沖永良部台風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沖永良部台風
カテゴリー4の スーパー・タイフーンSSHS
沖永良部台風
沖永良部台風
発生期間 1977年(昭和52年)9月2日 12:00
9月12日 3:00
寿命 9日15時間
最低気圧 905 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
55 m/s (110 knot)
最大風速
米海軍解析)
130 knot
被害総額
死傷者数 死者1名、負傷者139名
被害地域 沖永良部島鹿児島県
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示

沖永良部台風(おきのえらぶたいふう、昭和52年台風第9号、国際名:ベイブ〔Babe〕)は、1977年9月9日沖永良部島で日本の陸上における最低気圧を記録した台風である。ちなみに、大西洋北部には、沖永良部台風と同じ国際名を持つハリケーンが同時に存在していた。

概要[編集]

沖永良部台風の進路
  • 1977年9月2日カロリン諸島で台風第9号発生(発生した緯度は8°台と低緯度であった)。
  • 発生後約3日間は西進し、あまり発達がみられなかった。しかし、9月5日に北北西に転向後、顕著に発達し、9月8日に最盛期905ヘクトパスカルとなった。
  • 当初は沖縄付近を北上し、その後九州に上陸すると見られていた。
  • しかし、その後台風は東シナ海で急に西へ向きを変えた。その原因として、当初は太平洋高気圧の急激な発達が上げられたが、実際はその頃大陸から進んで来た上層の寒冷渦との藤原の効果によるものと考えられる。
  • 台風の予想に反した西進により、東シナ海で多数の漁船が遭難寸前となった。
  • 9月9日に沖永良部島を直撃した。
  • 22時10分に東北東の最大風速39.4m/sを記録。
  • 22時16分に東北東の最大瞬間風速60.4m/sを記録。
  • その後猛烈な風のために風速計の支柱が傾き、それ以後観測が不可能になった。沖永良部測候所の見積もりでは、最大瞬間風速は80m/sに達した。
  • 22時50分に日本の陸上における最低気圧907.3ヘクトパスカルを記録した。なお、これまでの最低気圧の記録は、1959年宮古島台風の908.1ヘクトパスカルであった。
  • 総降水量は179mmに達した。

気象庁は、台風第9号が沖永良部島を直撃した4日後の13日に「沖永良部台風」と命名した。なお、沖永良部台風以降は気象庁によって命名された台風はない。

静止気象衛星「ひまわり」が9月8日に最初に撮影したのが、沖永良部台風であった。沖永良部台風をきっかけに、9月17日から「ひまわり」による1日2回観測が始まった。

陸上(気象官署)における中心気圧が低い台風
順位 名称 国際名 中心気圧
hPa
観測年月日 観測地点
1 沖永良部台風
(昭和52年台風第9号)
Babe 907.3 1977年昭和52年)9月9日 沖永良部鹿児島
2 宮古島台風
(昭和34年台風第14号)
Sarah 908.1 1959年(昭和34年)9月15日 宮古島沖縄
3 室戸台風 - 911.6 1934年(昭和9年)9月21日 室戸岬高知
4 平成15年台風第14号 Maemi 912.0 2003年平成15年)9月11日 宮古島(沖縄)
5 枕崎台風
(昭和20年台風第16号)
- 916.3 1945年(昭和20年)9月17日 枕崎(鹿児島)
6 第2室戸台風
(昭和36年台風第18号)
Nancy 918.0 1961年(昭和36年)9月15日 名瀬(鹿児島)
7 昭和5年台風
(名称なし)
- 922.0 1930年(昭和5年)8月9日 南大東島(沖縄)
8 昭和38年台風第14号 Gloria 923.5 1963年(昭和38年)9月10日 石垣島(沖縄)
9 平成18年台風第13号 Shanshan 923.8 2006年(平成18年)9月16日 西表島(沖縄)
10 平成16年台風第18号 Songda 924.4 2004年(平成16年)9月5日 名護(沖縄)
気象庁命名台風
気象庁命名 名称 国際名
洞爺丸台風 昭和29年台風第15号 Marie 1954年
狩野川台風 昭和33年台風第22号 Ida 1958年
宮古島台風 昭和34年台風第14号 Sarah 1959年
伊勢湾台風 昭和34年台風第15号 Vera
第2室戸台風 昭和36年台風第18号 Nancy 1961年
第2宮古島台風 昭和41年台風第18号 Cora 1966年
第3宮古島台風 昭和43年台風第16号 Della 1968年
沖永良部台風 昭和52年台風第9号 Babe 1977年

被害状況[編集]

  • 死者1名、負傷者139名
  • 住家全半壊・流失2,829棟、住家浸水4,118棟、住家一部破損1,937棟
  • 田畑冠水・流埋333ha
  • 山がけ崩れ206箇所

救援活動[編集]

離島のため、あらゆる物資が不足。特に医薬品、飲料水、食糧が不足し定期船も大しけのため接岸できず、物資不足に陥った。

そのため現地より緊急空輸要請があり、それに応えてTDA東亜国内航空YS-11を2機手配。客室内にまで必要物資を搭載して大荒れの中、現地へ向かった。

飛行条件の悪い中、必死の操縦で沖永良部空港に着陸。物資を引き渡し住民の生活再建の橋渡しをした。 その他にも電力工事再建のためC-1輸送機により電気工事車両の空輸が実施された。

現在は台風直撃が予想される場合、九州電力は事前に上陸予想地に災害復旧隊を先発させる対応を行っている。

外部リンク[編集]