軍勢に属して戦った。

逸話[編集]

  • 元清はよほど小早川隆景を信頼していたためか、弟達の中でも特に仲が良かった元政に、「困ったことがあったら、何事も景さまに相談するように」と話したという。
  • 死期を悟った元清は、同じく病床にあった隆景と共にどちらが先に死ぬかという会話を行い、その後少ししてから隆景が亡くなり、1ヶ月後に元清も亡くなったという。

脚注[編集]

  1. ^ 津野倫明「安国寺恵瓊の虚像と実像」(初出:『北大史学』第40号(2000年)/所収:津野『長宗我部氏の研究』(吉川弘文館、2012年)ISBN 978-4-642-02907-0

関連項目[編集]