洞雲寺 (廿日市市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本堂

洞雲寺(とううんじ)は、広島県廿日市市にある曹洞宗の寺院。山号は応龍山。本尊は釈迦如来

歴史[編集]

山門

この寺は、厳島神社の神主であった藤原教親の開基により、金岡用兼(きんこうようけん)が1487年長享元年)に創建したもので、金岡の師である為宗仲心を開山とする。その後は、大内氏陶氏毛利氏の保護を受け、陶晴賢は毛利氏によって自害に追い込まれているが、毛利氏によってこの寺に葬られている。そのほか、友田興藤桂元澄、毛利元清(穂井田元清)などの墓がある。

文化財[編集]

県指定文化財[編集]

  • 絹本著色金岡用兼禅師像
  • 洞雲寺文書
  • 洞雲寺本正法眼蔵
  • 金岡用兼禅師関係遺品

所在地[編集]

広島県廿日市市佐方1701-1

外部リンク[編集]