最後の猿の惑星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
最後の猿の惑星
Battle for the Planet of the Apes
監督 J・リー・トンプソン
脚本 ジョン・ウィリアム・コリントン
ジョイス・フーパー・コリントン
ポール・デーン
製作 アーサー・P・ジェイコブス
出演者 ロディ・マクドウォール
クロード・エイキンス
ナタリー・トランディ
セヴァーン・ダーデン
リュー・エアーズ
ジョン・ヒューストン
ポール・ウィリアムズ
音楽 レナード・ローゼンマン
撮影 リチャード・H・クライン
編集 アラン・L・ジャッグス
ジョン・C・ホージャー
製作会社 APJACプロダクションズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年6月15日
日本の旗 1973年7月21日
上映時間 86分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,800,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $8,844,595[1]
前作 猿の惑星・征服
テンプレートを表示

最後の猿の惑星』(さいごのさるのわくせい、Battle for the Planet of the Apes)は、1973年アメリカ合衆国の映画ピエール・ブールによるSF小説『猿の惑星』を原作とする『猿の惑星』シリーズ全5作の最終作。

あらすじ[編集]

猿と人間との抗争は、ついに核戦争にまで発展した。西暦2003年、ジーラとコーネリアスの記録から地球の未来を知ったシーザーと穏健派の猿達は人間との共存の道を選択するが、タカ派のゴリラの将軍・アルドーは人間を敵視する。そんななか、ミュータント化した人間が攻撃を仕掛け、曲がりなりにも共存していた人類はそれを理由に拘束される。しかし、アルドーがシーザーの息子コーネリアスを殺害し、後にアルドーが「猿は猿を殺さない」という猿の掟を破ったことが判明する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
シーザー ロディ・マクドウォール 近石真介
アルドー クロード・エイキンス
リサ ナタリー・トランディ 寺島伸枝
コルプ知事 セヴァーン・ダーデン 千葉耕市
マンデマス リュー・エアーズ
立法者 ジョン・ヒューストン
ブルース・マクドナルド オースティン・ストーカー 小林清志
教師エイブ ノア・キーン
ミュータント指揮官 リチャード・イーストハム
アルマ フランス・ニュイエン
メンデス ポール・スティーヴンズ
ターニャ医師 ヘザー・ロウ
ヴァージル ポール・ウィリアムズ 滝口順平
コーネリアス ボビー・ポーター 清水マリ
ジェイク マイケル・スターンズ
兵士 カル・ウィルソン
チンパンジーの少年 パット・カーディ
ジェイクの友人 ジョン・ランディス
字幕翻訳
演出 トランスグローバル
調整 山田悦司
制作 トランスグローバル

ノベライズ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Battle for the Planet of the Apes”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年5月4日閲覧。

外部リンク[編集]