真梨邑ケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まりむら けい
真梨邑ケイ
本名 田原今日子
生年月日 1957年8月29日(57歳)
出生地 東京都千代田区
国籍 日本の旗 日本
血液型 O型
職業 ジャズヴォーカリスト・女優
活動内容 コンサート・ディナーショー
公式サイト http://keimarimura-love.cocolog-nifty.com
主な作品
CD『Midnightの誘惑』(2014年
映画『マーメイド〜海から来た少女〜』(2001年
テレビ『最も遠い銀河』(2013年
DVD『LOVE LIQUEUR ラヴリキュール』(2014年
写真集『パンドラ』(2010年
小説『インティマシー』(2011年
真梨邑 ケイ
基本情報
出生 1957年8月29日(57歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都千代田区
血液型 O型
職業 ジャズヴォーカリスト女優
活動期間 1982年 -
事務所 真梨邑オフィス

真梨邑 ケイ(まりむら けい、1957年8月29日 - )は、日本ジャズヴォーカリスト女優東京都出身。本名:田原 今日子[1][2](旧姓:川口[3])。旧芸名:川口今日子。所属事務所は、真梨邑オフィス[1]

略歴[編集]

千代田区立麹町小学校千代田区立麹町中学校から頌栄女子学院高等学校卒業後、東宝現代劇付属研究所を経て女優デビュー[3]

本名の川口今日子名義で、NHKの朝の連続ドラマいちばん星』、『おていちゃん』、フジテレビの『がしんたれ』などに出演した[3]。また大河ドラマにも出演した[4]

1982年、プロポーションと退廃的な雰囲気を買われてジャズヴォーカリストとしてメジャーデビュー[3][5]。当時は「ジャズ界に久しぶりに大型新人現る」と騒がれた[3]。その後、代表作『THE MAN I LOVE』(編曲:ネルソン・リドル、Tp:ハリー・ジェームス)ではヒット賞、作品賞を受賞[6]、ベストテン入り(当時のオリコンアルバムチャート)となる大ヒットを記録し、ゴールド・ディスクを受賞。

1994年に写真集でヘアヌードを披露、1996年Vシネマ鶴見辰吾との濡れ場を演じた[4]

2001年、映画『マーメイド~海から来た少女~』で監督・脚本を務めた[6]

2009年9月[7]、『情事 jyoji』[7]アダルトイメージビデオ(AIV。アダルトイメージビデオ=AIV[7])デビュー[7]、4万本を超える大ヒット作品となり[8]、現役の有名ジャズシンガーのAIVデビューは世間を驚かせた[5]

2011年、徳間書店より小説『インティマシー』を出版した[6]

活動リスト[編集]

アルバム[編集]

  • ELEGANCE(1982年)
  • MOOD INDIGO(1982年)
  • THE MAN I LOVE(1983年)
  • PS. I LOVE YOU(1983年)
  • BEAUTIFUL DREAMER(1984年)
  • フェイバリット・スタンダード(1984年)
  • TIEMPO DE AMOR(1985年11月21日)
  • さよならは昼下がり/愛・フォーエヴァー(1985年/デュエットwith石原裕次郎
  • LA CALIFUSA(1986年)
  • CONTINENTAL(1987年)
  • THE GIFT〜ベストコレクション〜(1987年)
  • NOUVEAU(1991年)
  • 〜STANDARD OF LOVE シリーズ〜(1992年/全7枚)
  • MUCHO MUCHO(1992年)
  • 〜LOVE MEDICINE シリーズ〜(1995年/全3枚)
  • KEI MARIMURA VOICE(1998年)
  • マーメイド〜海から来た少女〜サウンドトラック盤(2001年)
  • JAZZYな歌姫たち(2003年/全2枚)
  • 大人たちのオアシス(2003年/全2枚)
  • フェイバリッツ!(2004年)
  • 君のうた 僕のうた(2006年/全2枚)
  • ブリリアント・ベスト(2010年/2枚組)
  • Midnightの誘惑(2014年)

映画[編集]

テレビ番組[編集]

ビデオソフト[編集]

MV[編集]

  • ファースト・リサイタル(1982年)
  • MISTY(1983年)
  • BEAUTIFUL DREAMER(1984年)
  • 上海ラプソディー(2002年)
  • AVENTURE(2004年)
  • DEEP MOON〜遊戯〜真梨邑ケイ(2012年)
  • 石原裕次郎 生誕80年記念BOX (2014年)

