沈秀昶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沈 秀昌(シム・スチャン)
Sim Soo-Chang
ロッテ・ジャイアンツ #17
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 ソウル特別市
生年月日 1981年2月9日(33歳)
身長
体重
185 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 2次ドラフト6位
初出場 2004年4月20日
年俸 5500万ウォン(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

沈 秀昌シム・スチャンハングル심수창1981年2月9日 - )は、韓国プロ野球ロッテ・ジャイアンツに所属するプロ野球選手投手)。大韓民国出身。

来歴[編集]

2000年の新人ドラフトでLGツインズから指名を受けるが、漢陽大学校へ進学。2004年の新人ドラフトで再びLGから指名を受けて入団。2006年は、先発ローテーションの一角を占め10勝を挙げる。2009年8月6日の対起亜戦に、試合中にも関わらず捕手の趙寅成と口論になり二人とも二軍へ降格。この事件後、監督の金在博は二人のシーズン中の一軍再登録をしなかった。

2010年は勝ち星なしの6敗で終わると、2011年シーズンも開幕から勝ち星なしの5連敗で、韓国プロ野球の投手個人最多となる17連敗の新記録を更新した。LGでは2年間勝利のないまま、7月31日に朴炳鎬とともに、宋臣永金聖賢と2対2の交換トレードでネクセン・ヒーローズに移籍した。そして連敗記録は18にまで伸びたが、同年8月9日に2009年6月14日以来となる約2年2か月ぶりの勝利を記録した。しかし、2012年はまたも未勝利に終わり、2013年は一軍登板がなかった。2013年11月、余剰戦力を対象とした2次ドラフトでロッテ・ジャイアンツに指名され移籍した。同時に沈秀昶から沈秀昌に改名した(韓国語の発音は同じ)。

LG在籍時には端正な顔立ちのため大変人気があり、蚕室野球場では個人グッズも売られていたほどであった。

なお、俳優のチョ・インソンとは中学時代同じ野球部に所属していた。

年度別投手成績[編集]






















































W
H
I
P
2004 LG 16 0 0 0 2 1 1 1 .667 136 29.2 41 8 7 3 18 20 15 4.55 1.65
2005 19 0 0 0 0 1 0 1 .000 144 32.0 33 1 17 1 21 18 15 4.22 1.56
2006 29 0 0 0 10 9 0 0 .526 595 135.2 147 17 52 8 56 73 66 4.38 1.47
2007 56 0 0 0 3 5 2 10 .375 347 77.1 83 4 40 0 47 39 37 4.31 1.59
2008 16 0 0 0 6 5 0 0 .545 315 66.1 97 4 22 4 20 42 38 5.16 1.79
2009 21 0 0 0 6 12 0 0 .333 550 122.0 143 21 57 7 57 74 72 5.31 1.64
2010 12 0 0 0 0 4 0 1 .000 174 35.2 58 3 15 4 7 30 30 7.57 2.05
2011 ネクセン 28 0 0 0 2 13 0 0 .133 498 109.2 138 12 42 6 52 67 61 5.01 1.64
2012 21 0 0 0 0 5 0 0 .000 198 40.2 58 3 21 2 24 36 33 7.30 1.94
通算:9年 218 0 0 0 29 55 3 13 .345 2957 649.0 798 73 273 35 302 399 367 5.09 1.65
  • 2013年度シーズン終了時

外部リンク[編集]