本田ゆか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本田ゆか
Yuka Honda
基本情報
出生名 本田ゆか
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル 電子音楽実験音楽即興
職業 ミュージシャン音楽プロデューサー作曲家リミキサー
担当楽器 ピアノキーボードシンセサイザーサンプラーギターベースチェンバロオルガンコーラス
活動期間 1995年 - 現在
共同作業者 チボ・マットプラスティック・オノ・バンドショーン・レノン、Dopo Yume

本田 ゆか (ほんだ ゆか)は、ニューヨークを拠点に活動している日本人ミュージシャン様々な楽器のプレイヤーであり、作曲家音楽プロデューサーで、チボ・マットのオリジナル・メンバーである。本田はそのキャリアの中で、ペトラ・ヘイデンショーン・レノンマイク・ワットネルス・クライン、トリッキー、ハーパー・サイモンビースティ・ボーイズロス・ロボスミッチェル・フルームメデスキ、マーティン・アンド・ウッドマーク・リボーYOSHIMI P-weアート・リンゼイエディ・ブリケルヴィンセント・ギャロルシャス・ジャクソンデイヴ・ダグラスバーニー・ウォーレルカエターノ・ヴェローゾなど様々なミュージシャンと共演している。

略歴[編集]

本田は日本東京都に生まれ、幼年期の数年をドイツデンマークで過ごした。そしてフランスエクス=アン=プロヴァンスの学校に通い、1986年11月にニューヨークへ引っ越した。本田は幼いころからクラシックを学んでいたが、ミュージシャンになろうとは思っていなかった。ニューヨークに来たころは、日本食の雑誌に寄稿していた。

1988年、本田はグレッグ・コーエンマイケル・ブレアとともにCBGBのステージにキーボード奏者として初めて出演した。1989年、ボーイフレンドのダギー・ボウント(後に夫となる)、E.J. ロドリゲス、エリック・サンコとともに "The Flaming Hoops" というバンドを結成し、本田とマイケル・ブレッカーのデュエット曲を含むアルバムを発表した。1990年には、本田はジャズ・パッセンジャーズに加入し、彼らのライヴ・アルバム『Live at Knitting Factory』に出演している。また、ヒップホップ・バンドの "Rhythm Method" にも加入した。1992年、本田はロンドンクイーン・エリザベス・ホールに、マーク・リボーバーニー・ウォーレルブライアン・イーノとともにアート・リンゼイのサポート・ミュージシャンとして出演した。

1993年に羽鳥美保と知り合い、2人は1994年3月にチボ・マットを結成した。その前後にボーンと離婚している。羽鳥があらゆる食べ物と愛について歌い、本田が1人で電子楽器で作り上げる独特の音楽が特徴で、その年末にワーナー・ブラザーズと契約した。1995年、チボ・マットは、デビュー・アルバム『Viva! La Woman』をミッチェル・フルームチャド・ブレイクをプロデューサーに迎えて録音した[1]。同じ年、本田はジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンラッセル・シミンズらとバンド "Butter 08" を結成し、本田とシミズのプロデュースの下でセルフタイトルのアルバムを制作した[2]。1996年は、チボ・マットと Butter 08 の両方がアルバムを発売した。

本田は1996年から2000年までの間、ショーン・レノンと恋人関係になり、レノンの1998年のアルバム『イントゥ・ザ・サン』のプロデューサーをつとめた。2人の出会いは本田がオノ・ヨーコの曲「Talking to the Universe」のリミックスをつとめたことから始まり、サーストン・ムーア、トリッキー、ビースティ・ボーイズウィーンと共演した。チボ・マットはツアーのため、ショーン・レノンとティモ・エリスをバンドメンバーに誘った。1996年から2000年までの間、本田は複数のプロジェクトで広く活動をしていた。

チボ・マットは2001年に解散した。本田はそれ以降ニューヨークで集中して活動するようになり、デイヴ・ダグラススージー・イバラヴィンセント・ギャロトレヴァー・ダンジム・オルークジョン・ゾーンと仕事して、2枚のソロ・アルバムを発表する。2003年にはボアダムスのドラマーであるYOSHIMI P-weと、"Yoshimi and Yuka" を結成する。

2005年、EXPO2005のロバート・ウィルソン監督の3Dアニメーションで、本田はハル・ウィルナーと参加した。また、Dopo Yume のアルバム『The Secret Show』に歌でも参加している。

2006年にはショーン・レノンのアルバム『フレンドリー・ファイア』にキーボード奏者として参加し、レノンのツアーの音楽ディレクターをつとめた。2007年、イリナ・ラザレアヌのプロデュースをショーン・レノンと務めた。エディ・ブリケルのアルバム『The Heavy Circles』に曲を提供した。

2009年にはオノ・ヨーコのアルバム『ビトウィーン・マイ・ヘッド・アンド・ザ・スカイ』のアシスタント・プロデューサーをつとめた。本田はアルバムのミキシング担当として、また、サンプラー、ピアノ、オルガン・パーカッション奏者としてクレジットされている[3]

2009年の後半から2010年の前半にかけ、本田はショーン・レノン清水ひろたか小山田圭吾プラスティック・オノ・バンドに加入して東京とニューヨークでコンサートを行った。また、マイク・ワットミニットメン)とネルス・クラインウィルコ)と "Floored By Four and Brother's Sister's Daughter" というグループで即興ショーを行い、クラインとは恋人関係となった。2人は、2010年11月、日本で結婚した[4]

2010年、4年ぶりに3枚目のソロ・アルバム『Heart Chamber Phantom』を発表した。アルバムには、ショーン・レノンや清水ひろたからが参加している[5][6]

本田、チャーリー・ヘイデンの娘であるペトラ・ヘイデン、清水ひろたか、あらきゆうこのユニットである "IF BY YES" のデビューアルバム『SALT ON SEA GLASS』を、2011年に発表した[7]

ディスコグラフィ[編集]

  • 『Memories Are My Only Witness』 (2002年)
  • 『Eucademix』 (2004年)
  • 『Heart Chamber Phantoms』 (2010年)

プロデュース作品[編集]

リミックス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Viva! La Woman - Chibo Matto : Credits”. AllMusic. 2012年7月14日閲覧。
  2. ^ Butter 08 - Butter 08”. AllMusic. 2012年7月14日閲覧。
  3. ^ Between My Head and the Sky - Yoko Ono : Credits”. Allmusic. 2012年7月14日閲覧。
  4. ^ Hotwire : 魅力溢れる、逆輸入女性ミュージシャンたち”. BARKSニュース (2011年1月15日). 2012年7月14日閲覧。
  5. ^ ナタリー - 本田ゆかがショーン・レノンら迎え6年ぶりのソロアルバム” (2010年1月25日). 2012年7月14日閲覧。
  6. ^ SOUNDBYTES : 本田ゆか”. 本田ゆかインタビュー. KORG INC.. 2012年7月14日閲覧。
  7. ^ チボ・マット本田ゆかの新ユニット、デビュー作に小山田圭吾やWilcoがゲスト参加 - musicニュース”. CINRA.NET (2011年1月31日). 2012年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]