旭日丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旭日丸を描いた絵(1856年制作)
艦歴
発注 江戸幕府水戸藩
建造所 水戸藩石川島造船所
起工 1854年1月30日
進水 1855年
就役 1856年
退役
その後
性能諸元
排水量 750トン(推定)[1]
全長 23 1(42.3 m)
全幅 5間 2尺(9.7 m)
吃水 4間 (7.3 m)
機関 なし
最大出力
最大速力
航続性能
乗員
兵装 大砲
装甲 なし

旭日丸(あさひまる)は、江戸時代末期に幕府の命で水戸藩が建造した西洋式帆船である。日本で建造された最初期の西洋式軍艦のひとつであった。幕府海軍で使用され、明治維新後も輸送船として実用された。本船のために開設された石川島造船所は、「千代田形」の建造などを経て発展し、IHIの起源となっている。

建造の経緯[編集]

1853年7月(嘉永6年6月)の黒船来航で、大型の西洋式軍艦が容易に沿岸まで侵入できたことに脅威を感じた江戸幕府は、海防体制の強化を図るため西洋式軍艦の整備を図ることにした。そして、オランダからの輸入とともに、大船建造禁止令を解除して国産を進めることにした。老中阿部正弘海防参与徳川斉昭(前水戸藩主)は、初めは江川英龍に建造させることを計画したが、江川が砲台の建設や大砲の生産で余力が無かったため、水戸藩が建造を行うことになった。同年9月11日(嘉永6年8月8日)に内命が下った[2]。なお、同時期に浦賀奉行所へも「鳳凰丸」の建造が命じられているほか、薩摩藩は「昇平丸」などを建造中であった。

水戸藩は、徳川斉昭の指導の下、西洋式軍備の導入において先進的な藩であった。洋式船建造に関しても、すでに天保12年(1841年)に「快風丸」の再建名目で、半洋式の大型船建造を企画したことがあった[2]。この計画は幕府から許可が下りなかったが、同年にバッテラpt:Bateira)と呼ばれる小型の洋式船2隻を那珂湊で密造している。

まずは、小石川の水戸藩邸で、水戸藩お抱えの蘭学者である鱸半兵衛を中心に、オランダの造船書などの翻訳と、それにもとづく雛型(縮小模型)の製造が進められた。雛型製作は、当時の日本での洋式船建造において多用された手法であった[2]。1853年11月30日(嘉永6年10月30日)に雛型は将軍徳川家定以下に供覧された。

1853年12月12日(嘉永6年11月12日)に正式な建造命令が幕府から下され、翌1854年1月30日(嘉永7年1月2日)に幕府直轄地の隅田川河口に水戸藩が整備した石川島造船所(IHIの起源)で起工式が行われた。1855年に船体ができて進水したが、水深が浅かったために着底して横倒しになってしまい、オランダの書物を参考に廻船で浮力を増すことでなんとか復元できた。進水の際の不手際から、江戸町民たちから「厄介丸」と揶揄された。栗本鋤雲によると、「動かざる御代は動きて 動くべき船は動かぬ 見と(水戸)も無き哉」という落首が詠まれたという[2]。その後、横浜に回航されて艤装工事が行われた。

老公徳川斉昭は1854年安政元年)、老中阿部正弘からの相談に応じて建議書を出し、日本国旗を日の丸にするよう江戸幕府へ進言していた。こうして1854年(安政元年)7月11日(旧暦)に日本国旗は幕府より日の丸として布告された。一方、当軍艦は着工から約2年半経った1856年6月頃(安政3年5月)に竣工、斉昭により「旭日丸」と命名された[3]

ここに徳川斉昭は旭日丸の進水を記念し次の和歌を詠んだとされる[4]

 人皆の心も空も打晴れて出るは艦の旭なりけり

―― 徳川斉昭 (旭日丸進水和歌)

構造[編集]

「旭日丸」の形式は、3本のマスト全てに横帆を持つ三檣シップ型帆船である[3]。純然たる帆船で、蒸気機関は搭載されていない。排水量は750トンと推定され、竣工当時の日本では最大級の軍艦であった[1]