アダルトイメージビデオ[編集]

※アダルトイメージビデオ(AIV)[9]

  • 情事 Jyoji 真梨邑ケイ 2009年9月25日、アリスJAPAN/ジャパンホームビデオ
  • 情事 Jyoji II 真梨邑ケイ 2010年3月12日、アリスJAPAN
  • 喪服の貴婦人 〜濡れたストッキング〜 真梨邑ケイ 2010年11月12日、アリスJAPAN
  • 東京ナイトクラブ -Jyoji Beginning- 真梨邑ケイ 2011年11月11日、アリスJAPAN
  • ラストエクスタシー 2012年10月26日、ジャパンホームビデオ
  • 真梨邑ケイin流されて・・・ 2013年11月8日、ジャパンホームビデオ
  • LOVE LIQUEUR ラヴリキュール 2014年8月8日、ジャパンホームビデオ

Vシネマ[編集]

  • 悪人専用(1990年)
  • 軽井沢夫人 官能の夜想曲(ノクターン)(1996年)-主演
  • XX(ダブルエックス)美しき獲物(1996年)-主演
  • Women(ウイメン)2 オンナが淫らに脱ぐとき(1997年)-主演
  • アナザーXX(ダブルエックス) マトリの女(1998年)-友情出演
  • エクスタシー(2001年)-主演
  • 赤蜘蛛(2004年)-主演

インターネット動画[編集]

  • つか金フライデーDOUGA フジテレビ無料動画サイト - 見参楽(みさんが!)(2011年9月9日 - 12月15日配信)

ラジオ番組[編集]

  • TBSマンスリージャズワイド(TBSラジオ。1982年4月25日から1987年3月1日まで、毎月1回・日曜深夜1:00 - 4:30に放送された番組。若山弦蔵宮内鎮雄と共演[10]
  • I LOVE NY(JFN系列各局)
  • MUSIC HOT FLAVOR(全国コミュニティFM53局)

写真集[編集]

  • 夜は気分で(1983年)
  • ドレス(1983年)
  • IMPREVU(1989年)
  • 硝子の森の異邦人(1994年)
  • SPEAK LOW(1994年)
  • HIGHER SELF(1995年)
  • R指定(1995年)
  • 軽蔑(1998年)
  • BLACK BOX(2000年)
  • 上海ラプソディー(2002年)
  • パンドラ(2010年)

エッセイ[編集]

  • 硝子の森の異邦人 I LOVE N.Y.(1994年3月、徳間オリオン)ISBN 4198600783

小説[編集]

  • インティマシー 喪服の貴婦人(2011年3月29日、徳間書店ISBN 419863128X
  • 東京ナイトクラブ(2011年、スポーツニッポン連載)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『TVスター名鑑2011』P149「真梨邑 ケイ」
  2. ^ 『Web NDL Authorities』のプロフィールより、別名欄を参照。
  3. ^ a b c d e 『週刊サンケイ』1982年4月22日号86頁
  4. ^ a b 「50代でデビュー」真梨邑ケイが語るブームの裏”. アサ芸プラス (2012年12月19日). 2014年5月18日閲覧。 ※ソース:『週刊アサヒ芸能』2012年12月20日号
  5. ^ a b 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 「熟女」の誕生とそれから
  6. ^ a b c 伴田良輔企画 スローナイト Vol.1 「真梨邑ケイ ★ リーディング & JAZZ ナイト」”. lastwaltz.info (2012年4月11日). 2014年5月18日閲覧。
  7. ^ a b c d 「経験は少ないのよ…」真梨邑ケイ過激な“アダルト・イメージDVD””. ZAKZAK (2009年9月24日). 2014年5月18日閲覧。
  8. ^ 大ヒットで印税は? あの有名歌手、アダルト専念か”. ZAKZAK (2009年12月8日). 2014年5月18日閲覧。
  9. ^ 真梨邑ケイ、安達ママ…熟女AV流行のワケ カラミはソフト”. ZAKZAK (2009年7月11日). 2014年5月18日閲覧。
  10. ^ 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のラジオ番組データベースより、「出演者別リスト」→「ま」→「真梨邑ケイ」節『TBSマンスリージャズワイド』番組情報を参照。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]