材質は木骨木皮。西洋式に竜骨と1間隔・60組の肋材(まつら)で構成された強固な船体であった[2]。船体の外観は全体が赤くで塗装されていた。船底は生物付着を避けるため板で被覆され、絵図では緑青の色になっている。本船を目撃したオランダ海軍士官ホイセン・ファン・カッテンディーケによれば、薩摩藩建造の「万年丸」よりも良好で美しい設備を持っていたという[5]。武装は、1856年作成の絵図によると舷側には片側12門の砲眼が設けられている。

基本設計はオランダの造船書に基づき、当時の通称で『リーク』と呼ばれたJ.C.Rijk著の“Handleiding tot de Kennis van den Scheepsbouw”(1822年刊)[6]と、水戸藩所蔵の『海舶製作図説』(底本不明)の2冊が主に参考とされた。いずれも建造当時にはすでに時代遅れの本となっていたため、新造船でありながら旧式の設計という結果になった[2]。ホイセン・ファン・カッテンディーケは、17世紀初期のオランダ東インド会社の船を模した設計であったと回想している[5]オランダ商館員が作成した精密帆船模型も、艤装に関して参考とされた可能性がある[2]。また、鱸半兵衛ら建造関係者は、同時期に戸田村でロシア人の指導の下で建造中だった「ヘダ号」を見学している。鱸らは、難航していた進水作業についてロシア人に助言を求めたが、別の場所で再建した方が良いとの回答しか得られなかったため、既述のように結局は書物からの独学で難局を切り抜けることになった[7]

西洋風なのは外見だけで実態は和船に近かったとする説もあるが、安達裕之はキリンキなどの洋釘が用いられていることなどから、可能な限り洋式船として設計されたものだと推定している。ただし、和船に用いられる手違も使用されていることから、和船の造船技術も一部併用されている[2]

運用[編集]

竣工した旭日丸は水戸藩から幕府へと献上され、幕府海軍で運用されることになった。絵図に見られる帆の黒帯は幕府所属艦船を示す帆印「源氏中黒」で、1859年(安政6年)に白帆に規定が改正されるまで用いられた。なお、掲揚された日の丸は日本船であることを示す総印である。

軍艦として建造された「旭日丸」ではあったが、完成時には軍艦の主流は蒸気船となっており、本船のような純粋な帆船は時代遅れとなっていた。そのため、軍艦よりも輸送船として使用されることが多かった。例えば1859年10月には、下関港から江戸への御用金輸送任務で航海し、途中で蒸気軍艦「観光丸」によって曳航支援を受けている[5]。ただし、第二次長州征討においては、幕府艦隊の1隻として出撃し、本来の軍艦としての任務を果たしている。旧式ではあったものの、進水時の厄介丸との悪評とは異なって十分な実用性は有していたのだった[2]

1866年(慶応2年)の第二次長州征討では、「富士山丸」「翔鶴丸」及び「一番八雲丸」(松江藩保有)とともに周防大島上陸作戦を実施。その際、7月24日(天保暦6月13日)早朝に周防大島沖に停泊中のところを、高杉晋作率いる長州艦「丙寅丸」に奇襲されたが、応戦できないまま離脱を許した。野口武彦によれば、「旭日丸」は軽微な損傷を負った[8]。この海戦の結果、実害はほとんど無かったが、幕府艦隊は周防大島沖から撤退してしまった。

戊辰戦争を生き延びた本船は、明治維新後も輸送船として引き続き使用された。樽廻船船主の嘉納治郎作に取得され、沿岸での海運に従事した[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b 大洗町 幕末と明治の博物館 - 推定模型 旭日丸
  2. ^ a b c d e f g h i 安達(2001年)、39-40頁。
  3. ^ a b 船の科学館(2003年)、「水戸藩建造の洋式軍艦“旭日丸”
  4. ^ 常磐神社「義烈館」蔵。
  5. ^ a b c カッテンディーケ(著)、水田信利(訳) 『長崎海軍伝習所の日々』 平凡社〈東洋文庫〉、1964年、200頁。
  6. ^ 安達(2001年)、37頁。
  7. ^ 奈木盛雄 『駿河湾に沈んだディアナ号』 元就出版社、2005年、350・379頁。
  8. ^ 野口武彦 『長州戦争』 中央公論新社〈中公新書〉、2006年、166頁。
  9. ^ 石井(1979年)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]